しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ポケット六法
c423a.jpg

ポケット六法のしおりです。(店頭配布/有斐閣/1月30日入手)

c423b.jpg
過去3年分。

今年は少し硬くなりましたね。


しおり情報

〈一迅社/コミック〉 「ヲタクに恋は難しい5巻」(ふじた・作)発売記念(2日)。クリアしおり6種配布中。
            詳細は一迅社のHP



台湾のお土産
c422a.jpg

母親の台湾お土産栞です。

旅行期間中、ほぼ毎日雨&寒波で台湾もかなり寒かったそう。

故宮博物院の栞をいろいろ貰いましたが、故宮はツアーで1時間半しか組み込まれておらず、
ショップが長蛇の列で諦めたとのこと。
空港でも扱っていたので、そちらで購入したものです。

左の2枚は刺繍しおり。

郎世寧の「画仙蕚長春」です。
郎世寧は清朝前期のイタリア人宮廷画家(1688-1766)で、イタリア名はジュゼッペ・カスティリオーネ。イエズス会の宣教師。

右側は「玉龍紋盤」を模した金属しおり。

c422b.jpg

左は故宮の名品の一つ、翠玉白菜をモチーフにしたクリップタイプのしおり。

右2枚はマグネット型です。
「欽定一甲第一名」は科挙でトップの成績を修めた者(状元、ジョウゲン)のこと。

c422c.jpg

こちらも翠玉白菜がモチーフの栞。
上に紙を載せて、鉛筆などでこすると拓本になる。というもので、クレヨン4色付きです。

私も台湾に行きたいなぁ~。



岩波新書“本の知識”復活!
c421a.jpg
岩波新書の“本の豆知識”シリーズのしおりです。(新書挿入/岩波書店/1月30日入手)

久しぶりに岩波新書を購入したら、栞が変わっていました。
私が調べた範囲では、昨年9月から旧シリーズと混在し始め、11月から完全に切り替わった模様。
(旧シリーズ:広辞苑第6版&広辞苑を散歩する)

岩波新書といえば、1977年から91年まで続いていた“本の知識”シリーズ。
92年からは岩波文庫と共通で、広辞苑の宣伝栞になりましたが、
シリーズ開始40周年ということで原点回帰?
(文庫の栞がどうなっているのか、未確認です)

c421b.jpg
c421c.jpg

こちらは昔の“本の知識”シリーズ12種。
(新しいシリーズが何種類かは未確認)

新旧のグーテンベルクの説明で大きく違うのが一点。
旧バージョンでは、“最初に36行のラテン語聖書「グーテンベルク聖書」を印刷した”とありますが、
新バージョンでは、“42行聖書「グーテンベルク聖書」を組んで一躍有名になった”との記述。

現在の研究者の間では、1455年に42行聖書の印刷が始まり、後に活字セットを譲り受けた人物が1460年ころに36行聖書を印刷した
との説が有力のようです。

歴史は不変、じゃないですねぇ。




「東郷青児 夢と現の女たち」展
c420.jpg

「東郷青児」展のしおりです。(店頭配布/あべのハルカス美術館/1月30日入手)

東郷青児(1897-1978)の生誕120年記念の展覧会。

栞の作品は『望郷』(部分、1959年)です。

16日から4月15日まで開催。


しおり情報

〈PHP研究所/文庫〉 PHPジュニアノベル発刊記念。10日ごろよりリバーシブル栞を配布。栞画像はこちら→PHPのHP





クズの本懐
c419.jpg


横槍めんごさんの漫画「クズの本懐」のしおりです。(付録/スクウェア・エニックス/2月1日入手)

「月刊ビッグガンガンVol.2」の付録。

本編は昨年完結しましたが、現在スピンオフ作品が連載中。





プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...
My double collection:
http://japanesebookmark.blog129.fc2.com/

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: