FC2ブログ
しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

深夜のダメ恋図鑑
c656a.jpg

TVドラマ「深夜のダメ恋図鑑」のしおりです。(店頭配布/TSUTAYA/10月27日入手)

10月から放送されている、尾崎衣良さんのコミックが原作のドラマ。
佐野ひなこさん、馬場ふみかさん、久松郁実さんが出演。

TSUTAYAプレミアムで独占配信だそうです。

c656b.jpg

こちらは原作コミックのしおりです。(店頭配布/小学館/2016年)





スポンサーサイト
フランス(France)ⅩⅢ③
c652a.jpg

フランスと言えばエッフェル塔。

左端は印刷会社?の栞。右から2枚目は現代絵画の販売サイト。

c652b.jpg

こちらはスペイン(Spain)のしおり。

右端はクリスティン・ハナの「ナイチンゲール」。



湖底の城
c655a.jpg

宮城谷昌光さんの「湖底の城」のしおりです。(店頭配布/講談社/11月3日入手)

単行本9巻(完結)と文庫版7巻の出版記念で、多分9月の配布。

栞の版画は、宮城谷さんの作品を沢山担当されている、原田維夫さん。
栞は全部で3種類のようです。

c655b.jpg

こちらも原田さんのしおりです。(文庫挿入/PHP文庫)

モデルの武将がいるのか分かりませんが、前田利家?



フランス(France)ⅩⅢ②
c651a.jpg

映画のしおりです。

『メアリーの総て』:「フランケンシュタイン」のメアリー・シェリーの半生。

『ガーンジー島の読書会』:日本ではNetflixで配信?

『LE ROUGE ET LE GRIS : ERNST JUNGER DANS LA GRANDE GUERRE』:直訳すると、「赤と灰色:大戦のエルンスト・ユンガー」

c651b.jpg

RELAY書店のしおり3種。



落語会
c654.jpg

落語会「夢の三競演2018」のしおりです。(店頭配布/ぴあ/10月16日入手)

文珍さん(吉本)、南光さん(米朝事務所)、鶴瓶さん(松竹?)、の御三方が出演。

来月17日に、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて開催、
ですが、チケットは売切れているようです。

19日の東京での公演は立ち見席がまだ残っているとのこと。




フランス(France)ⅩⅢ①
c650a.jpg
フランスの方との定期トレード。

「焼きたて!!ジャぱん」(橋口たかし)
「恋するハリネズミ」(ヒナチなお)
「小公女」(布袋あずき・絵、フランシス・ホジソン・バーネット原作):学研のマンガジュニア名作シリーズ

「恋する~」はKAZE社、「小公女」はNobi-Nobi社。

c650b.jpg

左は日本の漫画っぽいですが、フランスの作品のようです。

「KUSHI」:Patrick Marty・シナリオ、Golo Zhao・絵(Zhaoは中国の漫画家さん)

右2枚は日本が舞台のBD(バンドデシネ)のようですが、女性が怖い・・。





赤とんぼ
c649.jpg

「赤とんぼ」の歌詞のしおりです。(店頭配布/霞城館姫路文学館/10月16日入手)

地元の姫路文学館と隣のたつの市の霞城館の共同栞。

たつの市は「赤とんぼ」を作詞した三木露風の生誕地です。

露風は早熟の天才で、子供のころから詩や俳句・短歌を寄稿していたそうで、
”赤とんぼ とまっているよ 竿の先”はもともと12歳の頃に作った俳句とのこと。


しおり情報

〈雑誌・秋田書店〉 19日に発売された「チャンピオンRED2019年1月号」の付録に松本零士カラークリアしおり。





各国のカレンダーしおり②
c646a.jpg

左:チェコ(Czech)のフランティシュコヴィ・ラーズニェ。有名な温泉地の一つです。

1793年に皇帝フランツ2世が村を造ったのが始まりで、町の名前も皇帝の名前が由来です。
下部にはスパホテル9軒。

右:フランス(France)のRelay書店のしおり。空港や駅で営業している軽食や本を扱うお店。キヨスク。

裏面は211年のカレンダー。

c646b.jpg
上から、
アルゼンチン(Argentina)のタンゴ・ショーが観られるレストラン。裏面は2007年カレンダー。

ジョージア(旧グルジア、Georgia)の都市・Kurtaisi(クタイシ)。
左上の丘に建っているのは再建されたバグラティ大聖堂。再建したことにより世界遺産から除外された教会です。2016年。

エストニア(Estonia)の都市・Tartu(タルトゥ)。2003年。

スペイン(Spain)のリゾート地。2006年。




終電の神様
c648a.jpg

阿川大樹さんの「終電の神様」の切符風カードしおり?です。(店頭配布/実業之日本社/10月14日入手)

昨年、BOOK EXPRESSのエキナカ書店大賞に選ばれた作品。
c648b.jpg
裏面。
大阪・梅田の終電情報が載っています。




各国のカレンダーしおり①
c645a.jpg

先日トレードしたドイツのコレクターさんと再びトレード。

ドイツ(Germany)のキリスト教系団体のカレンダーしおりです。

c645b.jpg



こちらは似たデザインですが、チェコ(Czech)版。

c645c.jpg

こちらはポーランド(Poland)版。

風景部分の一句は、各国言語で記された「今こそ救いの日」。




香雪美術館
c647a.jpg

中之島香雪美術館で購入した有平塘に付いていたおまけしおりです。(10月14日入手)

神戸の御影に、朝日新聞社の創業者・村山龍平が集めた美術品を収蔵する香雪美術館がありますが、
その別館として今年3月にオープンした大阪・中之島香雪美術館。

その開館記念展に、先月行ってきました。
(本館にはまだ行ったことがないのですが・・・)

お土産に栞でも、と探しましたが残念ながら扱いなし。
ただ、美術館オリジナル商品の有平塘にプラ製栞が付いていました。

収蔵品である、中国南宋時代(13世紀)の画家・梁楷の「布袋図」(重要文化財)が描かれています。

衣の色が黒ごま味は赤色、きなこ味が黄色です。
(原画は墨の黒一色)

c647b.jpg

こちらはその時のチケット半券。
第4期となる「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、伝えた~Ⅳ ほとけの世界にたゆたう」展は、
来月2日まで開催です。




いろんな国のしおり
c637a.jpg

最後は世界各国のしおりです。

左:イギリス(UK)。ロアルド・ダール生誕100年。

中:アメリカ(USA)。ニューヨーク公共図書館。ジェローム・ロビンズ(1918-1998。バレエ・ダンスの振付師・演出家)。

右:ベルギー(Belgium)。

c637b.jpg

左:ドイツ(Germany)。ドイツの詩人・思想家のフリードリヒ・シラー(1759-1805)の生誕250年。

中:スペイン(Spain)。見ての通り、パンです。

右:タイ(Thailand)。2013年の国際切手展の栞。タイ郵政130年記念のイベントみたいです。



偽りのフレイヤ
c644.jpg

石原ケイコさんの漫画「偽りのフレイヤ」のしおりです。(店頭配布/白泉社/10月15日入手)

”白泉少女漫画団2018 このマンガが旬!食べごろフェア”の1枚。

全4種類です。





フランス(France)ⅩⅡ
c636a.jpg

フランスの児童書やBD(バンドデシネ)の栞です。

c636b.jpg

左:ペトリュス・ボレル(1809-1859)の「美しきユダヤ娘ディナ」。
  黒髪の女性の絵画はCharles Landelleの「Juive de Tanger」(1874)

右:古書店の国際団体みたいです。



ミラクルエッシャー展
c643.jpg

今日から開催の「ミラクル エッシャー展」のしおりです。(店頭配布/あべのハルカス美術館/11月3日入手)

エッシャー(1898-1972)のだまし絵作品は有名ですが、
実際の作品を観る機会は少ないかもしれません。

この展覧会では、世界最大のエッシャー・コレクションを収蔵するイスラエル博物館から
約150点が展示され、全て日本初公開だそうです。

来年1月14日まで、あべのハルカス美術館にて。






オーストリア(Austria)②
c635a.jpg 

オーストリア科学アカデミーの栞。

c635b.jpg

シェーンブルン宮殿。

ハプスブルク家が夏の離宮として利用していた宮殿です。
卒業旅行でオーストリアに行った際に、私も見学しました。懐かしいですね。
もっとも訪れたのは冬なので、庭園はちょっと寂しかったですが・・・。





明日香出版社
c642a.jpg

明日香出版社のしおりです。(店頭配布/明日香出版社/10月14日入手)

”もっと英語と仲良くなろう!”明日香語学フェアの栞。

海外とのトレードを重ねるなかで、
プライベートな話も出てくることがあり、四苦八苦して英語で答えています。
仲良くしたいと思っていますが、なかなか・・・。
c642b.jpg

裏面です。



しおり情報

〈雑誌・芳文社〉 発売中の「まんがタイムきらら12月号」の付録に15周年記念のクリアしおり。



オーストリア(Austria)①
c634a.jpg

オーストリアのしおりです。

全てHerder書店のもの。

c634b.jpg

左:ブリギッテヴェニンガーの「チロル・サーガ」

中:図書館の夏の読書イベント

右:図書館主催の児童書の賞の栞。イラストはヘルガ・バンシュ。



シャンシャン
c641.jpg

上野動物園のシャンシャンのしおりです。(店頭配布/Jリサーチ出版/10月14日入手)

現在1歳5か月。
今月13日から少しずつ親離れさせていくとのこと。

2,3歳ごろには中国に渡り、オスのパートナーを探すことになるそうです。

裏面は「ゼロからスタート中国語シリーズ」の宣伝です。




オランダ(the Netherlands)Ⅳ②
c633a.jpg

児童書のしおりです。

真ん中はアンネ・フランクについて書かれたお話。

c633b.jpg

引き続き児童書のしおりです。




君たちはどう生きるか
c640a.jpg

漫画「君たちはどう生きるか」のしおりです。(店頭配布/マガジンハウス/10月14日入手)

大ベストセラー。200万部突破したそうです。

吉野源三郎・原作、羽賀翔一・漫画。

c640b.jpg

こちらもマガジンハウスのしおり。(店頭配布/マガジンハウス/10月14日入手)

箕輪厚介さんの「死ぬこと以外かすり傷」。

幻冬舎の編集者さんです。




オランダ(the Netherlands)Ⅳ①
c632a.jpg

オランダのコレクターさんとのトレード。今回は各国の栞を頂いたので、6回に分けて紹介。

まずは、オランダの栞。2005年のアンデルセン展のものです。

左:アンデルセン(デンマークの童話作家、1805-1875)。
中:「マッチ売りの少女」
右:「エンドウ豆の上に寝たお姫さま」

c632b.jpg

左:キルト協会の展覧会。パッチワークやキルトの作品展です。

中:演劇。カフカの「審判」。

右:サッカーチームと図書館による読書キャンペーン。
  オランダのAZアルクマールに所属するスタイン・ブイテンス選手(ベルギー代表)です。(多分)



角川つばさ文庫10周年
c639a.jpg

角川つばさ文庫10周年のしおりです。(店頭配布/KADOKAWA/10月14日入手)

No.12~15の4作品。

No.15「四つ子ぐらし①」 (ひのひまり・作、佐倉おりこ・絵)
No.14「少年探偵 響」 (秋木真・作、しゅー・絵)
No.13「オバケがシツジの夏休み」 (田原答・作、渡辺ナベシ・絵)
No.12「絶体絶命ゲーム」 (藤ダリオ・作、さいね・絵)

c639b.jpg

こちらは「オバケがシツジの夏休み」のカードしおりです。(店頭配布/10月14日入手)




スペイン(Spain)27③
c628a.jpg

Carlos古書店の連続図柄しおり。

沢山の古い児童書で賑やかな図案となっていますが、
左端にあるのは日本のアニメの「母をたずねて三千里」かな?

c628b.jpg

左から、
今年のバルセロナのブックフェアの栞。
Costa書店の栞(一応サン・ジョルディの日)。

右端もサン・ジョルディ。宝くじの栞です。




村上RADIO
c638a.jpg

村上春樹さんがラジオDJを務めた「村上RADIO」のしおりです。(店頭配布/TOKYO FM他/11月3日入手)

入手した時には、終わってました・・・。

栞のイラストはフジモトマサルさん。

c638b.jpg

終わったつながりで、こちらは演劇のしおりです。(店頭配布/DFG Osaka/10月14日入手)

京都国際舞台芸術祭と劇団ステージタイガーの「アフターバーン!!」




スペイン(Spain)27②
c627a.jpg

左2枚はアメコミ。

中2枚は同じ作品ですが、左がスペイン語版、右がカタルーニャ語版。

右は台湾の漫画家Selena Linさんの作品。

c627b.jpg

変形栞2種。

右のルーペ型は、「ホームズとルパンと私」という赤毛の女性が主人公のお話。



KUKAI
c631.jpg

ムック本「KUKAI 空海密教の宇宙」のしおりです。(店頭配布/金剛峯寺/10月14日入手)

高野山の金剛峯寺が9月に創刊したムック本。年1回発行されるそうです。

c631b.jpg

裏面はYouTubeで配信される法話の宣伝。

11月からプレ配信、12月から隔週更新の配信スタートとのこと。

高野山は1度行きましたが、
お寺はもちろん、町全体が下界から隔離された宗教都市っていう感じがあり、興味深いところです。




スペイン(Spain)27①
c626a.jpg

隔月スペイン第27弾。まずは日本関連のしおり。

panini社から出ている、
久保帯人さんの「BLEACH」と和月伸宏さんの「るろうに剣心」。

milky way社の白浜鴎さんの「とんがり帽子のアトリエ」。

c626b.jpg

左:泉鏡花の「高野聖」

中:以前、同じ作品の栞を紹介したことがありますが、スペインで「ドラゴンボール」の声を担当した、
  Marc Zanni(孫悟空)とJoan Sanz(ベジータ)の本。

右:フランスのゴンクール賞受賞歴のある作家の作品。



ムンク展
c630a.jpg

「ムンク」展のしおりです。(店頭配布/東京都美術館/10月14日入手)

現在開催中の展覧会。
有名なアデヴァルド・ムンクの「叫び」です。

c630b.jpg

ムンクの作品2点。

左:「煙草をもつ自画像」。裏面は国立西洋美術館のムンク展。(店頭配布/2007年)

右:「不安」。兵庫県立美術館のムンク展。(店頭配布/2008年)



フランス(France)ⅩⅠ②
c624a.jpg

映画のしおりです。

『スパイダーウィックの謎』(2008)
『マチルダ』(1996)
『L'ORIGINE DE LA VIOLENCE』(2016)
『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』(2014)

c624b.jpg


こちらはBD(バンドデシネ)のブックフェスのしおりです。

全てフランス・トゥールのブックフェスで、
左3枚は2016年の第12回、右3枚は2017年の第13回のものです。





プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...
My double collection:
http://japanesebookmark.blog129.fc2.com/

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: