しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

国宝展
c340.jpg

「国宝」展のしおりです。(店頭配布/京都国立博物館/9月2日入手)

京博の開館120周年記念の展覧会。
国宝ばかり約200点が会期を4回に分け、順次展示されます。

メインディッシュばっかりでお腹一杯になりそうな内容ですね。

来月3日から11月26日まで。

一方、東博では運慶展が開催中(こちらも11月26日まで)で、こちらも見応え十分。

栞の裏面は、小学館の「週刊ニッポンの国宝100」と「運慶大全」の宣伝。
すごいな小学館!最近、栞コレクターにとっては芸術=小学館、ですね。



スポンサーサイト
ギリシャ(Greece)Ⅷ⑥
c334a.jpg

Public書店配布のΓΚΟΒΟΣΤΗ社の作品しおり。

ミレーの「落穂拾い」が表紙になっているのは、バルザックの「農民」
エミール・ゾラの「私は弾劾する」
パール・S・バックの作品2点「(仏陀の視線の下で)」「母」

c334b.jpg

こちらの2枚は、日本でも出版された作品の宣伝。

タイトルは「パリジェンヌのつくりかた」(アンヌ・ベレスト/オドレイ・ディワン/カロリーヌ・ド・メグレ/ソフィ・マス著)
ギリシャの人も憧れるんですねぇ。



『ナミヤ雑貨店の奇蹟』&『ユリゴコロ』
c339a.jpg

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のしおりです。(店頭配布/KADOKAWA/9月26日入手)

原作:東野圭吾、出演:山田涼介・西田敏行、主題歌:山下達郎。

監督は廣木隆一さん。

現在公開中。

c339b.jpg

こちらも公開中、『ユリゴコロ』。(店頭配布/未来屋書店/9月26日入手)(店頭配布/紀伊国屋書店/9月2日入手)

原作:沼田まほかる、出演:松坂桃李・吉高由里子・松山ケンイチ。

監督は熊澤尚人さん。




ギリシャ(Greece)Ⅷ⑤
c333a.jpg

ギリシャのPublic書店(?)のしおり。

表面には各ジャンルを表す図柄、裏面にはそのジャンルのおすすめ10作品が宣伝されています。

左から、「歴史小説」「警察・犯罪モノ」「エッセイ」「SF・ファンタジー小説」

c333b.jpg

「古典翻訳」「現代ギリシャ小説」「ギリシャの古典・名作」「?」




中原中也
c338a.jpg

中原中也ベスト詩集「ホラホラ、これが僕の骨」のしおりです。(店頭配布/ロゼッタストーン/9月11日入手)

今年は生誕110年、没後80年にあたるそうです。(1907-1937)

c338b.jpg
裏面。

表とがらっと変わってビックリ。



ギリシャ(Greece)Ⅷ④
c332a.jpg

Patakis社から毎月配布される栞、2015年版。
その月の記念日も記されています。

左から、
11月17日、ポリテクニオン・デー。1973年に当時の軍事政権に対してアテネの工科大学(ポリテクニオン)の学生が蜂起したのを記念。

10月28日、参戦記念日。第2次大戦でイタリアの最後通牒に対し、「ΟΧΙ(英語でNO)」と拒否し参戦した日。

8月(15日)、聖母被昇天祭。

12月、クリスマス。

c332b.jpg

2月14日、バレンタインデー。
6月15日、マグナ・カルタ。1215年イギリスのジョン王。
4月12日、イースター。 イースターは春分の日の最初の満月から数えて最初の日曜日。

4,6,12月以外は、(多分)その記念日に関連した作品の宣伝になっています。



熱海市80周年
c337a.jpg

前回に引き続き、文春文庫のしおりです。(文庫挿入/文藝春秋/9月11日入手)

文春文庫の新刊に挿入されている栞。
熱海市は今年で市制施行80周年とのこと。

打ち寄せた波が引いて砂浜に残った水に、逆さ富士のように風景が映った綺麗な構図。

c337b.jpg

裏面は80周年記念のスパークリングワインのプレゼント企画です。

栞は全部で2種類あるもよう。






ギリシャ(Greece)Ⅷ③
c330a.jpg

マーベルコミックのしおり、全4種。

「スパイダーマン」、「ウルヴァリン」、「デアデビル」、「ドクター・ストレンジ」

c331a.jpg

ジョージ・R・R・マーティンの作品3種。

「アイスドラゴン」、「七王国の玉座」、「ハンターズ・ラン」(これはガードナー・ドゾワとダニエル・エイブラハムとの共著)

最後のものはロビン・ホブの「ファーシーアの一族」のシリーズ続編。日本では未訳ですが、第2シリーズまで出版されています。




SEKAI NO OWARI
c336.jpg

文春文庫秋の100冊のしおりです。(店頭配布/文藝春秋/9月7,9日入手)

昨年から復活した秋の100冊栞。
今年はSEKAI NO OWARIとのコラボになっています。

配布されているのは多分2種類。

2枚ともちゃんと読んでいる(?)のはDJ LOVEさん(ピエロのマスクの人)だけで、
リーダーFukaseさんは常にカメラ目線です。




ギリシャ(Greece)Ⅷ②
c329a.jpg

ドアノブフック(?)型のビッグサイズなしおり。こちらもPatakis社。

左は「おねがいパンダさん」(スティーブ・アントニー作、イギリス)

c329b.jpg

ドラゴン3種。
2枚目はスイスのダヴィデ・カリの作品。

c329c.jpg
 
紹介したのは9種ですが、全部で16種類のシリーズです。







ニコニコカドカワ祭り2017
c335.jpg

今年のニコニコカドカワ祭りのしおりです。(店頭配布/KADOKAWA/9月12日入手)

昨年はシンプルなデザインでしたが、今回は可愛らしいキャラクター。
こちらの方がKADOKAWAらしくていいですね。

メディアミックス作品の「けものフレンズ」とのコラボになっています。

問題は全20種もあるということで、コンプリートは難しそう。




ギリシャ(Greece)Ⅷ①
c328a.jpg

ギリシャのコレクターさんと8回目のトレード。

Patakis社の“世界本の日(4月23日)”のしおりです。

1枚目はレオ・レオニの「フレデリック ちょっとかわったねずみのはなし」&「マシューの夢 えかきになったねずみのはなし」

2枚目はギリシャの人気作品。今年で発売20周年。
2枚目以降はギリシャ作家さんの作品です。

c328b.jpg

1枚目はギリシャ神話の本。白い牛に化けてエウロペを連れ去るゼウスです。

2枚目(フランスの作家さん)と4枚目(クリス・リデル、南アフリカのイラストレーター)以外はギリシャの作品。




七宝
c327.jpg

「並河靖之 七宝」展の変形しおりです。(店頭配布/伊丹市立美術館/9月2日入手)

七宝(シッポウ)焼きは、金属を素地にした焼き物。

日本では明治期に一気に技術が発展し、欧米で人気の輸出品に。
特に京都の並河靖之、東京の濤川惣助が人気で、2人のナミカワと並び称されたそうです。

展覧会は10月22日まで。





第18回頒布会②
c326a.jpg

赤塚不二夫さんのウナギイヌの変形しおり。

今年の講談社ミステリーフェアの特典栞です。
基本的にミステリーを読まないので、有り難い。

c326b.jpg

白土あつこさんの「ようかいえん」シリーズのしおりです。(全て裏面も同じ図柄)

私が入手した栞もありますが、全5種類コンプリート。


頒布会、新規会員募集中です。



第18回頒布会①
c325a.jpg


先月末に行った、頒布会にて頂いたしおりです。

7月に創刊された、Cygames(サイゲームス)のコミック・サイコミの創刊記念プラ栞、全7種のうちの6枚。

c325b.jpg

こちらは昨年秋の花とゆめコミックスのフェアのしおり(カード)です。(白泉社)

全6種のうちの5枚。


参加頂いた、メガネぐまさん、K子さん、タカフミさん、ありがとうございます。
頒布会に興味ある方は、是非ご連絡下さい。



「屋上のペーパームーン」
c324a.jpg

舞台「屋上のペーパームーン」のしおりです。(店頭配布/演劇のしおりDFG osaka/9月2日入手)

くじら企画presents。

15日から17日まで、大阪のインディペンデントシアター2ndにて。

c324b.jpg

こちらは終わっていますが、大阪大学劇団六風館の「Othello オセロー」。
(店頭配布/演劇のしおりDFG Osaka/9月2日入手)





スペイン(Spain)ⅩⅧ③
c321a.jpg

『グリーン・ランタン』(アメリカ映画)

イタリアの映画監督、ピエル・パオロ・パゾリーニ(1922-1975)。

イギリスのTVアニメ「ペッパピッグ」のおもちゃ。バンダイ製品。

c321b.jpg


真ん中の栞は、航空機に特化した本や模型などを扱うお店で、パイロット用の訓練シュミレーターも体験できるようです。

他の4枚は小説の栞です。




聖闘士星矢 冥王神話
c323.jpg

車田正美さんの「聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話」のしおりです。(付録/秋田書店/9月9日入手)

今週号の「週刊少年チャンピオン」の付録。

昔、集英社の「少年ジャンプ」で連載していた作品が、秋田書店で復活連載中です。

昔の人気作の続編っていうのが、最近特に多いような。
私はちょっと食指が動きませんが・・・。




スペイン(Spain)ⅩⅧ②
c320a.jpg


リセウ大劇場のオペラ。

「サンドリヨン」 ジュール・マスネ・作。
「見えざる町キーテジと聖女フェヴローニャの物語」 ニコライ・リムスキー=コルサコフ・作
「ルチオ・シッラ」 モーツァルト・作
「ランメルモールのルチア」 ドニゼッティ・作
「愛の妙薬」 ドニゼッティ・作

「サンドリヨン」はフランス語。 英語に直すと「シンデレラ」です。

c320b.jpg

左端はアガサ・クリスティーの舞台「ねずみとり」のしおり。(APOLO劇場)

ロンドンで1952年から世界最長ロングラン公演中の作品ですね。
ロンドンで62年みたいな文言があるので、2014年のもの?

右2枚は音楽フェスタ?



乃木坂46
c322.jpg

乃木坂46のしおりです。(付録/KADOKAWA/9月7日入手)

6日発売の「ダ・ヴィンチ10月号」の付録。

最近は雑誌の表紙は乃木坂一色って感じですね。

栞はプラ製です(栞と言うかカードですが)




スペイン(Spain)ⅩⅧ①
c319a.jpg

マンスリー・スペイン第18弾。

中村光「聖おにいさん」
荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」
梁慶一「AREA D 異能領域」(七月鏡一・漫画原作)
望月淳「Pandora Hearts」

c319b.jpg

左端はロバート・W・チェンバース(1802-1933)の短編集「黄衣の王」の漫画化。

右端はジョージ・R・R・マーティンの「氷と炎の歌」が原作の漫画化。



オラクルカード
c318a.jpg

オラクルカードのしおりです。(店頭配布/JMAアソシエイツ/8月6日入手)

ドリーン・バーチューのオラクルカードが日本で最初に発売されて、今年で15周年だそうです。

タロットカードのような予言や占いと違い、アドバイスが書かれているのがオラクルカードとのこと。
占いと違い悪い結果が出ないっていうのが、人気の一因みたい。

c318b.jpg

裏面。
「天使があなたに伝えたい10のこと」の宣伝。






『ジョジョの奇妙な冒険』
c317a.jpg

先月公開された『ジョジョの奇妙な冒険』のしおりです。(店頭配布/8月29日入手)

原作の漫画は、主人公を変えながらジョースター一族を描く大河巨編ですが、
映画化されたのは、第4部の「ダイヤモンドは砕けない」。

主人公の東方仗助(中央のリーゼント男性)を演じるのは、山﨑賢人さん。
監督は三池崇史さん。

私は年代的にも第3部が好きです。

c317b.jpg

こちらは第4部の集英社文庫コミック版。(文庫挿入/集英社/2003年)

18巻から29巻までが第4部ですが、最後の28・29巻の栞が未入手です。




あきない世傳
c316.jpg

髙田郁さんの「あきない世傳 金と銀 貫流篇」のしおりです。(店頭配布/角川春樹事務所/8月26日入手)

第1巻から両面とも全く変わらないこのシリーズ。
(〇〇篇のみ変更)
うっかりスルーしてしまいそうです。

多分2巻の早瀬篇から配布されていると思いますが、
1巻の源流篇もある?







プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: