しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

まんが人物伝
c296.jpg

新しく発売された「まんが人物伝」のしおりです。(店頭配布/KADOKAWA/7月20日入手)

織田信長(イラストは金子一馬さん)
徳川家康(平松禎史さん)
真田幸村(美樹本晴彦さん)

以上、6月の創刊3作品。

7月に第2弾として発売されたのは海外編。
エジソン(黒星紅白さん)
ヘレン・ケラー(Okamaさん)

10月に第3弾として発売予定なのは、
豊臣秀吉とナイチンゲールです。



明日から広島に行ってきますので、
次回の更新は8月2日の予定です。





スポンサーサイト
マイナス温度のセレナーデ
c295.jpg

市川なつをさんの漫画「マイナス温度のセレナーデ」のしおりです。(店頭配布/ほるぷ出版/7月10日入手)

親の再婚で、義姉弟となった高校生の姉に一目ぼれした小学生男子のお話。

裏面に記載の宣伝文句は、“クール女子×わんこの超年の差ラブ♡”





スペイン(Spain)ⅩⅥ⑥
c289a.jpg

Follas Novas書店のミニしおり。

「シマロン」、「三十四丁目の奇蹟」、「ならず者」、「紳士協定」、
「My American Wife」、「The Wild Party」、「My Little Chickadee」

c289b.jpg
裏面は主演女優。

アイリーン・ダン、モーリン・オハラ、ジェーン・ラッセル、ドロシー・マクガイア、
グロリア・スワンソン、クララ・ボウ、メイ・ウエスト


収集欲を刺激するシリーズです。





「怖い絵」&「源信」展
c294a.jpg

『怖い絵』展のしおりです。(店頭配布/兵庫県立美術館/7月10日入手)

中野京子さんの「怖い絵」シリーズ刊行10周年を記念した展覧会。
私も好きで、一通り読んでます。

栞の作品は、ポール・ドラローシュの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」(1833年)。

イングランドの最初の女王として有名なのはメアリ1世(1516-1558)ですが、
実はその直前に王位に即けられ、9日後にはメアリ1世に廃位させられたのがジェーン・グレイ。
そして、半年後には処刑されるのですが、当時16歳。

見た目に怖い絵、時代背景を読み解くと怖い絵など、約80点が展示されます。

兵庫では9月18日まで。その後、東京の上野の森美術館にて10月7日から12月17日まで。

c294b.jpg

こちらは「源信 地獄・極楽への扉」展のしおりです。(店頭配布/奈良国立博物館/7月10日入手)

源信は浄土信仰を広めた平安時代の天台宗の僧侶(942-1017)。
尊称の恵心僧都の方が馴染があるかも。

9月3日まで開催しています。




スペイン(Spain)ⅩⅥ⑤
c288a.jpg

児童書あれこれ。

シャーロック・ホームズならぬ「PERROCK HOLMES」
「はらぺこあおむし」:エリック・カール。Follas Novas書店の栞。
「はいいろねずみのフレイシエ」:アンケ・デ・フリース・著、ウィレミーン・ミン・絵。
「すてきな三にんぐみ」:トミー・ウンゲラー。
残り2枚は同じ作品で、
「EL SECRETO DEL OSO HORMIGUERO」(アリクイの秘密):スペイン作家の絵本?

c288b.jpg

左2枚はヴァリャドリッド市の栞?ヴァリャドリッドゆかりのイラストレーターさんによる作品。
Patrica de CosさんとIrene Sangrador Rodriguezさん。

4月23日の本の日の栞。スペインの画家グレゴリオ・デル・オリモ(1921-1977)の作品で、「本を読む少女」

サンタクロースは出版社(Plaza & Janes)の栞です。




お着替えしおり
c293.jpg

ファンタジアヒロインのお着替えしおりです。(付録/富士見書房/7月20日入手)

20日に発売されたドラゴンマガジン9月号の付録で、
ドラマガの栞といえばチェンジング栞です。(スキャナーを使うとぐちゃぐちゃになっちゃいますが・・・)

一応、図柄の説明をすると、

「ハイスクールDXD」(石踏一榮・著、みやま零・イラスト)の通常Ver.と白いワンピース。

「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」(羊太郎・著、三嶋くろね・イラスト)の通常&ウェディングドレス。

「ゲーマーズ!」(葵せきな・著、仙人掌・イラスト)の通常&着物。

「デート・ア・ライブ」(橘公司・著、つなこ・イラスト)の通常&浴衣。


ところで今日あたりから夏休みシーズン突入ですね。
私は広島に行って、マツダスタジアムで観戦しよう!と思っていたのですが、
甘かった~。今シーズンのチケット売切れてた・・・。(広島には行く予定)



スペイン(Spain)ⅩⅥ④
c287a.jpg


同時期にもう一人、スペインのコレクターさんとトレード。(こちらはお互いに欲しいのを選ぶ方法で)

「(芸者の生活)」:岩崎峰子(現:究香)さん
「吾輩は猫である」:夏目漱石
「お坊さんにまなぶ こころが調う食の作法」:星覚さん
川上ミネさん:日本とスペインを拠点に活動されているピアニスト。CDの宣伝?
俳句の本:Denis Theriault著

c287b.jpg

カスティーリャ・イ・レオン州のフラメンコ・フェスティバル

「MATADOR」:バーナビー・コンラッド著




バベルの塔
c292a.jpg
「バベルの塔」展のしおりです。(店頭配布/国立国際美術館/7月4日入手)

ブラバント公国(現・オランダ)の画家、ピーテル・ブリューゲル(?-1569)の作品。

10月15日まで大阪の国立国際美術館にて開催中です。


c292b.jpg

こちらは同名の息子、ピーテル・ブリューゲル(子)の作品。(店頭配布/国立国際美術館/2007年)

「婚礼の踊り」です。


ブリューゲル家は多くの画家を輩出していますが、来年には
「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」が開かれるようです。
この作品も出展されるみたい。




スペイン(Spain)ⅩⅥ③
c286a.jpg

邦訳作品あれこれ。
「失われた時を求めて 第2篇花咲く乙女たちのかげに」(マルセル・プルースト)
「ジョヴァンニの部屋」(ジェイムズ・ボールドウィン)
「ザーヒル」(パウロ・コエーリョ)
「ヘルプミー 心がつながるストーリー」(キャスリン・ストケット)
「癒される日々 ペットの死をこえて」(ゲーリー・コワルスキー)

c286b.jpg

「ウォーリアーズ 第2期5巻夕暮れ」(エリン・ハンター)
「ハリー・ポッターと呪いの子」(J.K.ローリング)
「過ぎ去りし世界」(デニス・ルヘイン)
「穏健なる提案」(ジョナサン・スウィフト)




『彼女の人生は間違いじゃない』
c291.jpg

15日から公開中の『彼女の人生は間違いじゃない』のしおりです。(店頭配布/7月10日入手)

東日本大震災後の人々を描いた作品で、
平日は市役所で、週末は東京でデリヘルとして働く女性が主人公です。

監督は、福島出身の廣木隆一さん。主演は瀧内公美さん。

裏面はジュンク堂と丸善の宣伝で、最近は展覧会だけではなく、映画の栞も配布するようになって、有り難い限りです。








スペイン(Spain)ⅩⅥ②
c285a.jpg

アメコミ関係。
スヌーピー、バットマン、
「兎用心棒」:日系アメリカ人のスタン坂井の作品
「マイリトルポニー:トモダチは魔法」:アメリカのアニメ
「ザ・ボーイズ」

c285b.jpg

多分スペインの漫画。

2枚目はシェイクスピアの「マクベス」の漫画化。
右端はメッシ?




ディーー・グレイマン
c290.jpg

星野桂さんの漫画「D.Gray-man」のしおりです。(付録/集英社/7月15日入手)

14日発売の「ジャンプS.Q.CROWN SUMMER号」の付録。

悪性兵器「AKUMA」と戦うエクソシストのお話。




スペイン(Spain)ⅩⅥ①
c284a.jpg

マンスリー・スペイン第16弾。

「銀の匙 Silver Spoon」(荒川弘)
「青の祓魔師(エクソシスト)」(加藤和恵)
Planeta社の「I  ♡ MANGA」2枚

c284b.jpg

左2枚はPAPERANTIC(紙モノのアンティーク市)のしおり。多分栞もあるんでしょうねぇ。素敵。

真ん中はおそらく古物商の宣伝しおり。古いカード?

ガウディのサグラダ・ファミリア。

右端の映画の1シーンの栞2枚は、小説の栞。
クリストファー・モーリー(1890-1957)の「巡回文庫」とトーマス・ウルフ(1900-1938)の作品。




杉浦さやか・井上ミノル展
c283.jpg

「杉浦さやか・井上ミノル」展のしおりです。(店頭配布/姫路市立美術館/6月26日入手)

珍しく地元の栞?を入手。

お二人とも姫路に縁があるそうです。

明日15日から9月10日まで開催。


しおり情報

〈しおり展覧会〉 以前、海外や書泉の栞を頂いたコレクターさんが、栞の展覧会を開かれます。
           京都の古書店アスタルテ書房、「西洋アンティーク栞展」(7/21-8/9)
           普段目にすることのないような栞が展示されますので、京都に行かれた際は是非。
           また、最近ブログも始められたので、そちらもどうぞ。→「しおり博覧会




英雄教室
c282a.jpg

岸田こあらさんの漫画「英雄教室」のしおりです。(付録/スクウェア・エニックス/7月11日入手)

月刊少年ガンガン8月号の付録。

原作は新木伸さんのラノベ(集英社ダッシュエックス文庫、イラストは森沢晴行さん)。


c282b.jpg
「おしりたんてい」のしおりです。(店頭配布/ポプラ社/7月11日入手)

もう1種ありました。



しおり情報

〈雑誌付録〉 ニュータイプ8月号(KADOKAWA)の付録に「活撃 刀剣乱舞」のクリアしおり。




おしりたんてい
c281.jpg

「おしりたんてい」のしおりです。(店頭配布/ポプラ社/7月4日入手)

トロルさんの作品。
シリーズ累計150万部突破!らしいです。

“おしり”とか“うんこ”とか子供は大好きですよね。




『メアリと魔女の花』公開
c280.jpg

本日公開の『メアリと魔女の花』のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/7月4日入手)

書店では作品の宣伝ブックレットなども置いてあり、気合が入ってます。
昨日は『アリエッティ』が放送されてましたし。

原作はそれほど長くない児童文学なので、
ストーリーをどう膨らませているのかなぁと興味ありますが、
おじさん1人ではレンタルになるまで待つしかないですね。




新潮文庫の100冊
c279a.jpg
新潮文庫の100冊のしおりです。(購入特典/新潮社/7月4日入手)

二つ折りにすると、
c279b.jpg

背中合わせのキュンタとおじいさん。

全4種で、残りの3種も楽しいデザインになっています。
今年のはぜひともコンプリートしたいですね。
(もっとも折っちゃうと、栞としては使いづらいですけど)

今年もキュンタしおりをSNSでアップすると、100名に純金キュンタしおりが当たります。
詳細はこちら





ブラジル(Brazil)Ⅴ③
c276a.jpg

真面目なテーマのwak社の本3冊。
「ダウン症」「自閉症児」「アートセラピー」

書店配布のサンタクロース。裏面には「クリスマスに良い読書を」という言葉。

c276b.jpg

多分未訳ですが、左から
A.S.King、ニコラス・スパークス、ミッチ・アルボム、Mia Sheridan、アン・フォーティアの作品。




魔法の美術館
c278.jpg

「魔法の美術館」展のしおりです。(店頭配布/大阪文化館・天保山/6月26日入手)

夏休みに合わせ、“見て、ふれて、遊べる体験型アート”の展覧会です。

7月15日から9月3日まで。




ブラジル(Brazil)Ⅴ②
c275a.jpg
映像化作品。

『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと』 NETFLIXで配信された作品。
映画ではジム・キャリーが演じていたオラフ伯爵役のニール・パトリック・ハリス。

「火星の人」(アンディ・ウィアー著) 映画タイトルは『オデッセイ』で、マット・デイモン主役。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 エディ・レッドメイン主役。

「ハリー・ポッターと賢者の石」 ジム・ケイのイラスト。

c275b.jpg
邦訳作品。

「悪の華にくちづけを」(ロレッタ・チェイス)
「ひそやかな初夏の夜の」(リサ・クレイパス)
「心惑わせる影 オドワイヤー家トリロジー2」(ノーラ・バーツ)
「スーパーヒーロー・パンツマン12巻」(デイブ・ピルキー)
「死んだ男の妻」(フィオナ・バートン)

c275c.jpg

「モモはどこ?」(アンドリュー・ナップ)
「カレンダーガール1月 マリブの熱い夜」「4月 あなたにストライク」(オードリー・カーラン)
「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」(ダヴィド・ラーゲンクランツ) シリーズ3部作の著者スティーブ・ラーソンの急逝後に続編を担当。
「ホモ・デウス」(ユヴァル・ノア・ハラリ)



アカシックリコード
c277.jpg

「アカシックリコード」のしおりです。(店頭配布/KADOKAWA/6月26日入手)

NOVEL0(ノベルゼロ)から出ている作品で、スマホゲームのノベライズ。
人気ゲームなんだろうなぁと思っていたら、開始から1年経たずに終了するそうです。

ノベライズを担当するのはベテラン・水野良さんでびっくり。
最初にハマったラノベが、中学時代に読んだ「ロードス島戦記」。懐かしいなぁ。

イラストは中原さん(左3枚)とぽんかん⑧さん(右端)。
多分、全4種です。



ブラジル(Brazil)Ⅴ①
c274a.jpg

ブラジルの方とトレード。5人目。
まずは日本関連。

桂正和「ZETMAN(ゼットマン)」、やぶのてんや「イナズマイレブン」、
近藤麻理恵「人生がときめく片づけの魔法」、
村上春樹「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」

c274b.jpg

Carol Christoの「最後のポケモンマスター」
Toppera-TPR & Ryotの「starmind」(「HENSHIN! MANGA」は雑誌の名前みたいです)

マウリシオ・デ・ソウザの自画像。手塚治虫とも交流のあった、ブラジルを代表する漫画家(1935-)で80歳を記念する栞。
国民的マンガ「トゥルマ・ダ・モニカ」の作者。

c274c.jpg

CRIATIVO社から出ている漫画・スケッチの描き方本のしおり2枚。
右はCOMIX書店のもの。






プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: