しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブータン
c273.jpg

「ブータン しあわせに生きるためのヒント」展のしおりです。(店頭配布/兵庫県立美術館/6月26日入手)

外交関係樹立30周年記念の展覧会。

“幸せの国”ブータンですが、都会の人が田舎はいいなぁと思うのと同じで、
実際はなかなか大変そうです。

鎖国政策を止め、経済は発展していっているものの、
髙い失業率や治安の悪化に悩まされているようで、ユートピアは存在しないかな、と。

先日観たTVでは、学力テストの結果が全国放送で名前や学校名、点数を公表されると言ってましたし、
子供も大変です。

とは言え、日本人から見ればまだまだ心が豊かそうに見えるブータン、
明日から9月3日まで開催です。

ちなみに栞のイラストは松尾たいこさんの作品。






スポンサーサイト
ナツイチ2017
c272.jpg

今年のナツイチのしおりです。(文庫挿入/集英社/6月26日入手)

先月から、40周年記念キャラクターの“よまにゃ”が登場していますが、
ナツイチも山田詩子さんのミツバチから、よまにゃにバトンタッチ。

栞のデザインは多分全部で7種類。

シンプルですが、猫好きには嬉しい栞ですね。




「37.5℃の涙」&「いじめ」
c271.jpg

平成28年度の小学館漫画賞の授賞作2作のしおりです。(店頭配布/小学館/6月17日入手)

椎名チカさんの「37.5℃の涙」と、五十嵐かおるさんの「いじめ」。

「37.5℃の涙」は一昨年にTVドラマ化もされた作品。
訪問型病児保育の新人保育士が主人公。
一般向けかと思いきや、少女向け部門の受賞作です。

「いじめ」はストレートなタイトルですが、
主にいじめられっ子を主人公に描いた短編シリーズ。
児童向け部門受賞作。



『東京喰種』
c270a.jpg

映画『東京喰種トーキョーグール』のしおりです。(店頭配布/集英社/6月21日入手)

石田スイさんの原作コミックを実写化。
主演は窪田正孝さん、監督は萩原健太郎さん。

裏面は原作の宣伝になっています。

来月29日公開です。




スペイン(Spain)ⅩⅤ③
c266a.jpg

変形しおりあれこれ。

フランスのマンガ「アステリックス」やトーニャ・ハーリーの「ゴーストガール」など。

c266b.jpg

なぜワイルドな男はもてるのかっていう本?とジャングル紹介本?



カドフェス2017
c269a.jpg

今夏のカドフェス2017のしおりです。(文庫挿入/KADOKAWA/6月20日入手)

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で声を担当している、
菅田将暉さんと広瀬すずさん。

「鹿の王」を購入したのですが、何故どの書店も1,2巻に同じ栞が入っているのだ。気が利かない・・・。
それぞれ別の店で入手する破目に。

c269b.jpg
反対側。
典道となずな。90年代のドラマ・映画では、山崎裕太さんと奥菜恵さんが演じていました。

今年のカドフェスは、以前紹介の『メアリと魔女の花』と、未入手のかまわぬの手ぬぐい柄栞の全4種です。





スペイン(Spain)ⅩⅤ②
c265a.jpg

邦訳作品。

「赤い小馬」 ジョン・スタインベック。アメリカ(1902-1968)
「失われた時を求めて 第3篇ゲルマントのほう第1部」 マルセル・プルースト。フランス(1871-1922)
「虹の少年たち」 アンドレア・ヒラタ。インドネシア(1967-)
「そして山々はこだました」 カーレド・ホッセイニ。アフガニスタン出身アメリカ(1965-)

c265b.jpg

右端は「3匹の子豚」
次はイギリスのトレーシー・コーデュロイ(1965-)の作品。
残り3枚はスペインの作家作品。

c265c.jpg

それぞれ、シャレヴ・メイール(イスラエル1948-)、エイミ・タン(アメリカ1952-)、ヒラリー・マンテル(イギリス1952-)の作品。

最後のはアン・ブーリンについての本みたい。




「マイセンの美」展
c268.jpg

「マイセンの美 ~いとしのフィギュリン 華麗なるセルヴィス~」展のしおりです。(店頭配布/兵庫陶芸美術館/6月17日入手)

栞の作品は、19世紀後半の芸術の寓意「建築」。
岐阜県の現代陶芸美術館の収蔵作品です。

現在開催中で、8月27日まで。




スペイン(Spain)ⅩⅤ①
c264a.jpg

マンスリー・スペイン第15弾。
まずはサン・ジョルディの日&オペラ。

左端の裏面は、各年齢向けシリーズ作品の宣伝になっています。
真ん中3枚は書店のしおり。

右端は「NORMA(ノルマ)」。
ベッリーニの作品で、古代ローマ帝国支配下のガリア地方が舞台です。

c264b.jpg


一昨年のブックフェアの連続図柄しおりです。
書道っぽいですね。




『メアリと魔女の花』
c267.jpg

映画『メアリと魔女の花』のしおりです。(文庫挿入/角川書店/6月17日入手)

17日からのカドフェスの栞の1枚。
全部で4種類ありますが、この栞は「新訳 メアリと魔女の花」と「新訳 思い出のマーニー」にのみ挿入。
他の栞はまた後日紹介する予定です。

原作はメアリー・スチュアートの「小さな魔法のほうき」。
監督はジブリ出身の米林宏昌さん。
作品もジブリっぽい雰囲気ですが、制作はスタジオポノック。
(もっとも、プロデューサーはじめスタッフの8割がジブリ出身らしく、
声を担当するのも神木隆之介さんら俳優陣なので、ジブリ作品の一つって感じですね。)

7月8日公開です。



しおり情報

と言っても大したことじゃないんですが、22日放送の「警視庁捜査一課長season2」の最終回に、
事件に関連して栞がちょこっと出てくるみたい。TV朝日のHPはこちら



ギリシャ(Greece)Ⅶ④
c261a.jpg

今回の紹介、最後は邦訳された各国作家の作品。

「北京から来た男」  ヘニング・マンケル著(スウェーデン)
「模倣犯 犯罪心理捜査官セバスチャン」  M.ヨート/H.ローセンフェルト著(スウェーデン)
「白骨 犯罪心理捜査官セバスチャン」  同上
「天国の囚人」  カルロス・ルイス・サフォン著(スペイン)
「マザーランドの月」  サリー・ガードナー著(イギリス)

c261b.jpg

「窓から逃げた100歳老人」  ヨナス・ヨナソン著(スウェーデン)
「天国に行きたかったヒットマン」  同上
「忘れられた巨人」  カズオ・イシグロ著(イギリス)
「そして山々はこだました」  カーレド・ホッセイニ著(アメリカ。アフガニスタン出身)
「天国からの電話」  ミッリ・アルボム著(アメリカ)




WONDERワンダー
c263a.jpg

R.J.パラシオの「もうひとつのワンダー」のしおりです。(店頭配布/ほるぷ出版/6月10日入手)

顔に障害のある少年オーガストを描いた「ワンダー」の続編。
オーガストの周囲の子どもたちが主人公です。

7月20日発売です。

c263b.jpg

裏面。前作「ワンダー」の宣伝。




ギリシャ(Greece)Ⅶ③
c260a.jpg


ギリシャ作家さんによる児童書あれこれ。

今までΨΥΧΟΓΙΟΣ社の栞ばかり紹介していますが、今回貰った約300枚ほぼ全てこちらの出版社。
大きいのが2012,13年、小ぶりなのが2014年~のものみたいで、
全ての出版物に栞があるんじゃないかと思うくらいの量。日本と違って儲かってる!?

c260b.jpg

ギリシャ作家によるロマンス作品など。

c260c.jpg

その他ギリシャ作家作品。

街並み風の背表紙の栞は、小説の書き方についての本みたい。

最後はフィリップ2世の妻でアレクサンダー大王の母、オリュンピアスについて書かれた作品。



四季報・夏
c262.jpg

四季報のしおりです。(店頭配布/東洋経済新聞社/6月10日入手)

夏季Ver.は向日葵と灯台。

海外のコレクターさんとトレードをしていると、結構な割合で灯台をテーマに集めている人と遭遇します。
いつも残念ながら・・・と、断るしかなかったのですが、
ようやく灯台しおりゲットです!

とは言え、交換できるほど入手できてないんですけどね。
イラスト栞に変わってから入手しづらくなっている気がする・・・。



ギリシャ(Greece)Ⅶ②
c259a.jpg


児童書。
アメリカの作家、レイチェル・ルネ・ラッセルの「ブー!ブー!ダイアリー」シリーズ。6巻から11巻。
日本では残念ながら1巻で打ち切りとなっています・・・。

c259b.jpg

こちらは日本でも人気の「グレッグのダメ日記」(ジェフ・キニー著)6,8,9巻。
世界中で売れてますね。イギリス、スペイン、ポルトガル、スペイン版を頂いてます。

c259c.jpg

H.I.ラリーの「ザック・パワー」シリーズ2作。
D.D.エヴェレストの「アーチー・グリーンと魔法図書館の謎」。

残り2枚は未訳ですが、
クリス・コロンバスとネッド・ヴィジーニの「(秘密の家2)」。コロンバスは『ホーム・アローン』の監督さん。
ヴィジーニが13年に自殺したので、シリーズ未完?

ホリー・ブラックとカサンドラ・クレアの「The  Iron Trial」。「スパイダーウィック家の謎」と「シャドウハンター」の2人による作品。




第17回頒布会④
c257.jpg

現在開催中の各地の展覧会のしおりです。

「大原美術館展Ⅱ」(北海道立近代美術館。6月11日まで)
「エリック・カール展」(世田谷美術館。7月2日まで)
「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」2種(名古屋市博物館。6月11日まで)


次回は8月末に行います。参加ご希望の方はご連絡下さい。




ギリシャ(Greece)Ⅶ①
c258a.jpg

年始に大量交換したギリシャのコレクターさんと久々にトレード。
今回はこちらから先に送ったのですが、何故かそれ以上の多くの栞が届きました。いいのかな?

まずは村上春樹さんの3作品。
「1Q84」
「アフターダーク」(ギリシャ語を直訳すると、短い時間)
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

c258b.jpg

次は日本絡み。

「シンプルに生きる」(ドミニック・ローホー著):日本でも売れていますが、元々日本在住のフランスの女性作家が、
日本的・禅的生活を紹介する作品としてフランスでヒットしたもので、逆輸入みたいなものですね。ギリシャでもそんな感じで宣伝。

「(私のいとこのプリンセス・アイリーン)」:ギリシャの女性作家Βουλα Μαστορη(1945-2016)の作品。
ギリシャ人と日本人のハーフの女の子のお話。子供向け作品。

「(日本人の恋人)」(イサベル・アジェンデ著):チリの女性作家(1942-)の作品。
第2次大戦前後のアメリカを舞台に、ユダヤ系女性と日系2世のラブストーリーみたいです。

c258c.jpg


映画など。
『インフェルノ』、『世界一キライなあなたに』、『ダイバージェントFINAL』
『チャーリーとチョコレート工場』(裏面は主人公の少年役、フレディ・ハイモア)
「(ミック・ジャガー)」:フィリップ・ノーマン著。
「(ビートルズ 伝説の誕生)」:Mauri Kunnas作。フィンランドの漫画家。



第17回頒布会③
c256a.jpg

「りゅうおうのおしごと!」のしおりです。全5種のうちの4種。

白鳥士郎さんのラノベでイラストはしらびさん。GA文庫。2月配布?
16歳で竜王となった少年・九頭竜八一が主人公。
もしかしたら藤井聡太四段がリアル八一になるかも!?

c256b.jpg

「復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる」のしおりです。

クレハさんラノベで、イラストはヤミーゴさん。フロンティアワークス。2月配布?

裏面は広瀬煉さんの「魔導師は平凡を望む」。



第17回頒布会②
c255a.jpg

各社のコミックしおりです。

スバルイチさんの「勇者が死んだ!」2種。小学館。1月配布?

桐丘さなさんの「大正処女御伽話」。集英社。5月配布(4巻発売記念)。

篠丸のどかさんの「うどんの国の金色毛鞠」。新潮社。16年9月配布?

c255b.jpg

スクエニのコミッパ。

16年夏のプラ栞2種。
ワザワキリさんの「不機嫌なモノノケ庵」とヨシノサツキさんの「はんだくん」。

16年冬のステッカー2種。
小林立さんの「咲」と葉月抹茶さんの「一週間フレンズ」。



第17回頒布会①
c254a.jpg

5月末に行いました、第17回頒布会で頂いたしおりです。皆さまありがとうございます。

こちらは昨年11月~1月のイブニング15周年のプラ栞。
毎月5種類ずつ配布されたもので、この3枚は12月分ですね。

c254b.jpg

おなじく講談社コミックのしおり。

上田美和さんの「ピーチガール」全4種。4月配布。
織田涼さんの「能面女子の花子さん」。1月配布。


頒布会に興味のある方のご連絡お待ちしております。



『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
c253a.jpg

角川文庫と『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のコラボしおりです。(文庫挿入/角川書店/6月1日入手)

新刊に挿入されている栞。
90年代の岩井俊二監督のTVドラマ・映画のアニメ映画化作品です。

ヒロインのなずなのラフ画と声を担当する広瀬すずさん。

c253b.jpg

裏面。典道役の菅田将暉さん。

8月18日公開です。



文春文庫青春フェア
c252.jpg

文春文庫の青春フェア2017のしおりです。(店頭配布/文藝春秋/5月28日入手)

5月末に行った頒布会よりフライング紹介(後日改めて頒布会の栞は紹介します)。

現在一部書店にて開催中の青春フェア2017。
栞と同じく岸田メルさんによるオリジナルカバー作品が何点かあります。

私の地元ではオリジナルカバー作品にのみ挿入されており、購入するか迷っていましたが、
頒布会で頂けてラッキー。

栞の作品は、5月の新刊「荒野」(桜庭一樹・著)のカバーイラストと同じものです。
(でも「荒野」には通常栞しか挿入されていません・・・)






プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: