しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
02 | 2015/03 | 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

川喜田半泥子展ほか
b719a.jpg

現在開催中の展覧会のしおりです。(店頭配布/3月23日、2日入手)

「川喜田半泥子物語 その芸術的生涯」展:あべのハルカス美術館。5月10日まで。

半泥子は伊勢の豪商の16代目で、三重の百五銀行の頭取も務めた実業家・陶芸家(1878-1963)。
“東の魯山人、西の半泥子”とも言われた趣味人。

「青磁のいま」展:兵庫陶芸美術館。5月24日まで。

栞の作品は、深見陶治氏の「屹」。

b719b.jpg

こちらは「スペイン奇跡の恐竜たち」展:大阪市立自然史博物館。5月31日まで。



スポンサーサイト
コミックゼロサム
b718a.jpg


本日発売の「コミックゼロサム5月号」のしおりです。(付録/一迅社/3月28日入手)

創刊13周年記念、8作品の描き下ろしクリアしおり。

b718b.jpg


こちらは現在発売中の「ドラゴンマガジン5月号」のしおりです。(付録/富士見書房/3月24日入手)

丸戸史明さんの「冴えない彼女の育てかた」(深崎暮人・イラスト)


昨日、姫路城の改修が終わりリニューアルオープン。
26日には式典があり、自衛隊のブルーインパルスの飛行があったのですが、
すんごい人・人・人!

私は残念ながら仕事があったので、遠方から少し見ただけなのですが、
いろいろ話を聞いて、その人気にびっくり。

公式発表で、たしか6万人とのことでしたが、
電車は周辺の駅で乗れない人が溢れかえり、
道路は大渋滞でバスの欠便が相次ぐなど、姫路中心街まで辿り着けない人が続出だったようです。
(私の知り合いの多くは、電車で行こうとして諦め、車で行くことにしたものの、
結局途中で車から見上げた人が多かったです)

ブルーインパルス恐るべし・・。


祝・当選!メディアワークス文庫5周年
b717a.jpg

メディアワークス文庫5周年記念のしおりです。(懸賞/アスキー・メディアワークス/3月20日入手)

文庫を購入して応募すると、抽選で300名にもらえる栞。

「ビブリア古書堂の事件手帖」(越島はぐ・イラスト、三上延・著)
「神様の御用人」(くろのくろ・イラスト、浅葉なつ・著)
「0能舎ミナト」(kyo・イラスト、葉山透・著)
「探偵・日暮旅人シリーズ」(煙楽・イラスト、山口幸三郎・著)
「お待ちしてます下町和菓子栗丸堂」(わみず・イラスト、似鳥航一・著)

浅草は今回15年ぶりに訪れましたが、こちらも外人さん増えましたねぇ。
昔と違って、自撮り棒を使ってスマホで写真撮っている人も良く目にしました。

b717b.jpg


こちらは3年前の2周年フェアの当選しおりです。



東京観光2日目
b716a.jpg

鉄腕アトムのしおりです。(店頭配布/東京電機大学/3月19日入手)

東京2日目。
朝一スカイツリーの予定だったものの、やっぱり霧が少しかかってる・・・。
(実はホテルの窓からツリーが見えてた。前日は完全に隠れてて分からず。)

仕方ないので、まず築地市場へ。
(路線図を見て、浅草線浅草駅→蔵前駅で大江戸線乗り換え→築地市場駅ルートにしたんですが、これが失敗。
蔵前駅の乗り換えって、一旦、地下の改札を出て地上に上がり、街中を300メートルぐらい歩いて、
再び地下に下りて改札を通るんですね・・・。乗り換えっていうレベルじゃねぇぇ!
途中、道を間違っていないか心配になりました。)

築地には8時ごろに着いたのですが、外国人客の多さにびっくり。
場内は半分以上、外人さんでした。

行列が少なめの寿司屋さんで食事をして、その後は場外市場をぶらぶら。
玉子焼きの食べ比べをしたりしたんですが、甘い!甘すぎる!
(親には好評だったんですが、私はだし巻が恋しい・・)

当初の予定では、この後、歌舞伎を一幕観ようかと思ってましたが、再び浅草へ。
お昼にチェックアウトをして、いざスカイツリーに。

見事な曇り空でしたが、無事に景色も観れました。
(チケット購入に30分ぐらい並びましたが)
ちなみに、天望デッキに行くエレベーターは4基あり、それぞれ春夏秋冬のデザインがされているのですが、
2日で計4回利用して、案内されたのが夏1回に冬3回。春や秋も見たかった~。

この後、東京駅で熱海に行く親と別れて私は帰宅。
10数年ぶりの東京観光終了です。

b716b.jpg



しおり情報

〈全国・雑誌〉 現在発売中の「ドラゴンマガジン5月号」(富士見書房)に栞の付録。

〈大阪・図書館〉 大阪市立図書館にてセレッソ大阪の栞5種配布中。

〈東京・墨田区〉 東屋の袋物博物館(無料)の来館者に本革栞プレゼント中。


東京観光1日目
b715a.jpg


八重洲ブックセンターのしおりです。(店頭配布/八重洲ブックセンター/3月19日入手)

親の付添いで十数年ぶりに東京へ行ってきました。
昼過ぎに東京駅に着き、親の所用で1時間半ほど別行動。
今回唯一の自由時間で、駅周辺の書店巡りをして、主に八重洲ブックセンターでいろいろ入手。

b715b.jpg


展覧会のしおりなどなど。(アルクは地域栞じゃないですが)。

さて、東京観光ですが、初日の目的地はスカイツリー。
ただ、生憎の雨がちな天気だったもので、夕方より夜景の方がいいかと思い、
隣駅の浅草のホテルにチェックインした後は、浅草をぶらっと観光し、スカイツリーに隣接するプラネタリウムでリフレッシュ。

いい具合に日も沈み、スカイツリーのチケット売り場へ。
ところが霧で視界不良(売り場のライブ映像には何も映ってない)。
でも折角来たんだし、少しは何か見えるかもと思って、登ることに。

エレベーターの内装は綺麗で、あっという間に地上350mに到着。景色は、
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
色の濃淡も、光の明暗すらなく、360度灰色一色。本当に何も見えない!!!!
地上350mにいるのか地下にいるのか分かりゃぁしない・・・。

さすがにあれなんで、浅草に泊まることだし翌朝のリベンジを誓うわが一家。

そんな状態だったんですが、飲食店は結構混んでて、
良さげな店はどこも順番待ち。結局空いていた「江戸味楽茶屋 そらまち亭」で夕食。

一日2回、30分の寄席芸が行われるお店。
出演者名を見ても関西人の私には知らない人ばかりで、若手の練習場みたいなもんかと思っていたのですが、
メインの演者はなかなかのベテランさん(この日は吉原朝馬さん)。

大いに笑わしてもらい、終わりよければ全て良し。楽しい一日となりました。

(宿に帰ってTVを見たら、桂米朝さんの訃報が・・・。覚悟してたけど寂しい。)




第8回頒布会③
b714a.jpg

少年マガジン55周年のしおりです。

昨年3月から配布が始まったこのシリーズ。無事12種コンプリートできました。
(ほとんど頒布会での頂きもの)

「アホガール」(ヒロユキ・作)
「ドメスティックな彼女」(流石景・作)
「ユーキューホルダー!」(赤松健・作)

少年サンデーも55周年でしたが、こちらは現在全国4300の書店にて、
高橋留美子さんの男性キャラ栞5種を配布しているそう。

また、4月1日発売のサンデーの付録として女性キャラ6種の栞が付き、
以降6週連続?で「マギ」や「コナン」など人気作品の栞が付録になるみたい。

b714b.jpg

こちらはジャンプの「ONE PIECE」。

昨年の74巻発売時に、各書店オリジナルで配布された栞(全3種のうち2種)です。
全書店分入手するのは無理でしょうが、頒布会の皆さまのおかげで少しずつ入手できました。

感謝感謝です。自分も参加してみようかなとお思いの方、ご連絡下さい。
(昨年6月16日の記事に頒布会の説明を載せてます)



第8回頒布会②
b713a.jpg

ひさかたチャイルドから発売されている絵本2作品のしおりです。

「たくさんのたくさんのたくさんのひつじ」(のはなはるか・作・絵)

「ねこのピート」シリーズ(エリック・リトウィン著、ジェームズ・ディーン・絵)

b713b.jpg

東京駅100周年のブックエキスプレスのしおりと、交通新聞社の二つ折りミニカレです。

ところで明日、泊りで東京へ行ってきます。
(多分ミニカレのN700Aの新幹線に乗って、東京駅へ)

親の東京観光の付添というか引率というか荷物持ち?なもんで、ほとんど自由時間なし。
駅周辺の書店を覗くぐらいですが、何が入手できるかなぁ~。



第8回頒布会①
b712a.jpg
b712b.jpg
b712c.jpg
b712d.jpg


先日開催した第8回頒布会で頂いたミニカレです。(店頭配布/郵便局/2014年)

今回もいろいろ送って頂きありがとうございます。
メガネぐまさん(北海道)、K子さん(新潟県)、タカフミさん(宮崎県)、感謝感謝です。

昨年下半期に配布されたもの。味気ない図柄ですが、全30種並べると壮観。
何気に2回登場している会社もあって、ついつい探してしまいました。
(第一生命やみずほ銀行、JCBなどなど。)


次回頒布会は5月末に実施予定です。
興味ある方はご連絡下さい。



堀文子「一所不住・旅」展
b711a.jpg

97歳現役の画家、堀文子さんの展覧会のしおりです。(店頭配布/兵庫県立美術館/3月2日入手)

栞の絵は1950年頃制作の「月と猫」(部分)。

来月18日から6月7日まで。


b711b.jpg

こちらは猫を描いた日本人画家たちの作品です。

菱田春草「黒き猫」(1910年)   (店頭配布/愛知県美術館/2003年)
竹久夢二「黒船屋」(1919年)   (店頭配布?/講談社/1981年?)
葛飾北斎「猫を抱く女」       (新書挿入/講談社現代新書)
熊谷守一「猫」(1965年)      (店頭配布/伊丹市立美術館/2012年)



『きっと、星のせいじゃない。』
b710.jpg

映画『きっと、星のせいじゃない。』(原題:THE FAULT IN OUR STARS)のしおりです。(店頭配布/アメリカ製/3月2日入手)

洋書コーナーで入手した栞。

現在上映中の作品です。アメリカでは昨年公開され、この栞も多分そのときのもの。
裏面は、原作者のジョン・グリーンの作品の宣伝です。

酸素ボンベが欠かせない末期がん患者の女の子と、骨肉腫で足を失った男の子の恋。
シャイリーン・ウッドリーとアンセル・エルゴートが演じています。
監督はジョシュ・ブーン。

さすがにアメリカ製はでかいですね。


しおり情報

〈twitter・懸賞〉 PHP研究所で「りゆうがあります」(ヨシタケシンスケ・作・絵)の刊行記念キャンペーン実施中。
          ツイッターでつぶやくと、ポストカードと栞のセットを10名にプレゼント。3月18日まで。詳細はこちら

〈全国・くら寿司〉 くら寿司で名探偵コナンとのコラボキャンペーン。明日13日から31日まで、ビッくらポン!でコナングッズが当たります。
           マグネットブックマーカー(4種)も。詳細はこちら



『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
b709a.jpg

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のしおりです。(店頭配布/3月2日入手)

先月公開された作品ですが、まだ上映中。

全世界で累計1億部突破のベストセラーの映画化とのこと。

もともとは主婦が書いた、「トワイライト」シリーズの同人作品だったそうなんですが、
女性向けのアダルト小説で、女子大生と富豪がSM契約を結ぶお話。

映画も官能シーンが多く、日本ではR15+バージョンで上映中。
(修正具合が不評で、現在はR18+バージョンも上映)

主役は、ダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナンです。

b709b.jpg

こちらもキスをするカップルです。

上段:(店頭配布/愛知冠婚葬祭互助会/時期不明)
    互助会の冠婚事業を行う、ティアラグループのものみたい。

下段:(店頭配布/東京オペラシティ、DUE00201/2012年)
    篠山紀信展。オノ・ヨーコとジョン・レノンです。




アリアンローズ
b708.jpg

女性向けライトノベルのしおりです。(店頭配布/フロンティアワークス/3月2日入手)

アリアンローズというレーベルの作品群。
(フロンティアワークスはアニメイトが設立した会社のようです)

なかなか宣伝文句がインパクトありますが、

左から、

「魔導師は平凡を望む」(広瀬煉・著、⑪・イラスト ※トイチと読むらしい)・・・・・「ドS魔導師ですけど、何か?」

「悪役令嬢後宮物語」(涼風・著、鈴ノ助・イラスト)・・・・・「わたしが悪役?  顔のことなら否定しないわよ」

「誰かこの状況を説明してください!」(徒然花・著、萩原凛・イラスト)・・・・・「お飾り妻?  え?コノヒト、今なんつった!?」

「義妹が勇者になりました。」(縞白・著、風深・イラスト)・・・・・「勇者?めんどい。あたしパス。」



「ムルシエラゴ」ほか
b707a.jpg

「不機嫌なモノノケ庵」と「ムルシエラゴ」のしおりです。(店頭配布/スクエア・エニックス/2月28日入手)

それぞれ、ワザラキリさんとよしむらかなさんの作品。

「ムルシエラゴ」ってスペイン語でコウモリっていう意味です。
主人公(栞のミニキャラ)は“公的”殺人者の紅守(コウモリ)黒湖。

皆、読書しているので、昨年の秋ぐらいの配布?

b707b_201503062254251d1.jpg

読書する少年少女たち。

せがわ真子さんのイラスト (店頭配布?/秋田書店/1980年代)

折原みとさんのイラスト (ポプラ社/文庫挿入/1991年)

宮崎駿さんのイラスト? (店頭配布/世田谷文学館/2012年)

E.H.シェパードのイラスト (文庫挿入/岩波書店/不明)


3/7訂正:スクエニの栞は先月発売されたコミックの特典用みたい。

書写
b706a.jpg

公文書写の宣伝しおりです。(店頭配布/公文書写/3月1日入手)

縦に二つ折りになっていまして、開くと
b706b.jpg

こんな感じ。

「ペン習字」「かきかた」「筆ペン」「毛筆」の4教科あるそうです。
ちなみに私は悪筆です。

b706c.jpg


こちらは達筆な方たち。

王献之の書  (店頭配布/東京台東区/2008年?)
         中国・東晋の人(344-388)。“二王”の1人(もう一人は父の王羲之)。

良寛の書  (店頭配布/新潟市/2007年)
        北大路魯山人が唱えた“新・三筆”の1人(他の2人は豊臣秀吉と一休宗純)。

空海の書  (売品/高野山霊宝館/2011年入手)
        “三筆”の1人(他の2人は橘逸勢と嵯峨天皇)。



『ソロモンの偽証』
b705a.jpg

映画『ソロモンの偽証』のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/3月1日入手)

原作は宮部みゆきさんのミステリー巨編。

松竹が社運をかけた?話題作のようです。

中学の1クラス分を1万人が参加したオーディションで決めたそうで、
主役を演じる女の子は、役名と同じ「藤野涼子」で女優デビューするとのこと。(右の女の子です)。
左の男の子は、板垣瑞生さん。

7日に前編の事件編が公開され、1か月後の11日に後編の裁判編を公開。

監督は成島出さん。

b705b.jpg

こちらは宮部さん原作の映画です。

『ブレイブストーリー』(文庫挿入/角川書店/2006年)
松たか子さんや大泉洋さんが声をあてています。

『模倣犯』(文庫挿入/小学館/2002年)
宮部さんが映画の出来に不満だったらしい作品。今作はどうなんでしょう?


しおり情報

〈全国・書店〉 SBクリエイティブがゴールデンボンバーを起用したフェアを、全国1500店以上の書店にて開催。
         「ディズニーの神様」シリーズを買うとミニカレが、対象のSB文庫・GA文庫を買うと栞が貰えるそう。
         3月1日より順次開催されます。 詳細はSBクリエイティブのHP参照。

〈ネット・会員登録〉 クロコダイル革の工房「ガウディ」に会員登録すると(無料)、もれなくクロコダイル栞が貰えます。
            詳細は「ガウディ」のHP参照。




プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: