しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
10 | 2013/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『永遠の0』
b031a.jpg

映画『永遠の0』のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/11月25日入手)

監督は山﨑貴さん。出演は岡田准一さん、三浦春馬さん、井上真央さん、ほか。

原作は百田尚樹さんのベストセラー。21日公開です。

b031b.jpg

百田さんといえば元々放送作家さんですね。

「ナイトスクープ」とは25年以上関わっておられて、現在も参加されてます。多分。

栞はそれぞれ微妙に違ってます。(店頭配布/朝日放送/06年夏、07年冬?、08年春)
現在とは顔ぶれもだいぶ変わってますね。
残っているのは、局長の西田さんと、探偵の寛平さん、石田さん、竹山さん、たむらさん。

ところで「ナイトスクープ」は10年ぐらい前に収録を観に行ったことがあるのですが、
収録方法がちょっと意外でした。

てっきり収録したのを時間に収まるように編集するんだと思っていたのですが、
ほぼ編集なし。放映と同じように数分のCM休憩があり、生放送感覚。

2本撮りで、2時間かかったかなぁ?っていうぐらい。早かったなぁ。




スポンサーサイト
祝当選:『シャンボンの背中』
b030.jpg

映画『シャンボンの背中』のフィルム風しおりです。(懸賞/WOWOW/11月27日入手)

以前、しおり情報で紹介した講談社のweb1週間の懸賞に当たりました!

『シャンボンの背中』はセザール賞脚色賞を受賞したフランス映画。
監督はステファヌ・ブリゼ。出演はヴァンサン・ランドン、サンドリーヌ・キベルランほか。
大人のラブストーリーとのこと。
12月29日夜9時から放映です。

なおWOWOWのイベント「旅するW座」として一部の単館系映画館でこの作品の無料上映会を実施中。
残りの日程は、
KBCシネマ(福岡)で11月29日、12月6日
ユーロスペース(東京)で12月13日、20日



しおり情報

〈全国・文庫フェア〉 メディアワークス文庫創刊4周年フェアが11月22日から開催中。
             フェア対象の帯に付いている応募券1枚か、既刊新刊問わずカバーに付いているロゴマーク2枚で応募。
             C賞としてしおりセットが200名に当たります。〆切1月24日。
             詳細はMW文庫のHPで。



ミシュラン2014
b029a.jpg
「ミシュランガイド2014関西版」のしおりです。(店頭配布/ミシュラン/11月4日入手)

ミシュランに載っているホテルでも偽装していた、とかニュースになっていましたが、
一連の報道を見て分かったのは、加工肉は旨い!ってことですね。
コンビニのチキンも美味しいですし。
(たまに脂注入しすぎ!ってのもありますが)

b029b.jpg

こちらは過去のミシュランのしおり。

左2枚は、2010年版に挿入されていたもの。(09年11月発行)
ミシュランガイドとしての栞と、タイヤメーカーとしての栞になってます。

あとは店頭配布されていた栞で、
「2010年京都・大阪版」「2012年京都・大阪・神戸・奈良版」「同2013年版」。



「ヘヴィーオブジェクト」とか
b028a.jpg

電撃文庫のカードしおり11月分です。(店頭配布/TSUTAYA/11月5日入手)

「ヘヴィーオブジェクト」(鎌池和馬・著、凪良・イラスト)
「楽聖少女」(杉井光・著、岸田メル・イラスト)
「巨大迷宮と学園攻略科の魔術師」(樹戸英斗・著、玲衣・イラスト)

全3種です。
b028b.jpg

裏面。こちらのほうが好き。


ラノベ花盛りですが、最近の男性向けレーベルの作品はどれも同じに思えて、
なかなか読むのが辛い(そもそも対象年齢が離れてますが・・)。

その代わり、ちょっと前の女性向けレーベルの作品が肌に合うようで、
今は「風の王国」シリーズ(毛利志生子・著、コバルト文庫)を楽しんでます。

唐から吐蕃(チベット)の王に嫁いだ文成公主が主人公で、歴史好きにもお薦め。



「妖怪アパートの幽雅な日常」とか
b027a.jpg
b027b.jpg

講談社コミックのカードしおり11月分です。(店頭配布/TSUTAYA/11月5日入手)

今月度は全部で5種類。順番に、
「七つの大罪」(鈴木央)、「ダイヤのA」(寺嶋裕二)
「妖怪アパートの幽雅な日常」(深山和香)、「我妻さんは俺のヨメ」(西木田景志)
「花君と恋する私」(熊岡冬夕)

「妖怪~」は原作が香月日輪さんで、講談社文庫から出てます。
ちょっと惹かれるんですが、文字が大きくて、1冊あたりの分量が少なめ・・。
コスパがとか考えちゃう貧乏性です。



しおり情報

〈全国・サザエさん展〉 放送開始45周年を記念して、「みんなのサザエさん展」が全国巡回中。
              現在岩手会場で開催中(12月8日まで)で、2015年10月まで2年間かけて全国を回るそうです。
              平日に来場すると、サザエさんのキャラクター栞が日替わりで貰えるとのこと。HPはこちら

〈全国・懸賞〉 講談社のweb1週間にて邦画『楽隊のうさぎ』の鑑賞券&オリジナル栞プレゼント。
         当選者5組10名、〆切12月3日。応募はこちら




かぐや姫の物語
b026a.jpg

映画『かぐや姫の物語』のしおりです。(店頭配布/徳間書店/11月12日入手)

高畑勲さんの14年ぶりの監督作。

予告映像をちょこっと観ましたが、前作の『となりの山田くん』以上に
アニメの表現技術に挑戦してますよねぇ~。

ジブリ映画のうち私が劇場で観たのは2作品なんですが、
そのうちの1つは『となりの山田くん』。

いい作品だと思うんですが、興行的には失敗。
今回も製作費が50億(!)とか言われてますが、何とか元は取って欲しいなぁ。

23日から公開です。

b026b.jpg

こちらは過去の高畑監督作品のしおり。(文庫挿入/徳間文庫)

『火垂るの墓』(1988年)
『おもひでぽろぽろ』(1991年)
『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994年9月)
『ホーホケキョとなりの山田くん』(1999年)


展覧会あれこれ
b025.jpg

展覧会のしおりです。(店頭配布/10月6日、23日入手)

「魅惑の清朝陶磁」展:京都国立博物館、12月15日まで。

「昭和モダン 絵画と文学1926-1936」展:兵庫県立美術館、12月29日まで。

「戦国アバンギャルドとその昇華 変わり兜×刀装具」展:大阪歴史博物館、12月8日まで。

栞に写っている兜は、重文の黒漆塗桃形(モモナリ)大水牛脇立兜といい、
黒田長政が使っていたもの。

父親の黒田官兵衛の兜なんかも展示されているそうです。





東京バンドワゴン
b024a.jpg

現在放送中の「東京バンドワゴン」のしおりです。(店頭配布/日本テレビ/11月10日入手)

基本的にドラマは観ないので、詳しくないのですが、
KAT-TUNの亀梨和也さんが主演のドラマですね。

裏面は池田ユキオさんによる4コマ漫画。
全部で10種類ありますが、私の持っているのは亜美編だけ。

b024b.jpg

10月30日に紹介した栞の別バージョンです。(店頭配布/ブックウェイ/11月10日入手)

こちらは姫路の正統派?ゆるキャラ・しろまるひめです。



かわいいフェア
b023.jpg

かわいいフェアのしおりです。(店頭配布/求龍堂/11月4日入手)

求龍堂90周年記念。

上はたなかしんさんの作品、下は瀧下和之さんの「桃太郎図」より鬼と犬。

裏面は、國司華子さんのネコのイラストと三沢厚彦さんの作品が描かれています。



『ルームメイト』『利休にたずねよ』
b022.jpg

映画のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/11月10日入手)

『ルームメイト』は現在公開中。
中公文庫の今邑彩さんの作品が原案です。

『利休にたずねよ』は来月7日公開。主演は市川海老蔵さん。

原作は山本兼一さんの同名作(PHP文芸文庫)。
山本さんの作品は『火天の城』も映画化されましたが、どちらも原作は面白いです。

ただ、映画のほうはちょっと物足りなかったなぁ。
もっとも西田敏行さんや大竹しのぶさんの演技は素晴らしかったです。

今回の映画化も監督は引き続き田中光敏さん。一抹の不安が・・。




みんなの幻冬舎文庫
b021.jpg

幻冬舎文庫No.1決定戦!!のしおりです。(店頭配布/幻冬舎・日販/10月27日入手)

アンケートで“最高の幻冬舎文庫”を答えると、図書カード1000円分が100名に当たるキャンペーンを実施中。
12月12日まで。

個人的にはあまり購入したことのないレーベルなので、選択肢が限られるのですが、
片桐はいりさんのエッセイがNo.1ですかね。


そういえば、先月に日経文芸文庫が創刊されましたね。
期待の挿入栞は無し。残念。

創刊ラインアップの中では、
隆慶一郎さんの「花と火の帝」がお薦めですが、残念なことに完結する前に逝去され、絶筆となった作品。

大学時代に隆慶一郎さんの作品にハマり、その後、隆さんに大きな影響を与えられた、
網野善彦さん(歴史学者)の著作もいろいろ読み漁りました。
“士農工商”で一般にイメージされる人々以外に光を当てた内容が多いです。

新書や文庫で手軽に手に入りますので、読んで損はないかと思います。





宇宙皇子
b020.jpg

「異次元童話 宇宙皇子(うつのみこ)」のしおりです。(店頭配布/出版ワークス/10月28日入手)

1984年から始まり、98年に完結した藤川桂介さんの作品の再刊。
9月から順次発売されています。
今回のイラストは若菜等さんが担当。

「宇宙皇子」は今から20年ほど前、高校の図書館で手にしましたが、途中で挫折。
今なら楽しめるかなぁ。



ところでこのブログで時々、栞が入手しづらくなったと愚痴ってますが、
神戸の福家書店三宮店が今月19日で閉店するとのこと。厳しいなぁ。

地元の姫路駅周辺では実質、ジュンク堂書店しか残っていませんし、
三宮駅周辺でも紀伊国屋書店では栞を見なくなっていて、ジュンク堂のみ。
(アニメイト系は除きます。基本、買わないと貰えないので)

栞のためだけに大阪まで出るわけにもいかず、
私の栞ライフはジュンク堂でもってるようなものですね。

ジュンク堂が栞を置かなくなったら・・・・・・怖いわぁ。




kippis
b019.jpg

kippisのしおりです。(店頭配布/kippis/10月27日入手)

可愛いイラストで人気の北欧のブランドkippis。

kippisとはフィンランド語で乾杯!という意味だそうです。

kippisデザインの手帳などを宝島社が出しているので、宝島社の栞かも。



しおり情報

〈大阪・国立文楽劇場〉 現在11月公演を行っていますが、菓匠文楽の売店で文楽せんべい(箱入り)を購入すると、
               公演記念の栞が貰えます。 菓匠文楽のHPはこちら




「ストライク・ザ・ブラッド」ほか
b018.jpg

電撃文庫作品のカードしおりです。(店頭配布/TSUTAYA/10月27日入手)

TSUTAYAで電撃文庫を買うと貰える栞、10月分の全3種です。

「ゴールデンタイム」(竹宮ゆゆこ・著、駒都えーじ・イラスト)
「ブラック・ブレット」(神崎紫電・著、鵜飼沙樹・イラスト)
「ストライク・ザ・ブラッド」(三雲岳斗・著、マニャ子・イラスト)

裏面はこんな感じ
b018b.jpg





渡辺麻友さん
b017.jpg

渡辺麻友さん(AKB48)のクリアしおりです。(付録/スクエア・エニックス/11月1日入手)

今週の散財4冊目。昨日発売の「ヤングガンガンNo.22」の付録です。



しおり情報

〈全国・懸賞〉 映画『シャンボンの背中』のフィルム風しおりプレゼント。5名様。14日〆切。
         講談社のweb1週間にて。

〈愛知・図書館〉 名古屋市立の図書館全21館にて名古屋グランパスの栞を配布中。
          11月30日まで。全4種。名古屋市図書館のHPはこちら







プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: