しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
07 | 2013/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ヤンキー&ハーレム
a985.jpg

“ヤンキー&ハーレムLOVEフェア”のしおりです。(店頭配布/アスキー・メディアワークス/8月4日入手)

魔法のiらんど文庫の300タイトル突破記念。

裏面に、書き下ろしショートストーリーが読めるQRコードが付いています。

栞のイラストはwacoさんと文月路亜さん。



しおり情報

〈全国・楽天ブックス〉 26日から楽天ブックスで本を購入すると、乃木坂46のしおりが1枚貰えるそうです。
              全部で8種類。なくなり次第終了です。

〈全国・TSUTAYA) 9月1日からTSUTAYAでコミックを購入すると、オリジナルカードしおりが貰えるそうです。




スポンサーサイト
プライバシーマーク
a984.jpg

プライバシーマーク普及のしおりです。(店頭配布/日本情報経済社会推進協会/8月4日入手)

現在標語募集中とのことで、
金賞:電子書籍リーダ、入賞・図書カード5000円分。
平成24年12月14日〆切。・・・ん??

去年のでした。

ちなみに、金賞は
「個人情報守るなら、まずは確認Pマーク」だったそうです。

個人的には、個人情報に関して過剰反応しすぎでは、という気がします。

住所とか電話番号とかは、社会への接点として生じているもので、
隠す必要があるのかなぁ・・。

もちろんそれ以上の踏み込んだ情報は守られるべきですが。




講談社のカードしおり
a983.jpg

カードしおりの8月分です。(店頭配布/講談社/8月23日入手)

上は「七つの大罪」(鈴木央・画)、右側に講談社コミックの情報。

下は「L・DK」(渡辺あゆ・画)、右側に講談社別冊フレンドコミックの情報。

それぞれ切り離せるようになっています。
右下にはMPD130803、MPD130804とあり、配布日なのかな?



橋本関雪展
a982.jpg

橋本関雪展のしおりです。(店頭配布/兵庫県立美術館/8月10日入手)

地元神戸出身の画家、関雪の生誕130年記念。

巡回展ではなく、単独展とのこと。

栞の作品は、『摘瓜図』(1925年頃)

“豪腕画人 関雪登場”という宣伝文句なのですが、
何故豪腕なのか不明。

来月14日から10月20日まで。



山脇百合子さん
a981.jpg

山脇百合子さんのイラストのしおりです。(店頭配布/のら書店/8月4日入手)




プリズマ・イリヤ
a980.jpg

ひろやまひろしさんの漫画「プリズマ☆イリヤ」のしおりです。(店頭配布/角川書店/8月13日入手)

6月のアニメ化フェアの購入特典のプラ製しおりですね。
余ったものが配布されてました。

栞は全部で6種類です。


しおり情報

〈関西・演劇のしおり〉 最近、関西(といっても京都と大阪)の一部書店にて“演劇のしおり”が配布されているそう。
              6月15日から始まったそうで、今まで各劇団が個別に書店と交渉していたのを、
              公演情報サイト「Daily Fringe Guide Osaka」が窓口となって引き受けることに。
              (現在3公演が配布中みたい)
              演劇のチラシって凝っているのも多く、栞も面白そう。是非根付いて欲しいですね。
              (もっとも、私はほとんど入手できそうもないですが・・)


世界のペンのことなら
a979.jpg

日本輸入筆記具協会のしおりです。(店頭配布/8月4日入手)

そういう協会があるとは知りませんでしたが、
万年筆をはじめボールペンやシャーペンなど輸入筆記具を扱う各企業により1978年に設立されたそう。

毎年、日本筆記具工業会などと共同で、万年筆ベストコーディネイト賞も実施。
万年筆が似合いそうな有名人を選ぶという、よくあるものですが、
選出方法がちょっと変わってます。

一般投票もありますが、前年度の受賞者が推薦するという“友達の輪”システムを採用。

ちなみに、昨年の第9回の受賞者は、
一般投票枠が佐々木則夫さん(女子サッカー監督)と堀北真希さん(女優)。

推薦枠が、羽田美智子さん(女優。伊東四朗さん推薦)、井上由美子さん(脚本家。鈴木京香さん推薦)、
古田敦也さん(元プロ野球監督。岡田武史さん推薦)。

なかなかしぶい。会場での推薦コメントと受賞コメントはこちらに動画が掲載されてます。

今年の一般投票は8月31日まで受け付け中とのことで、
100名に“世界の筆記具”が当たるそうです。



ぶっちぎり!フェア
a978.jpg

3か月連続のぶっちぎり!フェア8月分のしおりです。(店頭配布/電撃文庫/8月13日入手)

8月度の全6種(No.7~12)のうち、4種を入手。

No.09 「マグダラで眠れ」(支倉凍砂・著、鍋島テツヒロ・イラスト)
No.10 「楽聖少女」(杉井光・著、岸田メル・イラスト)
No.11 「境界線上のホライゾン」(川上稔・著、さとやす・イラスト)
No.12 「僕と彼女のゲーム戦争」(師走トオル・著、八宝備仁・イラスト)



しおり情報

〈全国・雑誌) 本日発売の「プリンセスGOLD9月号」に青池保子さんの「修道士ファルコ」のクリアしおり。



オウマガドキ学園
a977a.jpg

「怪談オウマガドキ学園」のしおりです。(店頭配布/童心社/7月29日入手)

怪談のアンソロジー本とのこと。
栞のイラストは村田桃香さん。歩き読みはあぶないぞっていう絵。
スマホの歩き読みは本当に危ないですね。持ってませんが・・。

現在2巻まで発売中。10月に3,4巻が発売予定。

a977b.jpg

岩波ジュニア新書のしおり・追加分です。(店頭配布/岩波書店/7月29日入手)

以前紹介したのと合わせて15種類。まだまだありそうな気もします。




岡山理科大学
a976.jpg

岡山理科大学のしおりです。(店頭配布/岡山理科大学/8月4日入手)

岡山で入手した栞。
駅周辺には大手だけでも、三省堂、ジュンク堂、紀伊国屋、丸善、地元の本の森セルバとあり、
その他にも小規模な書店・古書店が多く、栞的には羨ましい地域です。

栞は、理大が2014年に50周年を迎える記念事業の一環で配布されているもので、全50種とのこと。

紹介したものを含め、10種類入手できましたが、まだ残り40種!無理・・。




信州上田フィルムコミッション
a975.jpg

信州上田フィルムコミッションのしおりです。(店頭配布/平安堂書店/8月7日入手)

信州上田FCさんのご厚意で頂いた、”映画のまち うえだ”の栞、全8種。感謝感謝です。
(本来は平安堂書店で配布されているものです)

映画の撮影風景などをデザインしたもので、映画名と撮影場所が記されています。
それぞれ、
『犬神家の一族』:柳町と市川崑監督。
『血と骨』:塩田中学校
『嫌われ松子の一生』:塩田中学校
『ゼロの焦点』:信州大学繊維学部講堂
『スパイ・ゾルゲ』:浦里小学校
『私は貝になりたい』:信州稲倉棚田
『たそがれ清兵衛』:矢出沢川河畔
『草の乱』:浦里小学校

私が映画の栞が好きなこともありますが、
今年のベスト1の栞セットになりそうな気がします。

近年はフィルムコミッションが各地に出来ていますが、結構大変みたい。
玉石混交な感じですが、信州上田FCさんは積極的に活動されているようで、
この栞も本当にいいですね。(栞を出すのも、許可を取ったり面倒なんじゃないかなぁ)

ロケによく使用される浦里小学校は、残念ながら昨年火災に見舞われたそうです。
(浦里小学校の子どもたちを守ろう!のHPはコチラ
ただFCさんによると、『草の乱』に使用された場所は免れたそうで、今後も活用していきたいとのこと。

撮影場所に興味を持ちながら、映画を楽しむのも面白いですね。




松江の旅②書店編
a974a.jpg

今井書店のしおりです。(店頭配布/今井書店/8月3日入手)


2日目の朝は残念ながら雨でしたが、ホテルでビニール傘を貰って市内観光。
といっても、米子城跡に行ったぐらいですが・・。

往時は四重五階の大天守と一回り小さい副天守があるという立派なものだったそうですが、
他の城と同様、明治期に払い下げられ石垣を残すのみ。

雨の中、足元に気を付けながら20分ほど登ると城跡に。
さすがに誰もいませんでしたが、眺めは良かったです。


さて、松江駅周辺の書店事情ですが、
地元の老舗の今井書店が駅ビルとお城の近くにあり、 駅南東のショッピングセンターに未来屋書店。
他に時間の都合上、行けなかったり閉店してたりしてましたが、2,3の書店もあるようで、
大型店はないものの、けっこう充実。

逆に、米子駅周辺は駅前がビジネスホテル街ということもあり、寂しい状況。
駅のキヨスク書店とショッピングセンターの小さな書籍コーナーぐらい。
(商店街に古本屋が2店ありましたが、開店前でした)

そんな中、小さいもののカフェを併設した杉島書店がいい感じ。
a974b.jpg

「佐伯祐三とパリ」展のしおり?(店頭配布/島根県立美術館/8月4日入手)

市内散策後に杉島書店で一服した際に入手しました。

今回の旅では、ほとんど栞が手に入らなかったので、
帰途に岡山で下車して一巡り。その時の栞は後日紹介します。


しおり情報

〈全国・小学館〉 サンデー夏の大感謝祭「爆サン」開催中。週刊少年サンデーとコミックの応募券2枚で、
           Bコースのクリアしおりセット全27種が200名に当たります。詳細はコチラ

〈全国・コミック〉 9日発売の「進撃の巨人11巻」をローソンで購入すると大判しおりが貰えるそう。
         TSUTAYAで購入するとカードしおりが貰えるそう。

しおり頒布会  第2回頒布会を今月末に行います。興味のある方はご連絡下さい。



松江の旅①小泉八雲
a973a.jpg

小泉八雲記念館で購入・へるんの栞セットです。(土産/8月3日入手)

島根か鳥取か分からないけどそこら辺に行きました。」っていう自虐コピーの土産が人気だそうですが、
私もそこら辺に行ってきました。(観光が松江(島根)、宿泊が米子(鳥取))

18切符を使い、伯備線で揺られること約7時間で松江着。

お城まで少し距離があるのと、電車疲れでレイクラインバスを利用し、八雲記念館で下車。
(1回200円。佐野史郎さんのアナウンスが車内に流れてました。)
その後は街を散策しながら駅に戻ることに。

冒頭に紹介した「へるんの栞」は、1セット200円。
(小泉八雲=ラフカディオ・ハーンは、当時ヘルン先生と親しまれていたそうです)

左から、八雲一家、八雲著のちりめん本「日本お伽噺」、小泉家の家紋、愛用の虫籠、八雲筆の「蛙」。

ちりめん本は、先日古本の市場にまとめて出品されたというニュースを聞いた気がしますが、
明治期に作られた、特殊加工して布地(縮緬)のような肌触りにした和紙を使用した本。
外国人の日本土産として人気が出たそうで、日本のおとぎ話が書かれたものが有名。
八雲とちりめん本については、こちらもどうぞ→放送大学附属図書館のHP

家紋は八雲の祖先の旗標を元に創作した、「下げ羽の鷺」。

a973b.jpg

松江城の登閣券。イラストは地元出身の園山俊二さん。

現存する12の天守の1つ。文化財なので、クーラーはないし、階段は急で、
汗をかきかき最上階の望楼へ。風がよく通って気持ちいい!

他に、歴史館やホーラエンヤ伝承館(船神事)などを見学。
当日は山陰一の花火大会・松江水郷祭が催され、夕方ともなると駅から会場へと向かう浴衣姿の人々が。
宿を米子にとっていたこともあり、逆行しながら松江を後にして1日目終了。



少年H
a972a.jpg

映画『少年H』のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/7月16日入手)

今月10日公開の作品。
朝日系列を中心に新聞・TVなどで宣伝も盛んですね。
モスクワ映画祭の特別作品賞受賞で、号外風宣伝パンフも書店にありました。

水谷豊さんと伊藤蘭さん夫妻が、映画でも夫婦を演じているのも見もの。
演技指導とかやり辛そう・・・。

a972b.jpg

こちらは妹尾河童さんの原作本のしおり。(文庫挿入/講談社/1999年)

イラストも多分河童さん。
下巻分は持っていませんが、多分大きくなった少年Hが描かれてます。


次回更新は6日(火)になります。


しおり情報

〈大阪・展覧会〉 15日から梅田の大丸ミュージアムで「ザ・マクロス原画展」開催。
           金属栞などが付く前売り券(1800円)が販売中。






プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: