しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
05 | 2012/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

来年は岩波書店創業百年
a775.jpg

岩波書店のしおりです。(店頭配布/岩波書店/6月27日入手)

来年、創業100年とのことで、“読者が選ぶこの1冊”の投票を呼び掛ける栞。
左から、新書・現代文庫・文庫・ジュニア新書。

入手したのは4枚ですが、岩波少年文庫編もあるかもしれません。

投票締切は9月30日。抽選で1000名に図書カードが当たります。


すぐには思い浮かびませんが、現在読んでいるのは「明治百話・上」(篠田鉱造、岩波文庫)。

市井の人々の話を集めたもので、なかなか面白いです。

冒頭を飾るのは、首斬り朝右衛門。

明治14年に斬首刑が廃止になるまで首斬り役を務めたうちの一人、
山田朝右衛門吉亮(よしふさ)の座談です。

ゴルフの“チャーシューメン”(「あした天気になあれ」ちばてつや)ではないですが、
斬る時の呼吸があり、涅槃経の四句を心の中で唱えたそう。

柄に手をかけ、右手の人差し指を下す時「諸行無常」、中指を下す時「是生滅法」、
薬指を下す時「生滅滅已」、小指を下すが早いか「寂滅為楽」という途端に首が落ちるとのこと。

ところで、首斬り役人には武芸だけが求められそうですが、
辞世の句が分からないと恥ずかしいうえ、相手にも失礼になるので、“文”にも励んだとのこと。

吉亮の父・吉利(よしとし)は吉田松陰を斬っていますが、
松陰の辞世の句、
“親を思ふ 心にまさる 親心 けふの音信(おとずれ) 何と聞くらむ”
に感銘を受け、たびたび皆に詠って聞かせたそうです。

分かりやすい、涙をさそう歌ですね。

ちなみに、松陰の辞世の句としては
“身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂”
というのも知られています。



スポンサーサイト
集英社のナツイチ
a774.jpg

集英社文庫の夏のフェアのしおりです。(文庫挿入/集英社/6月27日入手)

今年も山田詩子さんのはち&テントーくんのイラストです。
多分全部で8種類。
海賊Ver.がおそらく枚数が少なそう。

購入したのは「宵山万華鏡」(森見登美彦)。
この時期、積読本が増えますね。


それからナツイチとは別ですが、集英社文庫は今年で創刊35周年ということで、
“私の好きな集英社文庫”キャンペーンを実施中。

作品名と感想を送ると、合計3500名にぬいぐるみやブックカバー、図書カードが貰えます。

ちなみに、私の好きな作品は
「一夢庵風流記」(隆慶一郎)。
この方の時代小説は大好きなのですが、その中でもピカイチかと。
(もっとも、私が持っているのは新潮文庫版なんですが・・・)



サントリー
a773.jpg

SUNTORYのしおりです。(店頭配布/サントリー/6月18日入手)

サントリーが協賛する読書感想文全国コンクールの宣伝栞。

毎年デザインが不変ですが、裏面の第〇〇回だけが加算されています。
今年は第58回。

私は読書は好きですが、感想文は大の苦手。
規定枚数をこなすのに四苦八苦してました。




角川文庫の祭フェア
a772.jpg

恒例の角川文庫の夏のキャンペーンのしおりです。(文庫挿入/角川書店/6月23日入手)

栞は、私が調べた限りでは御神輿と獅子舞の2種。

ただ、裏面はおみくじ風の作品紹介になっており、何種類あるかは不明です。
私が入手したのは、「こころ」(夏目漱石)と「きみが見つける物語」(角川文庫編集部編)。

頑張ってHP上のおみくじコーナーをチェックしたところ、39作品まで確認。
実際に栞になっているのかは分かりませんが、結構ありそうです。


ちなみに購入したのは、このために買い控えしていた
「天地明察 上・下」(冲方丁・著)。

読み始めたばかりですが、面白いのは間違いなさそうです。




ヴェネツィア展
a771.jpg

「世界遺産ヴェネツィア展」のしおりです。(店頭配布/京都文化博物館/6月16日入手)

来月28日から9月23日まで、京都文化博物館にて開催。

“アドリア海の女王”とも称された、ヴェネツィア共和国。
地中海交易の拠点として栄華を誇った水の都の遺産の数々が展示されるそうです。

ちなみに、仮面舞踏会はヴェネツィア発祥とのこと。
現在でも毎年2月に行われるカーニバルは、街中に仮装した人々があふれ、
世界中から観光客が訪れるそうです。





君と僕
a770.jpg


堀田きいちさんの漫画「君と僕」のしおりです。(付録/スクウェア・エニックス/6月19日入手)

月刊Gファンタジー7月号の付録です。
クリップタイプのプラ製栞、全14種。

雑誌の付録栞はできるだけチェックするようにしているのですが、
コンビニ限定とかになると見落とすことも。

先月の月刊サンデーはセブンイレブン限定で歴代のあだち充作品の栞が付録になっていたようで、
非常に残念。まあ、先月号は早々に店頭から無くなったようなので、仕方ないかとも思いますが、
頑張って巡回せねばと思った次第。




柴犬のしおり
a769.jpg

図書カードのしおりです。(店頭配布/6月8日入手)

すだれ、金魚鉢、すいか、麦藁帽。
夏ですねぇ~。

もらうと本が読みたくなりますが、
昨年度(H23.4.1~H24.3.31)は発行高が21年ぶりに600億円を下回ったそう。

本屋の数も減ってますし、ネット書店や電子書籍では使えないですもんね。
私は大歓迎ですよ。





絶対可憐チルドレン
a768.jpg
漫画「絶対可憐チルドレン」のしおりです。(店頭配布/小学館/5月26日入手)

現在週刊少年サンデー誌上にて連載中。
超能力者達が主人公の作品です。

作者の椎名高志さんといえば、私の世代では「GS美神 極楽大作戦!!」ですね。
こちらは除霊師が主人公。

好きな作風の漫画家さんです。

ところでサンデーといえば、先日栞も紹介した「MIX」(あだち充)がえらい盛り上がっていますね。
6月号で第1話が掲載されましたが、一部で入手困難となったそうで、
7月号で再掲載+週刊少年サンデーにも掲載。

作者にかかるプレッシャーも相当なものでしょうねぇ。大変だぁ~。

ちなみに作者いわく、
いとうあさこもザ・たっちも今のところ登場予定はないそうです。





タロットしおり6月分
a767.jpg

コバルト文庫の6月度のタロットしおりです。(店頭配布/集英社/6月4日入手)

栞の作品は、
「英国マザーグース物語 新聞広告には罠がある!?」(久賀理世・著、あき・イラスト)

タロットカードとしては、
「ⅩⅣ TEMPERANCE 節制」

このシリーズも今回で19枚目。
残り3枚、ゴールは間近です。




SAMURAI BLUE
a766.jpg

サッカー日本代表のしおりです。(キリン/2011年?)

幸先の良いスタートを切った、日本代表。
今日のオーストラリア戦も楽しみですね。

栞はホログラム加工がしてあり、綺麗にスキャンできてません。
何かの特典で配布されていたのか、詳細は不明です。

基本的に3枚とも同じなのですが、微妙な違いが。

左端は、正視すると2011年の対北朝鮮戦の先発メンバー。
右2枚は、同年の対韓国戦のメンバーが映ります。

真ん中はSAMURAI BLUEが黒字なのに対し、
右は白字&羽根付き。

他に、なでしこジャパンの栞も1枚持っていますが、
全部で何パターンあるのでしょうか・・・?






スタジオライフ『天守物語』
a765.jpg

『天守物語』のしおりです。(店頭配布/劇団スタジオライフ/5月8日入手)

泉鏡花の戯曲の舞台化。

戯曲の粗筋は、白鷺城の天守閣に住まう・魔のもの富姫が、春日山城主の生首を土産に猪苗代から
来訪した亀姫に、白鷺城主の白鷹を贈る。城主の命でいなくなった鷹を探しに天守閣に上ってきた
鷹匠姫川図書之助が富姫と恋に落ち、事態は思わぬ方向に・・・というもの。

地元・姫路城(白鷺城)が舞台じゃないですか!
(恥ずかしながら、知りませんでした・・・)

「天守物語」は何度も舞台化・映像化されているようで、
今春もシネマ歌舞伎として、富姫:坂東玉三郎、図書之助:市川海老蔵で上映されています。

今回の公演を行う劇団スタジオライフも全員男性の劇団で、富姫役を男性が演じます。
音楽を「BACK-TICK」の今井寿さん、美術を宇野亞喜良さん(栞のイラストも)が担当され、
何とも怪しげな作品に仕上がってそうです。

東京公演は6月9日~24日、紀伊國屋ホール。
大阪公演は6月30日~7月1日、梅田芸術劇場シアタードラマシティ。




ピサロと印象派展
a764.jpg

「ピサロと印象派展」のしおりです。(店頭配布/兵庫県立美術館/6月4日入手)

現在開催中の同展覧会、8月19日まで。

栞の絵画はカミーユ・ピサロの「エラニーの農園」(1885年)。
(エラニーは晩年に住んだ、パリ郊外の町)

ピサロは印象派の長老的存在。
温厚な人柄で若い画家達に慕われていたそうです。

その人柄は作品にも表れていたようで、当時のある批評家は、
ピサロとモネ、シスレーの3人の風景画家を較べて、
「もっとも真実味にあふれて、正直である」と評したそう。

そういうピサロの作品約90点を含め、106点が展示されます。




あだち充「MIX」ほか
a763.jpg

月刊少年サンデーのしおりです。(店頭配布/小学館/5月29日入手)

厚紙製の4枚つづりの栞セット。
上から、
あだち充「MIX」、佐原ミズ「鉄楽レトラ」、
石井あゆみ「信長協奏曲」、大須賀めぐみ「Waltz」(伊坂幸太郎・原作)。

あだち充さんの新作は、「タッチ」の26年後が舞台ということで話題の作品ですね。
「タッチ」の登場人物が出てくるのか不明ですが、
栞の3人は、明青学園野球部の立花兄弟とその1歳下の妹、とのこと。





ローソン花の種
a762.jpg

花の種がついたしおりです。(店頭配布/ローソン/6月4日入手)

今年で多分3年目の配布イベント。
6月5日の環境の日に合わせて各店先着100名、合計115万名に配られます。
(私が入手した店舗はフライングしたもよう)

アヤテクノさんのイラストで、ひまわりとナデシコの種の2種類です。




一番くじ・「夏目友人帳」
a761.jpg

一番くじ「夏目友人帳~本屋玉手箱~」のしおりです。(店頭配布/一番くじ/5月27日入手)

最近、栞収集家にとって新しいジャンルとなりつつある一番くじ。
今月9日から始まるこのくじも、栞が貰えます。

栞は9種類ですが、雑誌「LaLa」(緑川ゆきさんが連載中)を買うと貰える1種を合わせ、
全部で10種。合わせると、裏面が1枚の絵になります。

(ちなみに、LaLaを買うと貰えるのが、今回紹介した栞。店によっては店頭配布しています)

くじって、目玉賞品が出てしまうと、売れなくなってしまいますが、
一番くじは、ラストワン賞があるそうですね。
最後の1枚をひくと必ず目玉賞品が貰えるので、
残り少なくなるとファンのまとめ買いを促すという、心憎い?やり方。

書店との相性も良いようで、最近はどの店でも扱っている印象がありますね。
栞の配布も増えてきて、コレクターとしては嬉しいです。



しおり情報:いわしまつりの栞。

ピンポイントな情報ですが、6月1日から7月1日まで千葉県銚子市で入梅いわしまつりを開催中。
市内14店舗でいわし丼膳(1200円~1600円)を食べると、栞が1枚貰えるそうです。

栞は、伝統工芸の「銚子ちぢみ」のいわし柄をイメージしたもので、全部で3種類ぐらいあるみたい。
お近くの方はどうぞ。





プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: