しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
04 | 2012/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

「あさひなぐ」
a760.jpg

こざき亜衣さんの漫画「あさひなぐ」のしおりです。(付録/小学館/5月29日入手)

現在発売中の「月刊!スピリッツ7月号」の付録。
透明プラ製です。

「あさひなぐ」は薙刀をテーマにした作品とのこと。




スポンサーサイト
児童書のしおり
a759.jpg

児童書・絵本のしおりあれこれ。(店頭配布/あかね書房&岩崎書店/5月1日&26日入手)

左2枚はあかね書房で、
「かいぞくポケット」(寺村輝夫・作、永井郁子・絵)、「こまったさんのオムレツ」(寺村輝夫・作、岡本颯子・絵)。

右は岩崎書店で、
「はじめてのめいさくえほん」(いもとようこ・絵)。

どちらも昔から同じ栞が定期的に配布されているような気がします。
(あかね書房のは1980年代、岩崎書店のは2000年に発売。)

児童書、特に絵本は何年経っても古びないのが良いですね。




咲ー阿知賀編
a758.jpg

「咲ーsakiー阿知賀編」のしおりです。(付録/スクウェア・エニックス/5月26日入手)

現在発売中の雑誌「月刊ビッグガンガンVol.6」の付録。

小林立さんの漫画のスピンオフ作品ですね。(麻雀漫画です)
五十嵐あぐりさんの作画。本編よりも絵が凝ってます。






タロット栞5月分
a757.jpg

コバルト文庫のタロット栞5月分です。(店頭配布/集英社/5月8日入手)

「ひみつの陰陽師3」(藍川竜樹・著、みずのもと・イラスト)

タロットカードとしては「ⅩⅩⅠ The WORLD(世界)」。




西のスカイツリー?
a756.jpg

これは名古屋テレビ塔のしおりです。(1989年)

(通天閣の栞を紹介する予定でしたが、通天閣で売っておらず(展望台の売店は確認してませんが)、
栞がはいっているという大阪土産“大阪あんプリン”も新大阪駅で見つからず・・)

スカイツリーには水族館もあるそうですが、
タワーと水族館の組み合わせは通天閣が先輩って知ってました?

1968年夏、地下に約300種1万匹を飼育する水族館がオープン。
目玉は50匹の“殺人鬼ピラニア”。
エサは毎日鯨肉2キロと金魚200匹。ただ、世話をしていたのが即席飼育員となった通天閣社員。
怖くてちゃんと水槽の掃除をしたことが無かったそう。

それなりに人気があったそうですが、オイルショックで必要量の灯油を売ってもらえず
最後はコイとフナだけになり73年に閉鎖。
その後紆余曲折あり、現在は松竹の地下劇場になってます。

ところで通天閣と言えば年末の干支の引き継ぎ式。(ローカルニュースかな?)

1956年の開業当初から始めたそうですが、隣の天王寺動物園から借りていたのが
3年目に市からクレーム。急きょ自前となり、犬は問題ないものの、イノシシがどうしたものか・・。

運よく飼育していた市民から借りれたものの、怖くてオリから出せず、この年だけ玄関で式典。

下町のおっさん達が悪戦苦闘したのが通天閣の歴史ですね。
現在は再び人気の通天閣、スカイツリーの1/6の高さですが、
週末ともなると1時間近く並ぶ覚悟が必要です。

ちなみに2代目通天閣を設計した故・内藤多仲さんは名古屋テレビ塔も設計されてます。




KAPPEI
a755a.jpg
a755b.jpg

ヤングアニマルで連載中の「KAPPEI(勝平)」のしおりです。(店頭配布/白泉社/5月5日入手)

絵の下手なことで定評のある(?)若杉公徳さんの作品。
「北斗の拳」のパロディ。ラブコメだそうです。

白泉社の花とゆめコミックスをイメージしたデザインで、全10種です。



ところで、旭天鵬関が優勝しましたね。
37歳での初優勝。涙ぐみながら支度部屋に戻る関取を、
同じく涙目の付き人達が迎えるのを見ていたら、こちらも目頭が熱くなってきました。

不甲斐ない大関陣や、栃煌山関の大事な取り組みが不戦勝になるなど、
何かと問題のあった場所でしたが、終わりよければ全て良し。

優勝インタビューも良かったですねぇ~。



不思議の国のアリス
a754.jpg

リスベート・ツヴェルガー絵本原画展のしおりです。(店頭配布/「えき」KYOTO/5月1日入手)

JR京都駅の伊勢丹にある美術館「えき」KYOTOにて23日から6月17日まで開催。

オーストリアの絵本画家リスベート・ツヴェルガー(1954~)の作品展です。

栞の「アリス」の他、「オズの魔法使い」や「おやゆびひめ」「賢者のおくりもの」など、
約150点の原画が展示とのこと。



えー、また一店、地元の書店が閉店することが判明。
時々、他の店では見かけない栞を置いてあることもあり、重宝していたので、残念。
(この店で栞を貰うときは、売上貢献のため、何かしら購入していたんだけど・・・)

現在、ブログで紹介する栞の半数ぐらいは、神戸や大阪に出たときに入手したもので、
ますます地元での収集が厳しくなりそうです。
(この愚痴、毎年書いてますねぇ・・・)




虹色ほたる
a753.jpg

映画『虹色ほたる』のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/5月12日入手)

原作は川口雅幸さん。監督は宇田鋼之介さん。
“感動のタイムスリップファンタジー”とのこと。

19日から公開です。

未来屋書店の栞では珍しく、割引券付き。




一番くじ「偽物語」
a752a.jpg

一番くじプレミアム「偽物語」のしおりです。(店頭配布/一番くじ/5月13日入手)

今月26日から開始の一番くじの宣伝栞。西尾維新さんの「偽物語」です。
何がプレミアムかというと、値段。1回800円です。

くじを引くと貰える栞は、全6種とのこと。
栞目的にくじを引く人はいないと思いますが、800×6=4800円かかりますね。

a752b.jpg

以前紹介した、一番くじ「ジョジョの奇妙な冒険」のしおりです。(店頭配布/一番くじ/5月5日入手)

くじを引くと貰える栞ですが、お店によっては店頭で配布してくれます(余りもの?)。
さすがに全10種を入手するのは無理っぽいですが。




仏教の来た道
a751.jpg

「仏教の来た道ーシルクロード探検の旅」展のしおりです。(店頭配布/龍谷ミュージアム/5月1日入手)

京都・西本願寺の向かいにある龍谷ミュージアムで開催中。
“大谷探検隊”が日本にもたらした資料を中心に、仏教伝播の歴史を学べる特別展です。

栞のえらくハンサムな像は、弥勒菩薩。
偶像の無かった仏教に、初めて仏像を誕生させたガンダーラの仏教美術です。
西暦2,3世紀のもの。

会期は7月16日まで。




電車で見つけたフォトスポット
a750.jpg

3社合同フォトコンテストのしおりです。(店頭配布/写ガール×ランドネ×駅すぱあと/5月1日入手)

「電車で見つけたフォトスポット」がテーマのコンテスト。

左:ランドネ賞「線路だより」
   鹿児島のJR指宿枕崎線・西大山駅構内(無人駅)で撮られた写真。奥に見えるのは、開聞岳。

右:写ガール賞「静謐」
   千葉の銚子電鉄・君ヶ浜駅の近く、犬吠崎君ヶ浜の写真。

もう1枚、駅すぱあと賞のしおりがあるはずですが、未入手です。


一時期、旅先でいろいろ写真を撮っていましたが、最近は全くです。
旅の思い出は頭の中にということですが、単にセンスがないだけですね。



『テルマエ・ロマエ』変形しおり
a749.jpg

漫画『テルマエ・ロマエ』のしおりです。(店頭配布/エンターブレイン/5月5日入手)

私の近隣の書店では、コミックを買わないと貰えない店ばかりなので、ヤフオクで入手。

ヤマザキマリさんの、古代彫刻をパロディにした各巻表紙イラストが栞になっています。

左から、
ドリュポーロス(槍を持つ人):第1巻。
ミロのヴィーナス:第2巻。
ラオコーン像:第3巻。
???:(表紙イラストではない)。
阿部寛:映画。

ラオコーン像が秀逸ですねぇ。
ラオコーンは、トロイの木馬がギリシア軍の罠だと暴露しようとしたので、
女神アテナが遣わせた海蛇に襲われるトロイアの神官。

海蛇に襲われ、苦悶の表情を浮かべている作品がシャンプーハット・・・。
泡が目に入った??





イッツ・ア・スモールワールド
a748.jpg

絵本「イッツ・ア・スモールワールド」のしおりです。(店頭配布/講談社/4月28日入手)

ウォルト・ディズニー生誕110周年とのこと。

ディズニーランドの人気アトラクションを描いた作品です。
詩:アーサー・ビナード、絵:周彦儒(ジョーイ・チョウ)。





キティ×野いちご
a747.jpg
ケータイ小説サイト野いちごのしおりです。(店頭配布/スターツ出版/4月28日入手)

ハローキティとのコラボで、いちごのリボンと服が可愛らしいですね。
紙製のクリップタイプです。

キティちゃんは1974年に誕生(私より先輩ですね)。
本名はキティ・ホワイト。イギリス生まれ。
アップルパイが大好物だそうです。




京都・春の古書大即売会
a746a.jpg

古い映画のしおりです。

昨日から開催されている京都の古本市に行ってきました。
約40店舗が参加する大規模なもので、期待してたのですが、
“紙もの”を出品している店がほとんどなくあきらめモードに。

ただ1店舗(名前忘れてしまいました・・)、絵葉書を含め大量に
“紙もの”(寸葉と言うそうです)を出しており、いろいろ物色してきました。

上記の栞(2枚で300円)は、神戸学生映画同好会主催のためシンプルな出来ですが、

左:『アンデルセン物語』(1952年製作)、栞の女優はバレエ・ダンサーのジジ・ジャンメール。
右:『シンデレラ姫』(1950年製作)

裏面は無地です。

a746b.jpg

左:官房保健課のしおり。(300円)
   裏面はトラホームと近視の予防について書かれています。
   トラホーム(トラコーマ、顆粒性結膜炎)は今では聞きなれない感染症ですが、途上国では今でもこれにより失明する人が
   多い病気です。
右:舞妓さんのしおり。(300円)
   中に三角形の舞妓さんの写真栞が入ってますが、袋の方が趣があっていいです。





プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: