しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
12 | 2012/01 | 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

桜ノ杜ぶんこ
a702.jpg

桜ノ杜ぶんこのしおりです。(文庫挿入/一二三書房/2012年1月発行)

今月創刊されたライトノベルの文庫です。
栞の作品は「かんづかさ」(くしまちみなと・著、やすゆき・イラスト)。
文庫の表紙イラストと同じデザインです。

帯の“おじゃましおり付き”に釣られて購入しましたが、
確かにおじゃまなデカさ。

デカすぎて、正直、栞とは思えない・・・。
一応各作品に表紙イラストの栞が挿入されるようですが、
収集意欲は湧かないかなぁ。




スポンサーサイト
魔法のiらんど文庫
a701_20120128203102.jpg

魔法のiらんど文庫のしおりです。(店頭配布/アスキー・メディアワークス/1月18日入手)

Pinklatteとのコラボ栞。
(中高生向けのファッションブランドらしいです。)

ケータイ小説に限らず、横書きの作品は読む気が削がれます。
って、このブログも横書きですが・・。




集英社文庫35周年
a700a.jpg

集英社文庫の35周年記念のしおりです。(店頭配布/集英社/1月21日・23日入手)

今月発売の文庫にも挿入されています。
今年一年の限定栞ですね。

a700b.jpg

裏面です。




「にがくてあまい」再び
a699.jpg

小林ユミヲさんの「にがくてあまい」のしおりです。(店頭配布/マッグガーデン/1月9日23日入手)

入手済みだと思っていたのですが、昨年配布されたものと違ってました。
コミックス4巻の発売記念に配布された栞で、全2種。

裏面は、前回同様レシピ集で、今回は春・夏編。
「新玉ねぎ丼」と「モロヘイヤとオクラの王様スープ」になってます。

新玉はおいしいですよね。こちらでは淡路島産が有名。
シンプルに薄くスライスしただけの新玉サラダが、甘みもあり好きです。



口紅のとき
a698a.jpg

今月?発売された「口紅のとき」のしおりです。(店頭配布/求龍堂/1月15日~21日入手)

著者は角田光代さん。写真は上田義彦さん。

イラスト等はなく、文字だけながらも目を惹くデザイン。

a698b.jpg

裏面です。作品からの抜粋文が載っています。

4種類入手しましたが、全部でいくつあるかは不明。
ただ、作品は8つの短編から構成されていますので、もしかしたら・・・。






居眠り磐音
a697.jpg

「居眠り磐音シリーズ」(佐伯泰英・著)のしおりです。(文庫特典/双葉社/2011年1月発行)

今月発売された「居眠り磐音江戸地図」(文庫サイズ)に付いていた特典。
シリーズ作品を1冊も読んでないのに買ってどうするんだと、
我ながら呆れる思いですが、小宮山逢邦さんの切り絵が魅力的で・・・。

左から、
坂崎磐音(浪人)、おこん(町娘)、小林奈緒(元許嫁、のち花魁)、
金兵衛(長屋の差配)、笹塚孫一(南町奉行所与力)、由蔵(番頭)。

ちなみに10周年フェアの帯がついた既刊作品に色違いの栞が挿入されています。
第1~5、31~37巻に磐音しおり。
第6~10巻におこん。
第11~15巻に小林奈緒。
第16~20巻に金兵衛。
第21~25巻に笹塚孫一。
第26~30巻に由蔵。

それと、今月発売の38巻から1種類ずつ挿入予定とのこと。



昨日、BSで久しぶりに「開運!なんでも鑑定団」(本放送は昨年9月)を見ていると、
“しおりコレクター”の方が出演されていて、テレビに釘付けになりました。

ヨーロッパのアンティークものを中心に収集されている、東京の猪又さんというお方。
コレクションは1万点以上で中には一つ十数万という品も。
(それ一つで、私の全コレクションがあっさり買えちゃいますね・・・・)

出演されていたのは「幻の逸品買います」コーナー。
大正11年ごろに発売された江崎グリコのおまけ第1号の栞を5000円で、と募集されてました。
(どういうものか知りたい方は、江崎記念館のおもちゃの歴史で検索してください。)

うーん、これは私も欲しい!お金はないけど(笑)。





平清盛
a696.jpg

「平清盛」展のしおりです。(店頭配布/神戸市立博物館/1月15日入手)

来月25日から4月8日まで。
国宝の「平家納経」(厳島神社・蔵)などの平家ゆかりの品が展示されます。

大河ドラマの方は、うちの知事さんがあれこれ文句をつけてますが、
私の地元・姫路は清盛さんとはほとんど関係ないんですよねぇ。

地元がNHKに猛プッシュしているのは「黒田官兵衛」。

小寺家の重臣の子として姫路に生まれ、主君が討伐された後は信長の家臣として、秀吉の与力に。
その後、秀吉の参謀として戦国時代を生き抜き、大分県中津の領主となり、中津城築城。
息子長政の論功行賞で福岡に移って、以後黒田家は明治まで筑前藩主に。
(中津には姫路町という地名があるそうです)

悪くないと思うんですけどね。どうでしょう。
お城の修理が終わる、平成27年ごろにお願いします。




こけしおり
a695a.jpg

こけしのしおりです。(売品/1月15日入手)

昨日、神戸市立博物館の「日本絵画のひみつ」展を観に行った際に、ミュージアムショップにて購入。

展覧会の内容とも神戸とも全く関係がありませんが、
岡山出身の2人によるデザイン・ユニット「cochae」(コチャエ)による作品。
定価525円でした。
a695b.jpg

使い方です。本をめくると「こけしおり」が立ち上がる、可愛い栞。

ちなみ「コチャエ」は、岡山の民謡の節回しから採ったそうです。




しおり情報①
現在発売中の「月刊コミックジーン2月号」に「アクエリオンEVOL」のビッグクリアしおりが付録に付いています。
今月から3号連続とのこと。


中国嫁日記
a694.jpg

「中国嫁日記」(井上純一・著)のしおりです。(店頭配布/エンターブレイン/1月9日入手)

国際結婚をネタにした漫画作品。人気ブログの書籍化とのこと。

「イタリア家族」(ヤマザキマリ・著)や「ダーリンは外国人」(小栗左多里・著)、
「インド夫婦茶碗」(流水りんこ・著)など、このジャンルは楽しい作品が多いですが、
こちらは作者が男性(夫側)っていうのが変わってますね。

文化の違いって面白いものですが、
夫婦ともなると結構大変でしょうねぇ。




魔弾の王と戦姫
a693.jpg

「魔弾の王と戦姫」のしおりです。(雑誌付録/メディアファクトリー/2012年2月号)

現在発売中のコミックフラッパー2月号の付録。

初めて購入した雑誌ですが、今回紹介したラノベの漫画化作品から
新谷かおるさんや聖悠紀さんといったベテラン作家さんの作品まで、
幅広い作品群のコミック誌です。

栞の作品は、よし☆ヲさんのイラスト(原作・川口士)。
(漫画化は柳井伸彦さんが担当)




ガガガ文庫8・9月分
a692a.jpg

ガガガ文庫8・9月分のしおりです。(応募者プレゼント/小学館/12月28日入手)

左から
「灼熱の小早川さん」(田中ロミオ・著、西邑・イラスト)
「とある飛空士への夜想曲・下」(犬村小六・著、森沢晴行・イラスト)
「魔王が家賃を払ってくれない」(伊藤ヒロ・著、魚・イラスト)

「とある~」はラノベには珍しいシリアスシーンのイラスト。
いいですね。
「魔王が~」はいかにもラノベなイラスト。
嫌いじゃないです。



以下は今年入手したミニカレです。
a692b.jpg





タロットしおり1月分
a691.jpg

コバルト文庫のタロットしおり1月分です。(店頭配布/集英社/1月2日入手)

昨年の1月に配布された第1弾が「月の瞳のエゼル」でしたが、
今回は同じ著者による作品「贅沢な身の上 いざ、ときめきの桃園へ!」。
イラストは犀川夏生さん。

中華風世界を舞台にしたラブコメだそうです。




話は変わりますが、先日紹介したメディアワークス文庫2周年キャンペーンに応募しようかと、
気になってた「ビブリア古書堂の事件手帖」(三上延・著)の1・2巻を購入。

一応ミステリー物(安楽椅子探偵風)ですが、
古書(わりと最近のものも)や古本屋の知識がちりばめられ、本好きにはたまらない内容。
どろどろした描写もなく、爽やかな読後感。続刊が待ち遠しくなりました。

私がへぇ~と思ったのは、「時計じかけのオレンジ」の原作本の話。
映画しか観たことがなかったので、びっくりです。
著者はどういう気持ちで映画を観たんでしょうねぇ。
おすすめです。



スマホを入手!
a690a.jpg
a690b.jpg

スマートフォンのしおりです。(店頭配布/NTTドコモ/2011年)

昨年の6,7月ごろに愛知県下で配布された栞。
ドコモショップにこの栞を持っていき、アプリを体験すると、
1000円の図書カードが1000名に当たるキャンペーンをしていたそうです。

もちろん実物は持っていません(笑)。



栞情報①
4日に発売された、漫画雑誌「コミックフラッパー2月号」の付録としてクリア栞が付いてます。
実物を紹介するつもりでしたが、売切れたのか扱ってないのか入手できず・・・。


麒麟の翼
a689.jpg

映画『麒麟の翼』のしおりです。
左:(店頭配布/Honya Club/12月31日入手)
右:(店頭配布/未来屋書店/1月3日入手)

東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズ第9作にあたる作品。
今月28日公開です。

タイトルにもなっている麒麟は、
1911年に建て替えられた、東京・日本橋の中央にある像。
日本橋は東海道の基点にあたり、ここから飛び立つという意味を込めて、
大きな翼がつけられたそうです。
(東野さんファンの観光スポットになってるみたい)




明けましておめでとうございます。
a688.jpg

辰年(ドラゴン)のしおりいろいろです。

左から、
(店頭配布/ヴィレッジブックス/2006年)
(単行本挿入/静山社「ホグワーツ校指定教科書」/2001年)
(文庫挿入/講談社漫画文庫/?年)
(単行本挿入/新潮選書/現在?)

今年も一年宜しくお願いいたします。




栞情報①
双葉文庫:「居眠り磐音シリーズ(佐伯泰英・著)10周年記念キャンペーン」
フェア対象の帯が付いた既刊文庫、及び今後の新刊文庫に1種類ずつ(全6種)挿入。
今月12日に発売される「居眠り磐音 江戸地図」(文庫サイズ・820円)に色違いで全6種挿入。

栞情報②
メディアワークス文庫:「創刊2周年記念キャンペーン」
フェア対象の帯の応募券、及び既刊文庫のカバー折り返し部分のマーク2枚応募で、
特製しおり5枚セット(200名)が当たります(今月25日〆切)





プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: