しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
10 | 2011/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

久々にミニカレ
a672a.jpg

最近、80年代の漫画のミニカレをまとめて入手したので紹介を。

左:1981年のもの。ビッグコミックの女性向け版「フォアレディ」の宣伝。
中・右:1983年のもの。

a672b.jpg

1984年版。


a672c.jpg

1985年版。

a672d.jpg

こちらは二つ折りタイプ(1984年)。
裏面は、電話帳になっています(懐かしい)。


最後にしおり情報を。

新潮文庫の新刊『ころころろ』(畠中恵・著、しゃばけシリーズ)の帯に付いている応募券で、
合計1000名に特製竹しおりセットが当たります。



スポンサーサイト
伊藤清永展
a671.jpg

伊藤清永展のしおりです。(店頭配布/兵庫県立美術館/11月27日入手)

生誕100年を記念する回顧展。
伊藤さんは兵庫県出石町出身の洋画家で、裸婦像の名手とのこと。

栞の作品は、自身も教鞭を執られた愛知学院大学に寄贈されている、
「釈尊伝四部作」(1984年)の一つ、「降誕」。

会期は来月10日から1月22日まで。



はなカッパ
a670.jpg

あきやまただしさんの「はなカッパ」のしおりです。(店頭配布/メディアファクトリー/11月14日入手)

今月発売された「はなカッパすてきなクリスマス」の宣伝。
シール仕様になっています。

NHKでアニメも放送中とのこと。



もやしもん
a669a.jpg

石川雅之さんの漫画「もやしもん」のしおりです。(店頭配布/講談社/11月20日入手)

お風呂を醸されたら困りますねぇ。

裏面は
a669b.jpg

こちらも石川さんの作品「純潔のマリア」。

多分先月配布の栞だと思います。



GONZO
a668b.jpg
a668a.jpg


アニメ制作会社GONZOのしおりです。(株主優待/GONZO/2011年)

今年制作されたアニメの栞。
「こぴはん」4枚:WEBアニメ
「LAST EXILE 銀翼のファム」3枚:地上波アニメ
「にゃんぱいあ The Animation」2枚:CSアニメ

株主優待品として送付された栞セットですが、
もちろんヤフオクで入手した品です。



スタイルガード
a667.jpg

ライオンのスタイルガードのしおりです。(店頭配布/LION/11月14日入手)

スーツのしわとり・消臭・除菌・防臭をこなす優れものだそうです。
2009年から売られている商品です。



タンタンの冒険
a666a.jpg

映画『タンタンの冒険』のしおりです。(店頭配布/HonyaClub/11月16日入手)

スピルバーグ監督の新作。3D作品です。
原作は日本ではあまりメジャーではないので、ヒットするかなぁ。
来月1日公開です。

HonyaClubはオンライン書店ですが、最近積極的に栞をだしていますね。
以前の『三銃士』の栞の時と同様、裏面はキャンペーンの案内。

a666b.jpg

こんなのも配布されてます。(店頭配布/HonyaClub/11月6日、8日入手)

多分全部で5色だと思うのですが、まだあるのかも。


星を運ぶ舟&しおり大図鑑!!
a665.jpg

前田昌良さんの作品集「星を運ぶ舟」のしおりです。(店頭配布/求龍堂/11月14日入手)

栞の作品は「マンテーニャの天使」というそうです。
前田さんは、画家・立体造形作家で、雑誌や本の表紙も多く手掛けている御仁。
この作品集には、小川洋子さんも寄稿されています。


そして、今日のタイトルにも書きましたが、
『近代ニッポン「しおり」大図鑑』という本がもうすぐ発売されます!!!

明治から戦後に至る300点を超える栞が、オールカラーで掲載。
監修されているのは山田俊幸氏(日本絵葉書会会長)。
ものすごく欲しい!!
でも、高い!(定価3675円)
発行は国書刊行会。

いつかは入手したい1冊です。




京都・東福寺
a664a.jpg

池坊展のしおりです。(店頭配布/11月14日入手)

休みを利用して、東福寺・泉湧寺観光に。
a664b.jpg

チケットの半券です。
東福寺は、重要文化財のトイレがあるお寺!

えー、もちろん見どころはそれ以外に沢山あり、何と言っても一番は通天橋or臥雲橋からの眺めです。
チケットは新緑の時期のものですが、あと1,2週間すれば、真っ赤になります。

今日はまだ色づき始めた頃なので、観光客も多くありませんでしたが、
シーズン中ともなれば、人・人・人・・・となるそう。
小鳥のさえずりと小川のせせらぎが聞こえ、ちょっと出来過ぎなくらいの風景です。

ほかに方丈の庭園や即宗院の西郷隆盛自筆の薩摩藩士524名東征戦亡の碑なども。
a664c.jpg

少し足を延ばして泉湧寺へ。(坂道を結構歩きます。タクシーならすぐですけど)

人も少なく、雰囲気はこちらのほうがいいです。
皇室との縁が深く、月輪陵(つきのわみさぎ)と呼ばれる、歴代の陵墓があります。
(もちろん敷地には入れませんが・・。近くに宮内庁の事務所もありました)

ハイキングがてらに如何でしょうか?
今なら道端を歩いていると、しょっちゅうどんぐりが降ってきますよ。


観光後は、例のごとく河原町周辺で栞漁り。
京都らしいかなと思うのは最初に紹介した1枚。

今日まで開催の、旧七夕会池坊全国華道展。
来年は池坊550年祭ということで
(1462年に中興の祖・池坊専慶が立てた花が評判を呼んだという記録が
「碧山日録」という史料に記されてから550年。「日録」は東福寺の僧・雲泉大極の著)
今回の華道展を皮切りに、1年間全国で様々な記念行事を行うそうです。

で、この栞を入手したのも何かの縁かと思い、書店に売っていた池坊さん発売の栞を購入。
a664d.jpg

1枚210円・プラ製。全部で4種ありました。

左:六角堂がデザイン。 六角堂は京都の町中にあるお寺。上記の池坊専慶は六角堂の僧。
右:立花図屏風。 掛け軸の手長猿が可愛いい。

土産に好物の生八つ橋(生地のみ)を買い求めて、帰途に。



謎解きはディナーのあとで2
 a663.jpg

東川篤哉さんの新作のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/11月8日入手)

前作は、初版7000部だったものの、本屋大賞も受賞し累計150万部突破、
現在TVドラマにもなっている話題作。

ミステリーということで、読んでいないんですが
ユーモアあふれる楽しい作品のようです。



タロットしおり11月分
a662.jpg

今月のコバルト文庫のタロットしおりです。(店頭配布/集英社/11月5日入手)

作品は「鬼舞 見習い陰陽師と試練の刻」(瀬川貴次・著、星野和夏子・イラスト)

今月は先月までの反省をもとに、早々に入手してきました。
このタロットシリーズ、全部で22種類だとすると残り10種。
まだまだ先は長いですね。


アイドルクリアしおり
a661.jpg

アイドルのクリアしおりです。(雑誌付録/スクウェア・エニックス)

現在発売中の雑誌「ヤングガンガン」の付録。
昨年、3号連続でコンビニ限定付録として同様の栞がありましたが、
今回は普通に付いてます。

そして昨年同様、この時期に水着。
もちろん嫌いじゃないんで、いいんですけど。

左から、
SUPER☆GIRLSの3人、真野恵里菜さん、吉木りささん、多田愛佳さん、鈴木愛理さん。

左端のグループは、エイベックスの12人組のアイドルユニット。
ファン投票でCDジャケットのセンターポジションを決めたりしているそう。
この3人もファン投票?
名前は、すいません、分かりません。

謝りついでに、ユニット名も間違っていました。
SUPER☆GIRLS → SUPER☆GiRLS
(「アイドル」であることを強調するためとのこと)

追いつけ・追い越せAKB!ですね。


造花の蜜
a660b.jpg

ドラマ『造花の蜜』のしおりです。(店頭配布/WOWOW/11月5日入手)

毎月の定番となっている(?)、WOWOWの連続ドラマの栞。
原作は連城三紀彦さん。主演は檀れいさん。

サントリー「金麦」のCMの女性ですよね?
この作品では、悪女を演じているそうです。

このシリーズ、俳優さんのアップが使われることが多くて好きなのですが、
配布されるのが紀伊国屋書店なのがつらい。

大阪や神戸まで行く必要があるんですよね。
(隣の加古川にも店がありますが、そこは一切配布なし。書店オリジナルも。何故?)

ちなみに、大阪といえば旭屋書店本店が年末で閉店とのこと。
栞収集家にとっては、いろいろ店頭配布してくれる有り難い店で、
梅田に行った際は必ず寄っていたので、非常にショック!

一応、周辺の再開発に伴うもので、再出店の可能性もあるそうですが、
梅田は大型書店がかたまりすぎてるからなぁ・・・。




ガガガ文庫6・7月分
a659.jpg

ガガガ文庫のしおりです。(応募者プレゼント/小学館/10月11日入手)

左から
「オブザデッド・マニアックス」(大樹連司・著、saitom・イラスト)
「赤鬼はもう泣かない」(明坂つづり・著、白身魚・イラスト)
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2」(渡航・著、ぽんかん⑧・イラスト)

近年はライトノベル市場が活気づいてますよね。
今夜もNHKでラノベ特集がありますし。

新規参入も相次ぎ、
女性向けではマリーローズ文庫(コスミック出版)やf-Clan文庫(三笠書房)、
男性向けではKCG文庫(角川コンテンツゲート)が最近創刊。
(角川グループはどれだけラノベのレーベルを抱えるつもりなんだろう?)

当ブログとしては、気になるのは栞ですが、
挿入されてませんでした・・・。しけてるなぁ(涙)。

来月創刊される講談社のラノベ文庫に期待です。



薄桜鬼
a658.jpg

「薄桜鬼」のしおりです。(食玩/タカラトミーアーツ/10月24日~)

9月から発売されていたらしい食玩。小さなガムが1個+栞1枚で105円です。
扱っている店がほとんどなくて、最近見つけました。

「薄桜鬼」はもともと女性向け恋愛ゲームで、
アニメや舞台、小説になっているそうです。

全く知らないのですが、元ネタが新撰組ということで、
土方歳三だけ欲しいなと買い続け、気が付けば1000円使ってた・・・。

上に紹介したのは、左から
近藤勇・沖田総司・斎藤一・藤堂平助・山南敬助。

他は2人ずつ載っている図柄で、結局土方さん未だ入手できず。
欲しかったのは1枚なのに、全20種類コンプリートしてしまいそう。





プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: