しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
06 | 2011/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

青い鳥文庫
a612a.jpg

青い鳥文庫のしおりです。(文庫挿入/講談社/2006年)

最近お気に入りのシリーズです。

2007年度
a612b.jpg


2008年度
a612c.jpg


2009年度
a612d.jpg


2006年から始まった、カレンダーシリーズ(ファンクラブ用カレンダーに使われているイラスト)。

デザインがよく、統一感もあって良いですよね。
この中では、2007年の大和和紀さんのイラストが気に入ってます。

各年度12種ですが、2007年の途中から裏面に日能研のクイズがあり、
そのバージョン違いを含めると、全部で何種類あるか分かりません。

好きな栞なんですが、さすがに青い鳥文庫には縁がなく、
古本屋のセールで50円ぐらいの時にせっせと集めています。
(だから、最近のがありません)

子供がいればなぁ。
本は子供に栞は親にってできるのに・・。



スポンサーサイト
フェルメール
a611a.jpg

「フェルメールからのラブレター展」のしおりです。(店頭配布/京都市美術館/7月23日入手)

左から、
「手紙を読む青衣の女」、「手紙を書く女」、「手紙を書く女と召使い」。

フェルメールは17世紀のオランダの画家で、
寡作なことで有名。

ちなみに、他の作品を私のコレクションから紹介すると、
a611b.jpg

「真珠の耳飾りの少女」、「窓辺で手紙を読む若い女」、「レースを編む女」

全部で30数点と言われているので、
栞で全て揃えるのも無理じゃないかも!?



花束
a610.jpg

花束型の変形しおりです。(店頭配布/1万年堂出版/7月23日入手)

「子育てハッピーアドバイス」シリーズで有名な出版社。



劇団☆新感線
a609.jpg

劇団☆新感線の『薔薇とサムライ』のしおりです。(店頭配布/7月23日入手)

ゲキ×シネの第9弾かな?
主演は古田新太さんと天海祐希さん。

もう上映は終わっていますが、一部延長上映している所もあるようです。

新感線の作品は、DVDでしか観たことがないですが、
笑いを欠かさない(笑いしかない作品も)劇団なので、大好きです。
まあ、今後も生で観ることはなさそうですが・・。



「できちゃった男子」
a608.jpg

御景椿さんの漫画「できちゃった男子ハネムーン編」のしおりです。(店頭配布/リブレ/7月21日入手)

高校生カップルが子供を育てるBL、のようです。
裏面はドラマCDの宣伝。


a608b.jpg

以前紹介した「クリーンアップひょうごキャンペーン」の栞ですが、
裏面の協賛広告違いに、もう2種ありました。

中:兵庫県大気環境保全連絡協議会
右:大阪ガス兵庫リビング営業部

今のところ4種類入手したことになりますが、5種類ぐらいはあるらしいです。




マダムシンコ
a607.jpg

洋菓子店「マダムシンコ」のしおりです。(7月10日入手)


バームクーヘンの表面を赤砂糖でキャラメリゼした「マダムブリュレ」が有名なお店。

親が通販で購入しまして、1か月ほどして届きました。
じゃりじゃりのキャラメル部分がカステラを連想させ、
バームクーヘンというより生地のしっかりした長崎カステラって感じ。

個人的にバームクーヘンはあまり好みじゃないので、良かったです。

紹介した変形栞は、商品に同封されていました。
オーナーのマダム信子(川村信子)さんの顔をイメージしたもの?
濃いですね。ちなみに商品パッケージも濃いです。







「おおきな木」ほか
a606.jpg

絵本のしおりです。(店頭配布/あすなろ書房/7月16日入手)

あすなろ書房創立50周年記念の栞。
遅くとも、先月初めには配布されていたようです。

左:「ハグタイム」(パトリック・マクドネル著)

中:「いろいろ1ねん」(レオ・レオーニ著)

名前はよく聞く作家さん。何も読んだことはないなぁと思ってたら、
「スイミー」もこの人の作品なんですね。
絵本で読んだのか、教科書か忘れましたが、いい作品ですよね。

右:「おおきな木」(シェル・シルヴァスタイン著、村上春樹訳)

「ぼくを探しに」「ビッグ・オーとの出会い」も好きですが、
この作品が一番印象に残っています。

私が読んだのは、古い篠崎書林版(ほんだきんいちろう訳)の方ですが、
読む年齢によって感想が変わりますよね。
私は30代で読みましたが、男の子が腹立たしくて・・・。
でも子供がいたら、違う感想になりそう。



『コクリコ坂から』
a605.jpg

今日から公開の『コクリコ坂から』のしおりです。(店頭配布/徳間書店/7月13日入手)

徳間文庫の新刊に挿入されているのと多分同じ栞。

このイラストを見る限りでは、観たい!と思うのですが、
現実社会(1963年の横浜)を舞台にした作品って、どうも苦手で・・。


タロットしおり7月分
a604.jpg

コバルト文庫のタロットしおり7月分です。(店頭配布/集英社/7月11日入手)

作品は「嘘つきは姫君のはじまり 初恋と挽歌」(松田志乃ぶ・著、四位広猫・イラスト)

タロットは「ⅩⅩ JUDGEMENT審判」

毎月ネタを提供してくれる、当ブログに優しいシリーズです。


アリエッティ×種田陽平展
a603.jpg

「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」のしおりです。(店頭配布/兵庫県立美術館/7月2日入手)

16日からの『コクリコ坂から』公開に合わせて?、展覧会が催されます。

昨年の「男鹿和雄」展は観に行きましたが、
今回はどうしようかなぁ。って映画観てませんが・・。



サントリー
a602.jpg

SUNTORYのしおりです。(店頭配布/サントリー/6月22日入手)

昨年も紹介した栞。
表面は全く同じですが、裏面が若干違います。

「青少年読書感想文全国コンクール」と書いてあるのですが、
第56回→第57回に変わってます。
(サントリーが協賛)

少しは変えろよ、とも思いますが、
同じデザインで5年ぐらい続いたら、それはそれで集め甲斐があるかも。
(私が入手したのは去年からですが、もっと前から出てた?)



べるぜバブ
a601.jpg

漫画「べるぜバブ」のしおりです。(食玩/タカラトミーアーツ/7月7日入手)

現在発売中の食玩。商品名は、「べるぜガム」。
ガム1枚と栞1枚入ってて定価105円です。

作品は、少年ジャンプで田村隆平さんが連載中。

栞は全部で16種類ですが、
知らない作品だし、女性キャラが出たし、で
もう買わないかな。




日本のふるさと遠野
a600a.jpg

田中一郎さんの写真集のしおりです。(店頭配布/求龍堂/6月16日入手)

心落ち着く風景です。



テンペスト
a599.jpg

池上永一さんの「テンペスト」のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/6月30日入手)

レジ横で「テンペスト」の文字が見え、
仲間由紀恵さんだ!と飛び付きましたが、イラストでした。ちょっと残念。

イラストは、コーエーのゲームで馴染のある長野剛さんによるもの。
「スター・ウォーズ」のイラストでも有名な方ですね。

作品は未読ですが、幕末ごろの琉球王国を舞台にした時代小説です。
昼は男(宦官)と偽り役人として、夜は王の側室として活動する女性が主人公。

琉球に宦官の制度はなかったと思いますが、
科挙はあったそうで(主人公も科挙に受かり役人に)、なかなか難しかったみたい。

今月17日からNHK BS プレミアムでドラマ開始。
主演は舞台に引き続き、仲間由紀恵さんです。


ダンタリアンの書架
a598.jpg

「ダンタリアンの書架」のアニメ化記念のしおりです。(店頭配布/角川書店/7月1日入手)

今月からアニメが始まるそうです。

原作は三雲岳斗さんのライトノベル(スニーカー文庫)。
イラスト担当はGユウスケさん。(左の3枚)

漫画も連載が始まってるそうで、
阿倍野ちゃこさんが月刊少年エースで連載。(右から2枚目)
瀬菜モナコさんが月刊コンプエースで連載。(右端)

全部で5種類です。




プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: