しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
05 | 2011/06 | 07
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

集英社文庫ナツイチ
a597.jpg

集英社文庫のしおりです。(文庫挿入/集英社/2011年6月)

集英社文庫も夏のフェアが開始。
栞は例年どおり、山田詩子さんによるミツバチのイラストです。

今年は旅行をテーマにしたデザインで、多分全部で9種類。

新潮文庫も含め、今年もスペシャルカバーの文庫が出てますが、
目を惹くのは、(株)かまわぬの手ぬぐいの和柄カバー(角川文庫)。
買わないですけど、素敵です。





スポンサーサイト
「生徒会の一存」&「これはゾンビですか?」
a596a.jpg

アニメ化記念ののしおりです。(店頭配布/富士見書房/6月26日入手)

「生徒会の一存」(葵せきな・著、狗神煌・イラスト)

裏面、
a596b.jpg

「これはゾンビですか?」(木村一心・著、こぶいち むりりん・イラスト)


ピーター・フォークさん
a595.jpg

刑事コロンボのしおりです。(文庫挿入/二見文庫)

先日、亡くなられたとの報道がありましたが、
ピーター・フォークさんといえばコロンボ。

コロンボといえば二見文庫。
手持ちの栞では1992年から2002年ぐらいまで、
上記のデザインで、裏面が新刊案内っていうのが定番だったみたいです。
最近はどうなのかな?

私がピーター・フォークさんで思い出すのは、
『ベルリン・天使の詩』(ヴィム・ヴェンダース監督・1987年)。

本人役で出て、「コロンボだ、コロンボだ」と騒がれてましたが、
ドイツでは「コロンボ」の視聴率が50%を超えてたそうで、納得。

未見の方はどうぞ。



角川文庫夏のフェア
a594.jpg

角川文庫のしおりです。(文庫挿入/角川書店/2011年6月)

昨日から急激に暑く感じるようになりましたが、
文庫も恒例の夏フェアに突入。

先ずは角川文庫がスタート。
今回紹介したペンギンのほか、シロクマ編もあって、全2種のようです。

久しぶりに挿入栞欲しさに文庫を購入しました。
シリーズものを除けば、いまいち惹かれるものが見つけられず、
結局、雑学本(琉球史)を選択。

夏にかけて文庫の購入が増えそうで、
懐だけが涼しくなりそうです。



マジカル・アイ
a593a.jpg

「どんどん目が良くなるマジカル・アイ」のしおりです。(店頭配布/宝島社/6月7日入手)

立体的に見えるのは何?ということで、答えはクローバー。
これは分かる。というかクローバーしか見えない。

裏面

a593b.jpg

答えは猫。
でもどう見ても猫が見えません・・・。
真ん中の赤いのが目なんだけど。



全音楽譜出版社
a592.jpg

全音楽譜出版社のしおりです。(店頭配布/全音楽譜出版社/6月16日入手)

今年で創業80年らしいです。

栞は、今年の秋に出版予定の「Burnam Mini Book Lesson DVD」の宣伝。

Burnam(バーナム)はピアノ教育者のエドナ・メイ・バーナムのこと。
初心者向けのピアノ教材のようです。


小川の辺
a591a.jpg

映画『小川の辺』のしおりです。(店頭配布/6月14日入手)

原作は藤沢周平さん。主演は東山紀之さん。

藤沢さんの時代小説は、読んだらハマリそうなので手を出していません。
あと、井上ひさしさんの作品とか、最近なら有川浩さんとか。
”積読本”が解消されないと・・・。


a591b.jpg

16日にコメディユニット磯川家の舞台「きょうの日は」を観劇。

今回もハイテンションな喜劇。
特に終盤、地上げ屋に一泡ふかせる場面は笑えます。
カミカミだったのも御愛嬌、楽しい劇でした。

7月7日から10日まで東京で公演です。

舞台とは関係ありませんが、
平日の夜公演って終演時間が気になります。
当方から劇場まで、JRだと約3700円。乗り降り自由の私鉄チケットで2000円。
私鉄を選択したのですが、終演が予想以上にずれ込み、終電OUT。

なんとか地下鉄とJRを乗り継ぎ、明石で私鉄の終電に追いつきましたが、
あぶなかった~。冷や冷やものです。


これはゾンビですか?
a590a.jpg

「これはゾンビですか?」のしおりです。(店頭配布/富士見書房/6月15日入手)

木村心一・著、こぶいちむりりん・イラスト。

カード型のものって、栞として扱っていいのか、
心の中で毎回葛藤(大げさ)があるのですが、裏面を見ると
a590b.jpg

「これはカードですか?」→「いいえしおりです(各者各様で)」

親切仕様!!

間違いなく栞です!


ガガガ文庫2・3月分
a589.jpg

ガガガ文庫のしおりです。(応募者プレゼント/小学館/5月31日入手)

左から、
「花咲けるエリアルフォース」(杉井光・著、るろお・イラスト)
「人類は衰退しました6」(田中ロミオ・著、山透・イラスト)
「GJ部5」(新木伸・著、あるや・イラスト)

この栞を入手するために「GJ部5」を購入。
連作超短編というか、栞のデザイン同様4コマ風ラノベで読み易かったです。



子ひつじは迷わない
a588.jpg

ラノベ「子ひつじは迷わない」のしおり?です。(店頭配布/角川スニーカー文庫/5月29日入手)

著者:玩具堂、イラスト:籠目。

多分、全4種です。



星守る犬
a587.jpg

映画「星守る犬」のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/6月7日入手)

主演は西田敏行さん。原作は村上たかしさんの漫画。

原作は私も読みましたが、
間違いなく西田“局長”は号泣しただろうなぁと思う作品でした。
短い作品ですので、興味のある方は漫画もどうぞ。

犬を扱った漫画といえば、先日フランスの文化勲章を受章した谷口ジローさんにも、
犬がテーマの作品が多いですね。
特に愛犬の最期の1年を描いた「犬を飼う」がお薦めです。



ローソン花の種
a586.jpg

花の種のついたしおりです。(店頭配布/ローソン/6月8日入手)

5日から配布中。各店先着150名様。

昨年はひまわりとあさがおでしたが、
今年はあさがおの代わりに金魚草。花言葉は「望」。

栞のイラストはアヤテクノさん。


花ではありませんが、今年初めて“緑のカーテン”にトライ中。
ゴーヤの苗を植えてみました。

元気に育てば、毎日ゴーヤを食べる羽目になるらしいので、
ほどほどに育ってくれれば・・。


タロットしおり6月分
a585.jpg

コバルト文庫のタロットしおり6月分です。(店頭配布/集英社/6月4日入手)

作品は「三千寵愛在一身 天宮の舞姫」(はるおかりの・著、由利子・イラスト)

タロットカード「Ⅵ The LOVERS恋人」です。

最近購入or購入予定の本は、
「涼宮ハルヒの驚愕」、「天と地の守り人3部作」(上橋菜穂子)、「彩雲国物語 紫闇の玉座・上」(雪乃紗衣)。
ちと偏ってますね・・・。



涼宮ハルヒの驚愕
a583a.jpg

「涼宮ハルヒの驚愕」のしおりです。(特典/角川書店)

初回限定版を購入したら貰えた栞。

梅雨空にぴったりのアジサイのイラスト。
こういう色が混在する咲き方はあまり見かけませんが・・。



先日紹介したクリーンアップひょうごの栞に別ヴァージョンがありました。
a584b.jpg

表面が多少異なり、裏面に協賛団体の広告が載ってます。
a584c.jpg

左:「兵庫県瀬戸内海環境保全連絡会」、右:「兵庫県産業廃棄物協会」

他にもあるかも?


最後の一日
a582.jpg
「最後の一日 さよならが胸に染みる10の物語」のしおりです。(店頭配布/リンダブックス/5月29日入手)

葉形の変形栞。






プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: