しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
04 | 2011/05 | 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

献血
a581.jpg

献血を呼びかけるしおりです。(店頭配布/大阪府健康医療部薬務課/5月29日入手)

港南造形高等学校の学生のポスターをもとにした栞。
今年の初めに、高校が印刷した栞が献血者に配布されたようです。全53種!

ただ、入手した栞はその時のものとは別みたい。
表面は同じですが、裏面に大阪医療品卸商組合が薬務課に寄贈と記載あり。
多分53種のうちから何種類かピックアップされていると思われます。


a581b.jpg

懸賞でチケットが手に入ったので、昨日オペラを観てきました。
関西二期会と大阪交響楽団によるプッチーニの『つばめ(初版)』。

10数年前に、来日したオペラ歌手のガラコンサートに行ったことはありますが、
(故・大屋政子さんも来られてて、ほんとに真っピンクだ!と感動した覚えあり)
オペラは初めて。

第1幕、マグダ役の上村智恵さんがアリア「ドレッタの夢」を歌い上げ、拍手喝采。
第2幕、ブリエの舞踏場の場面は、大勢のキャストで賑やか。リゼット役の日紫喜惠美さんが楽しげ。
第3幕、別れの場面。短く感じた40分。

幕間、各20分の休憩があり、計2時間半の公演。
オペラの良し悪しは全く分かりませんが、オペラもいいもんだと思った1日でした。





スポンサーサイト
「もしドラ」かと思いきや
a580.jpg

クリーンアップひょうごキャンペーンのしおりです。(店頭配布/兵庫県、ひょうご環境創造協会ほか/5月28日入手)

両面にイラストがあり、つなげると1枚の絵になります。

店頭で見たときは、「もしドラ」のしおりだと思ったんですが、
後で確認したら、違ってた。どちらもゆきうさぎさんのイラストです。

現在、ひょうご環境創造協会では、
このメインの女の子の名前を募集中。
応募者のなかから100名にこのイラストのポスターが当たります。

ということは、来年以降もゆきうさぎさんのイラストを採用するのかな?
可愛い栞が配られるなら大歓迎です。



涼宮ハルヒ
a579a.jpg

「涼宮ハルヒ」のしおりです。(雑誌付録/角川書店・関西ウォーカー/2011年No.11現在発売中)

昨日4年ぶりに新刊が発売された「涼宮ハルヒの驚愕」(谷川流・著、いとうのいぢ・イラスト)の発売記念。

角川系の雑誌はハルヒ一色って感じです。
地域ウォーカーごとに栞の内容が違うようで、4種×6地域で全24種類ですね。

裏面
a579b.jpg

イラストは同じで、文字だけ異なるみたい。

新刊はそのうち買います。
楽しみです。


ライトノベル春の100冊
a578.jpg

恒例の、ライトノベル春の100冊フェアのしおりです。(店頭配布/角川グループ/5月19日入手)

昨年までの紙製から薄い透明プラ製に。ちょっと残念。
左から、
「バカとテストと召喚獣」(井上堅二・著、葉賀ユイ・イラスト):ファミ通文庫
「ハイスクールD×D」(石踏一榮・著、みやま零・イラスト):ファンタジア文庫
「さくら荘のペットな彼女」(鴨志田一・著、溝口ケージ・イラスト):電撃文庫

全部で多分12種だと思います。
(上記文庫+スニーカー文庫の4文庫、各3作品で12作品)



胸キュン
a577a.jpg

この胸キュンがすごい!フェアのしおりです。(店頭配布/小学館・集英社・講談社/5月19日入手)

3誌合同企画。
左から、
「ココロ・ボタン」(宇佐美真紀・作、小学館)
「ひよ恋」(雪丸もえ・作、集英社)
「L・DKエル・ディーケー」(渡辺あゆ・作、講談社)

裏面は、相手の男性陣
a577b.jpg

全員同じような感じですね。私とは髪形すら似てませんな。



浮世絵
a576.jpg

ハンブルク浮世絵コレクション展のしおりです。(店頭配布/小学館?/5月16日入手)

日独交流150周年記念の展覧会。
相国寺承天閣美術館にて明日から開催です。
(前期5月21日~7月18日、後期7月23日~9月11日)

右側は鳥園斎栄深の「鷹匠」(部分)
左側は喜多川歌麿の「六玉川 高野の玉川」(部分)

裏面は、前回紹介した栞と同様に、
小学館文庫「国芳一門浮世絵草紙」の宣伝です。



B-1グランプリ
a575.jpg

今秋、B-1グランプリが姫路で開催されますが、
そのプレイベントとして、今週末(21日・22日)に「近畿・中国・四国B-1グランプリ」が催されます。

本催では人出が多そうですので、土日にいかかがですか?
(私は21日に裏方として参加予定)

会場案内
1:大手前公園(メイン会場)
   各地のB級グルメ14品が出店。
2:東御屋敷跡公園(大手前公園の北)
   歴代のグランプリ受賞4品が出店。(厚木シロコロ・ホルモン、横手やきそば、富士宮やきそば、甲府鳥もつ煮)
   被災地から2品出店。(福島県なみえ焼きそば、宮城県石巻焼きそば)
3:家老屋敷跡公園&大手前公園の西端
   播磨地方の新旧B級グルメ36店。(私も知らない品も・・・)

日時
21日(土)・22日(日)の10時から16時。

注意点
1:金券制なので、イベントチケット(100円券の10枚綴り)の購入が必要です。
  各会場で9時から発売。出店料理の大半は300円or400円。余った金券は、市内の一部商店で使えます。
2:当日は交通規制が実施されますので、車で来ると大変かも。

詳細は以下のHPで。
http://www.b1-himeji.jp


歌川国芳展&青木繁展
a574a.jpg

両A面の展覧会のしおりです。(店頭配布/小学館?/5月16日入手)

歌川国芳展(没後150年記念)は大阪市立美術館にて6月5日まで。

下部は小学館文庫「国芳一門浮世絵草紙」の広告。

a574b.jpg

青木繁展(没後100年記念)は京都国立近代美術館にて5月27日から7月10日まで。

栞の絵は「わだつみのいろこの宮」(1907年)。

下部は小学館文庫「悲劇の洋画家 青木繁伝」の広告です。




ナナとカオル
a573.jpg

甘詰留太さんのマンガ「ナナとカオル」のしおりです。(店頭配布/TSUTAYA×白泉社/5月15日入手)

白泉社コミックスフェアの特典栞の余り?
多分今年のものだと思いますが、よく分かりません。
全部で何種類かも不明。プラ製です。



くらもちふさこさん
a572.jpg

くらもちふさこさんのしおりです。(文庫挿入/集英社コミック文庫/1999年)

今日はくらもちふさこさんの誕生日だそうです。

栞の作品は「チープスリル」ですが、
「いつもポケットにショパン」や「天然コケッコー」が有名な漫画家さん。
読んだことは・・・・多分ないです。




萩尾望都さん
a571.jpg

萩尾望都さんのしおりです。(店頭配布/ジュンク堂書店/2005年)

栞収集が停滞気味でネタ切れです。
今日は何の日?ってことで調べてみると、萩尾望都さんの誕生日とのこと。

「ポーの一族」や「トーマの心臓」で有名な漫画家さんですが、
私が好きなのは「11人いる!」。
(他に「百億の昼と千億の夜」ぐらいしか読んでないけど)

昔、TV放映してたアニメ映画を観たのが最初で、
原作が萩尾さんだということに後になって知りました。
漫画ももちろん面白かったですが、
何といってもタイトルが良いですよね。




ティーハウス・ムジカ
a570.jpg

ティーハウス・ムジカのしおりです。(単行本挿入?/2002年以降)

関西の紅茶党には有名な、老舗の喫茶店・ムジカ。

古本屋で購入した、『紅茶屋のぶつぶつ』(堀江敏樹・著、芦屋倶楽部・発行)に挟まっていました。
ムジカで直接購入された本のようです。

著者の堀江さんはムジカのマスター。
私は、外ではコーヒーなのですが、家では毎日3,4杯は飲む紅茶党。
といっても、ティーバックなんですけどね・・・。

上記の本では、ティーバックもおいしい!とおっしゃられており、嬉しいお言葉。
(もっとも、缶やペットボトル飲料はボロクソですが)

おいしく入れるポイントは、
ポットやカップを予め温めておくとか(これが面倒でなかなか出来ん・・)
沸かしたてのお湯を使う(電気ケトルを愛用してます)とかありますが、
一番大事なのは、たくさん作ること!だそうです。

カップ2杯を別々に作るより、
ティーバックを2つ入れてポットを使った方が、絶対に美味い!とのこと。

それ以来、私もポットをちょくちょく使ってます。
でも流石に1バック3円のものではねぇ・・・。




募金情報のサイトです。
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin

タロットしおり5月分
a569.jpg

コバルト文庫のタロットしおり・5月分です。(店頭配布/集英社/5月8日入手)

「怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ」(かたやま和華・著、サカノ景子・イラスト)





募金情報のサイトです。
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin


家紋シリーズ
a568.jpg

武将の家紋シリーズのしおりです。(店頭配布/新人物往来社/5月5日入手)

店頭で見たときに、すわ、新シリーズかと色めき立ったのですが、
色が変わっているだけでした・・。残念。

裏面は少し変化していて、
「(新人物文庫)おかげさまで1周年!」から
「おかげさまで創業60年 歴史読本創刊55年」に。

左から、
No.01:「徳川葵」(徳川家康)
No.07:「笹に雀」(伊達政宗)
No.11:「長門三つ星」(毛利元就)
No.12:「道三波」(斎藤道三)

昨年と同様、全14種類です。

他の家紋も採用して欲しいなぁ。



募金情報のサイトです。
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin

角コミ2010冬
a567.jpg

角川グループコミック祭2010冬のしおりです。(店頭配布/角川書店系列/4月7日、24日入手)

昨年の冬に、コミック購入者に配られた栞、全18種類。
角度によって絵柄が変わるチェンジングしおりなので、ちと画像が・・・。

左から、
No.03 「バカとテストと召喚獣」(まったくモー助・イラスト、葉賀ユイ・原作)
No.06 「薔薇嬢のキス」(硝音あや・イラスト)
No.13 「文学少女」(日吉丸晃・イラスト、竹岡美穂・原作)





募金情報のサイトです。
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin


カンディンスキー
a566.jpg

「カンディンスキーと青騎士」展のしおりです。(店頭配布/兵庫県立美術館/4月27日入手)

栞の絵は、『花嫁』(部分、1903年)。

カンディンスキーって抽象画の人で苦手だと思ってたんですが、
こういう絵も描いてるんですね。
なんとなく天野喜孝さんを連想しました。

展覧会名にもある「青騎士」とは、カンディンスキーらの芸術家グループだそうです。
実際に活動していたのは1911年から14年の約3年間という短期間ですが、
現代芸術に大きな影響を与えたとのこと。

現在開催中で、6月26日まで。





募金情報のサイトです。
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin



プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: