しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
06 | 2009/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ANA夏の大作戦・つづき

a254.jpg

ANA夏の大作戦のしおりです。(店頭配布/ANA/07月30日入手)

7月2日のブログで4種類紹介しましたが、まだありました。
全部で10種類だと思いますが、
同時に配布されていたミニパンフを見ると、もしかしたら12種類あるのかも。

デザイン的には、ピカチュウを除いて、表も裏も文字ばかりなので、
ちょっと面白みに欠けるのが残念。


スポンサーサイト
本を売るならブックオフ(?)

a253a.jpg

ブックオフのしおりです。(店頭配布/ブックオフ/07月19日入手)

自宅にJPエクスプレスが集荷に来てくれる、ブックオフオンラインの宣伝です。

a253b.jpg

 こっちは、ブックオフのキャンペーンのしおり。(07月25日入手)

8月1日?31日のあいだ、ブックオフで本を売ると、
それに応じてブックオフがNGO・Room to Readを通じて途上国に図書館を建設するそうです。

ブックオフは売るのも買うのもよく利用しますが、
数が多いときは集荷に来てもらうこともあります。
(私が利用したのは、イーブックオフ。ヤマト運輸が集荷に来るやつで、今日紹介したのとは、別。)

で、送料がブックオフ負担なので当然なのですが、買取価格がちょっと安いです。
(買取強化対象作品は別ですが)

先日も、栗本薫さんの「グイン・サーガ」を150冊近く買い取ってもらったのですが、
(半分ぐらいは新刊で購入したもの)
査定結果は新刊文庫が2冊も買えない値段・・・。
覚悟はしてたものの、ショック?。

売るなら、お店に持っていったほうがいいですよ。
個人的には、お店が忙しい時に、新人さんに査定してもらったほうが値段がいい気がします。


サッカー検定

a252.jpg

サッカー検定のしおりです。(店頭配布/スポーツ学検定実行委員会/07月25日入手)

9月5日に第1回検定が行われるそうです。(4級:4000円、5級:3500円)
申し込み締め切りは8月5日。

私のサッカー愛は、代表の試合をたまーに観る程度。
間違いなく、5級すら合格しません。

私が知らないだけで、プロ野球検定とか大相撲検定とかもあるのかな?


『三国志』と『レイン・フォール』

a251.jpg

DVD&ブルーレイの販促しおりです。(店頭配布/ソニー・ピクチャーズ/07月16日入手)

表:『三国志』・・・監督・ダニエル・リー。主演:アンディ・ラウ。
          趙雲を主人公にした作品。『レッド・クリフ』もそうだったけど、中国の人は趙雲好き?

裏:『レイン・フォール』・・・監督・マックス・マニックス。主演:椎名桔平。
                アメリカで人気のスパイ小説が原作。

我が家はまだブルーレイを導入してないんですが、
いつまでDVDもリリースしてくれるんだろう?
今のところ、まったく購入予定ありません。


成美堂出版/皆既日食

a250a.jpg

成美堂出版のしおりです。(店頭配布/成美堂出版/07月07日入手)

ここの栞も可愛いのですが、光文社文庫以上に買う本がない・・。
文庫挿入用の栞もコレクションしたいんだけど。

a250b.jpg

 成美堂出版のミニカレンダーです。
左上から時計回りで、2001年上期、2008年下期、2009年通期、2009年下期分。

コレクションし甲斐があるのは、余白の多い栞よりこっちですね。
でも、ミニカレの古いのって集めにくいのが難点。

 

話は変わって、皆既日食。

a250c.jpg

世界天文年2009のミニカレです。裏面は4月から9月のカレンダー。
(ガリレオが初めて天体観測をしてから400年だそうです)

皆さんは、ご覧になりましたか?
私は、「そういえば、今日日食やん」って気づいたら、終わってました・・。
まぁ、天気がいまいちだったので、あまりよく見えなかったそうですが。
次回は、北陸・北関東で見られる26年後とのことです。


チャップリン人形のしおり

a249a.jpg

光文社文庫のしおりです。(文庫挿入/光文社/09年07月発行)

個人的に、コレクションしたい文庫栞No.1の光文社のチャップリン・シリーズ。
いいですよね?。
こういう可愛いのもあれば、和風の渋いのもあって、バリエーション豊富です。

a249b.jpg

 裏面です。先月からこのシリーズに変わってます。

ただ、問題なのは、光文社文庫に読みたい作品が少ないってことで・・。

ちなみに今回購入したのは、『女子と鉄道』(酒井順子・著)。
鉄道旅行のエッセイです。基本的に、車中は寝てます。


まんがタイムきららフォワード

a248.jpg

4コマ雑誌「まんがタイムきららフォワード」のしおりです。(店頭配布/芳文社/07月16日入手)

左から、
「夢喰いメリー」(牛木義隆・作)
「トランジスタ・ティーセット」(里好・作)
「一年生になっちゃったら」(大井昌和・作)
「S線上のテナ」(岬下部せすな・作)
「桃色シンドローム」(高崎ゆうき・作)
「メガミのカゴ」(松本ミトヒ。・作)

多分、全6種。裏面は、作品紹介になっています。


黒ねこスープ

a247.jpg

「本日のスープ2」の宣伝しおりです。(店頭配布/求龍堂/07月08日&16日入手)

今月発売された、黒猫スープの写真集第2弾。
副題?は、“黒ねこスープの目とぼけ生活”。
ちなみに、1作目は“黒ねこスープの目ぢから生活”。

ぬいぐるみ?と思うぐらい、まん丸目玉の猫ちゃんです。

栞は、全部で2種類なのか、他にもあるのか不明。
もっとあっても嬉しいですね。


MF文庫/『もののはずみ』

a246a.jpg


a246b.jpg

MF文庫のしおりです。(店頭配布/メディアファクトリー/07月11日入手)

全10種。過去のシリーズに比べると、大型化しています。
裏面は、表の作品に絡めた4コマ(「ブン子とJ太」あっと・作)。

ライトノベルも多々読む私ですが、MF文庫は読まないです。

理由は・・・挿入栞がないから。

 

『もののはずみ』(堀江敏幸/角川文庫)

カバーとシークレット栞に2口応募するため(2冊で1口)、追加で購入した作品ですが、
最近読んだ本の中で、一番面白かったです。

作者の堀江敏幸さんは、芥川賞も受賞されたことのある、早稲田大学の教授さん。
アンティークまではいかない、ちょっと古い雑貨マニアの著者が、
フランスの蚤の市で手に入れた「もの」たちの思い出を綴ったエッセイ集です。

あまりにも文章が心地よくて、私は一気に読んでしまいましたが、
ティータイムや就寝前のひと時に、2,3編ずつ読み進めるのがおすすめ。
(1編あたり3ページほどで、約50編あります)
雑貨好きにはたまらない一冊です。


芳文社の4コママンガ

a245.jpg

芳文社の4コママンガのしおりです。(店頭配布/芳文社/07月11日入手)

左から、
「あっちこっち」(異識・作)
「ひだまりスケッチ」(蒼樹うめ・作)
「キルミーベイベー」(カヅホ・作)
「棺担ぎのクロ。」(きゆづきさとこ・作)
「そして僕らは家族になる」(荒木風羽・作)
「はるみねーしょん」(大沖・作)

全部で6種類だと思います。裏面は各作品の4コママンガが載ってます。

定期的に配布されるので、ありがたいシリーズですが、
入手し損ねると、けっこうショック。


「地球の歩き方」と「たびカル」

a244.jpg

上:「地球の歩き方」のしおりです。(店頭配布/ダイヤモンド社/07月07日入手)
下:「たびカル」のしおりです。(店頭配布/JTBパブリッシング/07月08日入手)

「地球の歩き方」は発刊30周年ということで、キャンペーン中(?9/30)。
マカオ旅行、他が当たります。
私も早速応募しましたが、賞品が選べないんですよねー。
マカオ旅行狙いですが、マカオ国際マラソンツアーが当たったらどうしよう・・。
(当たるはずないですけどね)

「たびカル」は、7月1日に発行された本。
京都リピーターの女性客がターゲットのテーマ別ガイドブックらしい。

 


ナツコミ2009

a243.jpg

集英社の「ナツコミ2009」キャンペーンのしおりです。(店頭配布/集英社/07月07日入手)

左:「ストロボ・エッジ」(咲坂伊緒・作)
右:「コイバナ!?恋せよ花火?」(ななじ眺・作)

実際に栞として使うには、ちょっと分厚すぎるプラスチック製です。

基本的には、対象の少女コミックを購入すると貰える特典ですが、
店頭で配布している書店も多そうです。

ちなみに、少年コミックを買うと、「ワンピース」のキャラが描かれたコースターが貰えます。


ディック・ブルーナ、山脇百合子さん

a242.jpg

いろいろな児童書のしおりです。(店頭配布/06月27日入手)

先月は、なかなか新作しおりが入手なかったので、普段行かない店で入手。
その店は、子供向けの絵本やドリルと、婦人向け雑誌だけ扱ってるところで、
思いっきり場違い。半年振りぐらい。
いやー恥ずかしかった。

左から、
ディック・ブルーナさんのうさこちゃん(ミッフィー)。福音館書店?
山脇百合子さんのイラスト2種。のら書店。
三木由記子さんの「クレヨン王国」。講談社青い鳥文庫。

どの栞も、新作ではなさそう。というか古いですね。

今月は、豊作でありますように・・。


松山ケンイチ・角川文庫夏の100冊

a241.jpg

角川文庫の夏の100冊フェアのしおりです。(文庫挿入/角川書店)

今年は全3種。これぐらいの数がいいですね。
去年みたいに多量にあると、集めようという意欲が削がれます。

ちなみに、購入した本は、
『数学物語』(矢野健太郎・著):50年以上前に書かれた本。親しみやすい数学入門書。
『変身』(カフカ・著):古典。昔、途中で挫折したので。「変身」はともかく、
             併載されてる「ある戦いの描写」はよく分かりません。
『温室デイズ』(瀬尾まいこ・著):3冊目となると、挿入されている栞の図柄とのかね合いもあり、
             読みたい作品を選ぶわけにもいかず・・。学級崩壊を扱った内容。
             瀬尾さんの作品は初読で、読んでる最中なのですが、重いわ?。

集英社文庫もナツイチキャンペーンをしてますが、
今年も栞はミツバチのイラストを使用した8種。多分、買わないです。
タレントさんを起用して欲しい・・。(去年も同じグチ)

あと、新潮文庫も夏の100冊。
2冊読んだら、Yonda?のマスコット人形が貰えます。・・栞を下さい。


ANA/『剱岳 点の記』

a240.jpg

ANAの夏の大作戦のしおりです。(店頭配布/ANA/07月01日入手)

左端:表面。全て同一です。
裏面は、全部で4種?

最近、またマスコミを賑わしている東国原知事ですが、
宮崎県のPR効果は抜群ですね。
ANAを使って宮崎に行くと、特産物のプレゼントが当たる
キャンペーンを実施中らしいです。

 

『剱岳 点の記』

昨日、観てきました。
雄大な立山連峰の美しさ、厳しさが味わえる作品で良かったです。
ストーリー自体は過剰な演出がなく、誠実に撮っているなぁという印象。
劇場で観るべき作品だと思います。
あと、ちょこっと出ている宮崎あおいさんが可愛くて可愛くて。




プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: