しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
04 | 2009/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

『いけちゃんとぼく』

a224.jpg

映画『いけちゃんとぼく』のしおりです。(文庫挿入/角川書店/09年05月)

原作は、西原理恵子さん。
いけちゃんの声を蒼井優さんが担当。

結婚、出産、(離婚)、を経てからの西原さんは、
NHKに出演したり、毎日新聞や朝日新聞に連載したり、
作品が続々映画化されたりと、表街道まっしぐら。

昔からのファンとしては、嬉しい反面、
西原さんのポジションはそこじゃないって思ったり。

 

ちなみに、買った本は『たまりませんな』(伊集院静/西原理恵子)。

映画化されるような、笑って泣ける作風ではなく、
もう1つの西原さんの顔・毒吐きまくりのお笑い挿絵が楽しめます。


スポンサーサイト
栗本薫さん

a223.jpg

グイン・サーガのレコードのしおりです。(どちらも、文庫挿入?/早川書房/1985年)

「グイン・サーガ」(栗本薫・作)との出会いは、中学生の時。
友人がハマっていたのですが、当時既に何冊もでていて、
中学生のお小遣いでは断念。

時間とお金に余裕ができた大学生になって、
数十冊、古本屋で買っては徹夜で読んでました。

その後は、新刊が出るたび追いかけて、
本編126巻、外伝21巻。

あと20年しても完結せず、未完で終わるだろうとは思っていましたが、
その時がこんなに早くこようとは・・・。

今春からアニメが始まり、新装版も新書で刊行。
本編もストーリーが大きく動きはじめて、
さあ、これから!という時に、無念だったろうと思います。

一読者として、僭越ながらご冥福をお祈りいたします。


白泉社文庫/「ブレーメン?」

a2221.jpg

白泉社文庫のしおりです。(文庫挿入/白泉社/09年05月)

毎月、立花晶さんの4コマが描かれている白泉社の栞。
多分、2000年ぐらいから続いている長寿シリーズですね。

 

「ブレーメン?1」(川原泉/白泉社文庫/09年05月)

文庫の帯に、「待望の文庫化!」とありましたが、まさしくその通り。
川原さんの作品は、全て文庫で持っているので、
早く文庫化してくれんかなぁ?と待ち望んでいました。

今後、毎月?発売されるのかな?楽しみです。

 

a222b.jpg

 しおりじゃないですが、スターバックスのブックカバー。現在店頭で配布中。

栞やブックカバーなど、“喫茶店で読書”好きな私には嬉しいスタバ。
書皮愛好家の皆さんは、スタバへどうぞ。


「フォア文庫の会」に騙された?

a221a.jpg

フォア文庫の会のカレンダー付きしおりです。(店頭配布/フォア文庫の会/05月24日入手)

もう入手済みだと思って、ずっとスルーしていたのですが、
ふと気になって自分の持っている分と比べて見ると・・・

a221b.jpg

 カレンダーが違う!
今日入手したのは、今年の上半期分。
持ってるのは、昨年の上半期分。

イラストも変えましょうよ?。
もしかして、昨年の下半期分の栞もあった・・・?


のだめカンタービレ

a220.jpg

「のだめカンタービレ」(野田恵)のしおりです。(店頭配布/講談社/05月22日入手)

裏面は今夏に発売されるDVD付き初版限定版第22巻の予約案内。
値段は3500円。コミックの方がおまけですね。

しばらく新刊が出ないなぁと思ってたら、
作者の二ノ宮知子さんが産休だったらしい。
現在は連載が再開されてるそうで、今後の展開が楽しみ。

この栞ですが、千秋バージョンもあります。(入手できてませんが)

ちなみに、セブンイレブンで予約すると、千秋の栞がもらえます。
(同じくコミックセットを注文すると、のだめの栞がもらえます)
欲しいけれど、3500円だからなぁ。


大沢オフィス

a219.jpg

左:大沢在昌さん。(文庫挿入?/徳間書店/2004年6月?)
右:京極夏彦さん。(文庫挿入?/徳間書店/2001年6月?):現在+〇〇kg?

京極さんも宮部さんも、わりと読んでいるんですが、
親分さんのは読んだことない・・・。

 

『グレート・ギャツビー』(スコット・フィッツジェラルド、村上春樹・訳/中央公論新社/初版06年)

フィッツジェラルドさんの作品はもちろん、村上春樹さんの本も読んだことのない私。
Wで初めて読んだわけですが、良さが分からない・・・(汗)。
表面をなぞるような読み方しか出来ない私には、荷が重かったか。
感想としては、美しい文章だなぁ、と。特に結末部分。

機会があれば(古本屋で見かけたら)、違う作品で再チャレンジしてみます。



エルマガジン

a218.jpg

情報誌「Lmagazine」のしおりです。(店頭配布/京阪神エルマガジン社/05月18日入手)

久しぶりに入手した栞ですが、多分古いやつです。
「エルマガジン」今年の2月号で廃刊になってるんで。

個人的には、「ぴあ」や「ウォーカー」よりは
購入頻度が多かったので、残念でした。
(もっとも、一年に何冊かって程度でしたが)

同社が現在も発行している「Meets」もそうですが、
(6月号は「もやしもん」を表紙にした、日本酒とアテ特集)
大手情報誌に対抗した、ニッチな内容が好きです。


BOSSのおまけ

a217.jpg

サントリーBOSSシルキーブラックのおまけです。
(彼方さんのHP「しおりの森」で知って、コンビニに走りました)

ペンホルダーなど全8種あり、そのうちの1つがブックマーカー。
ハードカバーの表紙に金属のクリップを挟んで、革紐をたらすタイプです。
(右は、おまけが入ってた袋)

全国のコンビニで販売中(セブンイレブンでは見かけませんでしたが)。

コーヒー缶のふたに、“振らないでください”と書いてあり、
えっ?炭酸入り?と思いましたが、もちろんそんなことはないです。
(窒素が充填されていて、中身が噴出す怖れがあるらしい)

ちなみに、私は昔、愛知県の喫茶店で「コーヒーコーラ」を注文したことがあります。
店の人に、「チャレンジャーですねぇ」と言われましたが、
そんなものをメニューに載せるのもどうかと思うんですが・・。

味の方は、アイスコーヒーとコーラを半々混ぜただけなので、
想像がつくかと思います。
1+1=0.5になりますね。
別々の方が、間違いなくうまい(笑)。


「ゲッサン」当たった♪

a216.jpg

これは、週刊少年サンデーのしおり(?)(小学館/1988年)

イラストは、あだち充さんの「ラフ」。

今月創刊された「月刊少年サンデー(ゲッサン)」。
創刊記念プレゼントとして、雑誌とコミックを買って応募すると、
サイン色紙が4名に、残念賞として栞4種が2000名に当たります(〆切7/10)。

で、何が当たったかと言いますと、「ゲッサン特製図書カード1000円分」。
昨日、ローソンから当選通知メールが届きました。
(届くのは6月末ですが)

ラッキーついでに、この1000円で栞に応募してみようかと思います。
(少年誌を買うのは何年ぶりだろうか?)

図書カード⇒雑誌+コミック⇒栞、の「わらしべ長者」成功なるか。
(他の人には、わらしべ貧者?)
2ヵ月後が楽しみです。

 


中原中也と寺山修司

a215.jpg

左:中原中也「名言」の販促しおり。(店頭配布/彩図社/2007年?)
中:中原中也プロフィールのしおり。(角川文庫/時期不明)
右:寺山修司プロフィールのしおり。(角川文庫/時期不明)

最近、新しい栞が入手できてないので、しばらく過去栞の紹介。
前回に引き続き、作家特集ということで。

高校?の時の課題図書だった、「詩のこころを読む」(茨木のり子/岩波ジュニア新書)は
楽しく読んだ記憶があります。

詩っていいもんだなぁ、と思ったはずなんですが、
長くは続かなかったようで・・
詩集とは縁のない読書生活です。

ともあれ、詩の入門書としては最適の一冊ではないでしょうか。



松本清張生誕100年

a214.jpg

左:松本清張生誕100年記念のしおりです。(店頭配布/北九州市?/05月03日入手)
右:松本清張全集第2期の販促しおりです。(文藝春秋社/1982年)

今年で、生誕100年だそうです。
ただ、残念ながら一冊も読んだことないです・・。

で、実は太宰治も生誕100年。(こちらの方が有名?)
映画化もされるそうですね。

2人が同い年ってことにびっくりです。


古町芸妓/「リストランテ・パラディーゾ」

a213.jpg

新潟の古町芸妓のしおりです。(店頭配布/新潟市/04月19日入手)

2006年から始まった新潟市のPRしおり。
チューリップ、安吾賞、良寛、etcに続く、第?弾。

新潟と都会で配布しているようで、私の地元では見たことないです。

 

「リストランテ・パラディーゾ」(オノ・ナツメ/太田出版/初版06年)

現在アニメが放送中の漫画。
老眼鏡紳士たちが働くリストランテが舞台。

いい気持ちにさせてくれる作品ですね。
お話もいいですが、独特のタッチの絵がクセになりそうです。

私も30年後は、一応、登場人物たちと同じ老眼鏡紳士のはずですが、
悲しいかな、色気が全くないからなぁ・・・。


名盤名曲

a212.jpg

CDの販促しおりです。(店頭配布/TSUTAYA/05月03日入手)

「私の名盤名曲」と銘打って、980円?販売中とのこと。

紹介されているうち、2枚が山口百恵さん。さすがです。


「ザ・テレビ欄」

a211a.jpg

a211b.jpg

「ザ・テレビ欄1975-1990」の販促しおりです。(店頭配布/TOブックス/04月19日入手)

16年224日分の番組欄を本物のテレビ欄を使って紹介した本だそうです。

栞は、全部で8種類。
1・「8時だヨ!全員集合」         2・「オレたちひょうきん族」
3・「欽ドン!」                 4・「噂の刑事トミーとマツ」
5・「風雲!たけし城」           6・「独占!女の60分」
7・「カックラキン大放送!!」        8・「ザ・ベストテン」

私は「ひょうきん族」ではなく、「全員集合」派でした。


まんがくらぶオリジナル10周年

a210.jpg

まんがくらぶオリジナル10周年記念のしおりです。(付録/竹書房/6月号)

左から、
「リコーダーとランドセル」(東屋めめ):でかい弟と小さな姉。
「ちぃちゃんのおしながき」(大井昌和):小学生が営む居酒屋。
「うちの姉様」(野広実由):ちょっと変な東大生の長女。
「がんばれ!メメ子ちゃん」(むんこ):小学生のようなOL。

好きなのは、「ちぃちゃん?」。
ラズウェル細木さんの「酒のほそ道」や、安倍夜郎さんの「深夜食堂」など、
食い物系は好きなジャンルです。




プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: