しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
12 | 2009/01 | 02
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

マップス愛蔵版

a166.jpg


長谷川裕一さんの『マップス愛蔵版』のしおりです。(店頭配布/ソフトバンククリエイティブ/1月11日入手)

縦17.5センチ、横6センチの大型サイズで、
文庫には使えないですね。

フレックスコミックスから全6巻で刊行予定で、
現在3巻まで出ています。
栞の裏面にNo.003/006とあるので、各巻発売時に配布しているようです。


スポンサーサイト
神の雫/『メジャーリーグの愛され方』

a165.jpg

漫画『神の雫』のしおりです。(店頭配布/講談社/1月21日入手)

現在「モーニング」で連載中の作品(亜樹直・作、オキモト・シュウ・画)で、
日本テレビでドラマが放映中(火曜日・夜10時)です。

原作もドラマも未見ですが、韓国で大人気だという話は何度か聞いた覚えがあります。
確か、ワインの手軽な教科書として、ベストセラーになってる(なってた?)そうです。

個人的には、10年ぐらい前に一時期だけワインにはまっていましたが、
最近はとんとご無沙汰です。

 

『メジャーリーグの愛され方』(冷泉彰彦・NHK生活人新書・初版05年06月)

アメリカ在住の著者によるアメリカ野球文化の解説書。
リトルリーグに関する説明が興味深いです。
(著者自身が、息子さん達を通じて10年以上携わっています)

おままごとのような「ティーボール」から始まる、年齢に合わせた様々な限定ルール。
補欠はなく、どんなプレーでも必ず褒める。など、
子供達に野球を楽しませることを徹底しているそうです。

文化の違いもあり、日本と較べてどちらが良い悪いはないですが、
子供の頃、放課後のソフトボール活動がいやで仕方がなかった私としては、
正直、羨ましいなと思います。


萌え死に/茜屋珈琲店

a164.jpg

『萌え死に。』の販促しおりです。(店頭配布/スターツ出版/01月25日入手)

mixiの投稿画像を集めた写真集らしいです。

私が「萌え死に」なんて言うと、マニアな方面に誤解されそうで、
使えないフレーズですね・・。
とっても「可愛い」しおりです。

 

茜屋珈琲店(三宮駅近くの岸ビル2階)

昨日、所用があり、久しぶりの神戸三宮。
友人との待ち合せまで時間があったので、お気に入りの茜屋さんへ。
(もっとも、神戸に出ることがないので、年に1回ぐらいしか行ってないですが)

ビルの2階にあり、カウンターだけの小さなお店。
珈琲の香りにつつまれて、小一時間読書。至福のひと時でした。

ちなみに読んでいたのは、以前紹介した宮脇俊三さんの文庫。
栞をコンプリートするため、鋭意読破中です。


マガジン50周年・1月分/『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

a163.jpg

週刊少年マガジン50周年記念の栞・1月分です。(店頭配布/講談社/1月16日入手)

『はじめの一歩』(森川ジョージ・作):9月度以来2度目の登場。
『君のいる町』(瀬尾公治・作):10月度以来2度目の登場。
『新約巨人の星・花形』(村上よしゆき・画):6月度以来2度目の登場。

昨年4月から配布されているので、おそらくあと2回で終了。

 

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』(西原理恵子/理論社/08年12月発売)

理論社のYA新書「よりみちパン!セ」(中学生以上対象)シリーズの1冊。

書かれてある内容は、西原さんの過去の著作でも触れられている話で、
目新しいものではないです。
ただ、今までは漫画で表現されていたので、笑いに転化したり、
しんみり泣かせたりと、クッションがあったのですが、
活字のみで真面目に書かれているので、とても重いです。

お金がない生活の悲惨さを、ご自分の体験や見聞をもとに、
読者に語りかけていて、現実の厳しさを教えてくる1冊です。
(守銭奴になれ。と言ってる内容では全くないです。)

中高生の課題図書としてもいい作品ではないでしょうか。


学園革命伝ミツルギ

a162a.jpg


a162b.jpg

漫画『学園革命伝ミツルギ』のしおりです。(店頭配布/JIVE/1月11日入手)

月刊コミックラッシュに連載中の作品。
(原作:河田雄志、作画:行徒)
コミックスの第6巻の発売に合わせて配られたものです。

イラストからは想像できませんが、
ギャグマンガだそうです。


まんがライフMOMO/『晴れのちシンデレラ』

a161.jpg

4コマ漫画雑誌の「まんがライフMOMO」の付録しおりです。(付録/竹書房/09年2月号)

普段は立ち読みするぐらいですが(さすがに買うのは恥ずかしい)、
栞付きということで、迷わず購入。

左から、
『ポヨポヨ観察日記』(樹るう・作)、『はねる!レンタル少女』(しいなみなみ・作)
『森田さんは無口』(佐野妙・作)、『晴れのちシンデレラ』(宮成楽・作)

 

『晴れのちシンデレラ(1)』(宮成楽・竹書房・08年12月発売)

ずっと探していたのですが見つからず(初版は売切れたらしい)、
先日、重版されたのを購入(ちょっと恥ずかしかったです)。

極貧の姉弟が、突然お金持ちになっちゃったというお話。
川原泉さんの『笑う大天使』を少し連想しましたが、
それよりも笑いに特化した4コマ作品です。

春姫(お姉さん)のワイルドさに笑うとともに、
基本的にのほほんとした人しか出てこないので、ほのぼのして好きです。


旭山動物園物語

a160.jpg

映画『旭山動物園物語』のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/01月13日入手)

来月7日公開の作品。監督はマキノ雅彦さん。

出演者は、西田敏行さん、岸部一徳さん、柄本明さん、六平直政さん、などなど。
濃いメンバーですね。

実際の旭山動物園は行ったことがないのですが、
面白そうですよね。
機会があれば、行ってみたいです。
(あと、ついでに花畑牧場の生キャラメルも食べてみたい)


駅表示板のしおり/『夜は短し歩けよ乙女』

a159a.jpg

東京の駅の表示板をイメージしたしおりです。(店頭配布/1月2日入手)

全部で、28種類。
厚かましく6枚入手しましたが、さすがに1束全部もらうのは申し訳なくて断念。
ちなみに、このしおり何の販促なのでしょう?

a159b.jpg

 これが裏面。ますます不明。

 

『夜は短し歩けよ乙女』(森見登美彦・角川文庫・08年12月発行)

既刊の『太陽の塔』『四畳半神話大系』を読んだ時は、
面白いと思いつつも、やや好みと合わないなぁと感じていました。
が、今回は作風に慣れたせいか、
始めから終わりまでニヤニヤしっぱなし。
楽しい作品でした。

いいですよねぇお馬鹿な学生生活。


ふゅーじょんぷろだくとPart?

a158a.jpg


a158b.jpg


ふゅーじょんぷろだくとの同人作家コレクションのしおりです。
(店頭配布/FUSION PRODUCT/1月2日入手)

紙製の栞です。全10種かどうかは不明。
当然?のことながら、ほぼ男の子ばかりです。


眼鏡型しおり/ファントマ『ジョリー・ロジャー』

a157.jpg

ペルソナの眼鏡型しおりです。(店頭配布/エンターブレイン/1月2日入手)

「ペルソナ倶楽部P4」というペルソナのファンブックの販促しおり。
全部で8種類あるそうです。

私が店頭で見つけたのは、これともう1枚だったのですが、
それはでっかいパーティーグッズの眼鏡型。
まさか栞だったとは・・・。絶対使えません。
(ちなみにそれ以外は、紹介したのと同じ普通サイズのようです)

 

昨日、大阪のシアター・ドラマシティーで公演された、
ファントマの『ジョリー・ロジャー』を観劇してきました。

初演も観ましたが、今回は大半が客演だったようで、
WAHAHAの佐藤正宏さんや、前田耕陽さん、上杉祥三さん、
日向薫さん他、多彩な顔ぶれ。
若い世代では、Takuyaさん、萩野崇さん、黒木マリナさんなど。
(ほとんど知らないんですけどね。)

そのせいか、笑いの面ではやや物足りなくなった気が。
もっとも、伊藤えん魔さんの“水拷問”は今回も笑わせてもらいました。

印象に残ったのは、演劇のほうじゃないんですが、
海軍提督ワーズワースを演じていた清水宏さん。
終劇後、ソロ・コメディライブ(会場は東京!)の案内パンフを、
会場の外まで出て配って、笑わせていました。

興味ある方は、行かれてみてはいかがでしょう。面白いと思いますよ。

「清水宏の炎の演劇部!!」
2009年4月4,5日。新宿紀伊国屋サザンシアターにて。


ふゅーじょんぷろだくと/『武士の家計簿』

a156a.jpg


a156b.jpg

 同人漫画家さんあれこれ。(店頭配布/FUSION PRODUCT/01月02日入手)

ナイロン製?のしおりです。裏面は無地。

紙製のしおりも入手したので、後日紹介します。

 

『武士の家計簿』(磯田道史/新潮新書/03年04月発行)

幕末から明治にかけての猪山家(加賀藩御算用者→海軍会計係)の詳細な家計簿。
それを基に当時の武士の生活を解説した作品。
当然のことながら、非常に説得力があり面白かったです。

猪山家がどのようにして借金を返済していったか、という点も興味深かったですが、
維新後、官僚となった猪山家と、なれなかった他家との甚だしい収入格差も驚き。
不平士族が多かったのも、むべなるかなという気もします。


ロビンくんと100人のお友達/『毎日かあさん5』

a155.jpg

「ロビンくんと100人のお友達」のしおりです。(店頭配布/?/12月30日)

左から、
Bell(ベル)、Maggie(マギー)、Ryan(ライアン)、Peter(ピーター)、Robin(ロビン)。

詳しいことは知らないのですが、
デザイナーのPansonWorksさんが手がけているキャラクター群で、
雑貨なんかを販売しているようです。

栞の裏面は、絵本(キネマ旬報社・発売)や携帯サイトの宣伝です。

 

『毎日かあさん5黒潮家族編』(西原理恵子・毎日新聞社・08年12月発売)

ギャンブル漫画の時からの西原さんのファンです。
“体当たりお笑い”の作品も好きですが、
こういう“笑わせて泣かせる”作品もいいですね。

今春、TVアニメ化されるそうで、
どんなのになるか想像もつきません。
映画化される作品もあるそうで、今年は楽しい一年になりそうです。



月刊コミックラッシュ

a154.jpg


月刊コミックラッシュの創刊5周年記念のしおりです。(店頭配布/JIVE/12月30日入手)

左から、
『カティサーク』(緒方てい・作)
『しなこいっ』(黒神遊夜・原作、神崎かるな・作画)
『魂姫たまひめ』(剣康之・作)
『学園革命伝ミツルギ』(河田雄志・原作、行徒・作画)

今月で、創刊5周年らしいです。
入手したのは4種類ですが、JIVEのHPを見た限りでは、
『ヴァイスの空』のしおりもありそうな気がします。

 


天牛堺書店/『おんなの窓2』

a153.jpg

天牛堺書店のしおりです。(店頭配布/天牛堺書店/12月30日入手)

先日、久しぶりに大阪に行ったときに入手。
新刊と古本を扱っている、大阪のチェーン店です。

しおりの建物は、大阪中ノ島の公会堂です。

 

『おんなの窓2』(伊藤理佐・文藝春秋社・08年12月発売)

「週刊文春」に連載されている1コママンガの本です。
伊藤さんのマンガはほとんど読んでないのですが、
エッセイマンガは大好きです。
特にこの連載が好き。
「文春」を買わない時も、これは立ち読みしてます。
(あと、宮崎哲弥さんと堀井憲一郎さんのエッセイも)


明けましておめでとうございます。

a152.jpg

あけましておめでとうございます。

青春出版社の店頭販促しおりです。
昨年末に店頭で入手しましたが、数年前にも全く同じものを収集済み・・・。
毎年末ごとに配布してるのかな?

本年もよろしくお願いいたします。




プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: