しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
03 | 2008/04 | 05
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

攻殻機動隊

a029.jpg

映画『攻殻機動隊』のしおりです。(挿入しおり/講談社マガジンノベルズ/95年11月発行)
イラストは、作画監督・キャラクターデザイン担当の沖浦啓之さんによるもの。

士郎正宗さんは、好きな漫画家の一人です。最近は、イラストレーターみたいですが。
この作品もそうですが、緻密に構成された世界観がいいですね。
1コマ1コマの情報量がすごいです。絵もきれいですし。

もっとも、アナログな私は、あまり理解できてませんが・・・。
ま、楽しければいいんです。
もちろん映画の方もすばらしい作品です。



スポンサーサイト
ニューカレドニア

a028.jpg

ニューカレドニアの観光しおりです。(店頭配布/JTB/08年4月入手)
全部で12種類(多分)。

しおりのサンゴ礁は、ダイビングの人気スポット・リーフ島らしいです。

海外はずいぶん行ってませんが、
こういうパラダイス系は似合わない人間です、私は。
借りてきた猫になりそうです。
何か、遺跡とかお城とかあると、生き生きするんですけどね。


菓子博 感想

a027.jpg

菓子博の入場券の半券です。

地元民にもかかわらず、週末に行くというしんどいことになりました。

この菓子博、当初の想定の倍のお客さんが来ているという事態になり、
開門を早めたり、入館待ちの人の為に散霧器を設置したり、
物販ケーキの類の量を増やしたりしているそうです。

で、今日は開門前の8時40分にメインゲートに到着。
すでに、大勢の人・人・人です。
待つこと40分、若干開門時間が早まり、9時20分入場。

てくてく歩いて、メインのひとつ、テーマ館(姫路城など、大型の工芸菓子を展示)へ。
すでに90分待ち状態でした・・。
やっとのこと、11時に入館。流れに身をまかせ、30分で見終わりました。
(どれも、精巧に作られていて、見応えはありました。)

その後、食事をし、他を回ろうかと思いましたが、どこも1,2,3時間待ち。
楽しみのひとつである、「全国の菓子販売コーナー」は2時間。
パティシエの実演を見て、食べることのできる「夢のスイーツカフェ」は3時間待ち。

結局、パビリオンタイプのところはあきらめて、
テント形式の出店で買ったり、食べたり、ひやかしたり。
天気も良かったので、アイスを3つも食べました。
  台湾アイス(かき氷みたいに作るアイス):500円。
  トルコアイス(のびるアイス):350円。
  アメリカンアイス(つぶつぶのアイス):400円。
ちょっと、食べすぎです。

体力のあるうちに、早々に(14時ごろ)会場を後に。
その後、百貨店でお土産を買ったりして、帰宅しました。

まだ、行かれていない方は、
真夏日が予想されているG.W.は避けて、
その後の平日がよろしいかと。


書泉

a026.jpg

書泉のネコ型のしおりです。(店頭配布/書泉)

書店オリジナルのしおりは、たくさんありますが、
一番コレクター心をくすぐるのは、ここのしおりだと思います。
このしおりもセンスが良く、猫好きにはたまらないかと。

ただ、残念なのは東京にしか店舗がない。ってことですね。
私が持っているのも、たまたま古本屋で入手したもので、
2種類しかありません。
東京に住んでおられる方が、本当にうらやましいです。


パズル

a025.jpg

TVドラマ、『パズル』のしおりです。(店頭配布/朝日放送/08年4月入手)
主演は、石原さとみさん。

先週から放送が始まったんですが、
ほとんどドラマは観ないので、どんな内容かは知らないです。
ただ、予告CMを見たときは、『トリック』の新作か特番かなって思ったんですが、
仲間由紀恵さんじゃなくて、あれっ?っと。

脚本が同じ人らしいですね。
楽しい謎解きドラマになりそうです。



スパイダーウィックの謎

a024.jpg

映画『スパイダーウィックの謎』のしおりです。(店頭配布/未来屋書店/08年4月入手)
裏面が未来屋書店の広告になっています。
(裏が書店によって異なっているのかもしれません。)

原作が、文渓堂から発行されていますので(各903円)、
公開前に読んでみてはいかがでしょうか。

私は、多分ビデオで観るかも・・ってぐらいの興味しかないんですが。



姫路菓子博

kashihaku_234.gif

今日から「姫路菓子博」が始まりました。
地元ですし、甘党の私としては、楽しみにしていた博覧会です。

姫路城が来年から大修理に入りますので、興味のある方は
この機会に是非、観光がてらお越しください。

ただ、私の楽しみは物販ですので、
その為に入場料を払うのもなあ・・って気もしますが。


原田美枝子さん

a023.jpg

女性誌「HERS」のしおりです。(店頭配布/光文社/08年4月入手)

モデルは原田美枝子さん。原田さんぐらいの女性の方を対象にした月刊誌だそうで、
最近、この年代向けの女性誌が増えているみたいです。



週刊少年マガジン

a022.jpg

週刊少年マガジン50周年のしおりです。(店頭配布/講談社/08年4月入手)

この1枚の他に、「ヤンキー君とメガネちゃん」「ダイヤのA」「エリアの騎士」の合計4種ですが、
今後、他の作品のしおりも出るのかもしれません。

週刊少年誌を購入しなくなって、久しいです。
マガジンも、「はじめの一歩」を立ち読みするぐらいですね。
青年誌も含め、今は昔からの作品や漫画家さんのを読むだけで、
新しいものにチャレンジしなくなりました。
歳、ですかねえ。



図書館戦争

a020.jpg a021.jpg

漫画「図書館戦争」(有川浩・原作、弓きいろ・画)のしおりです。(店頭配布/白泉社/08年4月入手)
右は、裏面。弓きいろさんのサインが印刷されています。

白泉社のアニメ化・4作品(「図書館戦争」「秘密」「S.A」「ヴァンパイア騎士」)が、
それぞれ5種類(末吉・吉・中吉・大吉・大大吉)で、
全部で20種類だと思われます。

こういう多種類・少量配布のしおりは、コンプリートするのが非常に困難で、
収集家泣かせですね。
時には、店頭にある数十枚のしおりが、全て違う絵柄ってのもありますし。
まあ、全部集める必要はないのですが、
揃えたくなるのが、コレクターの性ってやつです。


ミスト

a019.jpg

映画『ミスト』のしおりです。(文庫挿入/ハヤカワ文庫/08年4月発行)

スティーヴン・キング原作、フランク・ダラボン監督による第3作目。
前2作の出来も良く、特に『ショーシャンクの空に』は私の好きな作品の一つです。
モーガン・フリーマン、良かったですねえ。
公開が楽しみな作品です。



ポプラ文庫

a018.jpg

ポプラ文庫のしおりです。(店頭配布/08年4月入手)
イラストレーターは長崎訓子さん。全6種。

ここ数年次々と各出版社から文庫・新書が創刊されています。
収集家としては、その分発行されるしおりが増えるわけで、
うれしいやら、大変やら。

このしおりも、1種類だと思っていたのですが、ポプラ文庫のHPを見ると、全6種とのこと。
残り5種を手に入れるため、近いうちに書店へ足を延ばさなければ。



笑う大天使

a017.jpg

「笑う大天使」(川原泉・作)のしおりです。(文庫挿入/白泉社/96年9月発行)

川原泉さんは、私の好きな女性漫画家の一人です。
上記の作品以外にも、「甲子園の空に笑え!」や「美貌の果実」なんかが特にお気に入り。
ほのぼのしていていいですね。何気に勉強になる本も多いですし。

ただ、寡作な作家さんなのが残念です。もっとたくさん読みたいです。
ちなみに、「笑う大天使」は実写映画化もされましたが、
そちらの方は、あまりお薦めできません。上野樹里さんのファンなら別ですが。



精霊の守り人

a016.jpg

「精霊の守り人」(上橋菜穂子・著)のしおりです。(店頭配布/偕成社/08年3月入手)
イラストレーター・二木真希子さん。

昨年、BSで放送されていたアニメが、昨日から地上波のNHKで放映されているようです。
アニメの方は、観たことがないですが、原作は、昨年末から読み始めました。
児童文学にジャンル分けされていますが、子どもに読ますのはもったいないくらい、
面白いです。久々に本に没頭してしまいました。

上橋さんの著作で、読んだのは「獣の奏者」と、文庫化(新潮社)された「守り人」シリーズ3作ですが、
ファンタジーの世界観がしっかりしていて、一気に読み進めてしまう魅力があります。

現在、残りのシリーズが文庫化されるのを、首を長くして待っているのですが、
このままでは、先に刊行が進んでいる軽装版に手を出しそうです。
早くお願いします、新潮社さん。



訃報・石井桃子さん

a015.jpg

左・岩波少年文庫のしおり(文庫挿入?)、右・図書カードのしおり(店頭配布/05年12月入手)

2日午後、児童文学者の石井桃子さんが亡くなられたそうです。
「ノンちゃん雲に乗る」の著者であり、「クマのプーさん」や「ピーターラビット」の
翻訳でも活躍され、1950年からは岩波書店で「岩波少年文庫」などの編集も
されたそうです。(朝日新聞より)

あまり、翻訳者が誰かということは気にせず読んでいましたが、
知らず知らずのうちにお世話になっていたようです。
ご冥福をお祈りいたします。



日本語検定

a014.jpg

日本語検定のしおりです。(店頭配布/08年3月入手)
イメージキャラクターは、三浦由衣さん。

この検定は、昨年から東京書籍さん主催で行われているそうです。
最近はいろんな検定・資格が量産されていますが、
何が役に立つんだか立たないんだか。

TVでもクイズ番組が全盛となっている世の中なので、
知的遊戯としていろんな試験にチャレンジするのも楽しいかもしれませんね。




プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: