しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

「ボストン美術館の至宝」/「万葉集の人間主義」展
c362c.jpg

「ボストン美術館の至宝」展のしおりです。(店頭配布/神戸市立博物館/10月29日入手)

栞の作品は、ゴッホの「郵便配達人ジョゼフ・ルーラン」。

来年2月4日まで開催中。
(翌日からリニューアル工事が始まり、19年11月まで休館予定)

c362b.jpg

「万葉集の人間主義」展のしおりです。(店頭配布/さかい利晶の杜/10月29日入手)

さかい利晶(リショウ)の杜は、堺出身の千利休と与謝野晶子をテーマにした文化施設。

モノクロ集合写真の紅一点が与謝野晶子ですね。

12月10日まで。



スポンサーサイト
北斎展へ行ってきました。
c361a.jpg

北斎展で購入したしおりです。(売品/10月29日入手)

先日、あまりの人混みで諦めた、あべのハルカスの北斎展へ。
この日は週末ながら天気が悪かったこともあり、1時間も並ばずに入場できました。

「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」はもちろん良かったですが、
私のお気に入りは、「鐘馗図」と「雪中虎図」。

「鐘馗図」は格好いいですし、「雪中虎図」は絵本のようで見ていて飽きません。

ただ、残念なことにそれを描いた栞が無かった・・・。

そもそも展覧会オリジナルグッズに栞が無く、
ショップで購入したのは関連グッズで販売していたルーペ栞(1個216円)です。

上が「富嶽三十六景 深川万年橋下」
下が「北斎漫画 雀踊り」

c361b.jpg

こちらは現在開催中の「北斎とジャポニスム」展のカードしおり?(店頭配布/国立西洋美術館/10月29日入手)

左が「北斎漫画」
右が「青い肘掛け椅子に座る少女」(メアリー・カザット)

来年1月28日まで。



ディズニー・アート展
c354a.jpg

「ディズニー・アート」展のしおりです。(店頭配布/大阪市立美術館/10月8日入手)

1928年の「蒸気船ウィリー」から最新作の「モアナと伝説の海」まで、
約90年にわたるディズニーの原画などが展示されています。

来年の1月21日まで。

なお、あべのハルカス美術館にて12月2日から開催の「ジブリの立体構造物展」との相互割引あり。
当日券が100円引きになります。

c354b.jpg

こちらもディズニーのアート。(店頭配布/損保ジャパン東郷青児美術館/2011年)

アンディ・ウォーホルの「ダブル・ミッキーマウス1981」です。




「絵画の愉しみ、画家のたくらみ」展
c353.jpg

「絵画の愉しみ、画家のたくらみ」展のしおりです。(店頭配布/京都文化博物館/10月8日入手)

“絵画を愉しむコツを教えます”という趣旨の展覧会。

広島にあるウッドワン美術館のコレクションの中から、日本の近代絵画の名品が展示されます。

栞の作品は、上村松園(1875-1949)の「舞支度」。

12月3日まで開催です。

ちなみに、岸田劉生の「毛糸肩掛せる麗子肖像」も出展されるということで、
名前が「れいこ」さんの人は、中小生料金に割引されます。



「北斎展」改め「エルミタージュ展」
c345b.jpg
c345c.jpg

「エルミタージュ美術館」展で購入したしおりです。(売品/兵庫県立美術館/10月8日入手)

本当は、「北斎」展に行くつもりだったんですよねぇ。

6日から始まり、最初の週末。、長時間並ぶのは覚悟の上だったんですが、
チケット購入に2時間待ち、そこから入場するのに1時間待ち。

それより問題だったのは、スタッフの対応。
狭いエリアに幾重にも重なったチケット待ちの列、そこにエレベーターから窓口に向かおうとする人々、
帰ろうとする人々が入り乱れて収拾がつかない状態。それに対して右往左往するスタッフ1人・・・。

並んでいたんですが、気が滅入って退散しました。

天王寺や梅田で栞を漁り(豊漁で満足)、
予定を変更して帰途にエルミタージュ美術館展を鑑賞してきました。

売品の栞は全部で6種。1枚324円ですが、そのうち4枚はセット販売もされていて価格は1080円で216円お得。

一応、作品名を挙げておくと、

「林檎の木の下の聖母子」  (1530年頃、ルカス・クラーナハ)
「羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」  (1538年、ティツィアーノ・ヴェチェッリオ)
「聖母マリアの少女時代」  (1660年頃、フランシスコ・デ・スルバラン)
「盗まれた接吻」  (1780年代末、ジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラール)
「幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ」  (1660年頃、バルトロメ・エステバン・ムリーリョ)
「聖家族」  (1777年、ポンペオ・ジローラモ・バトーニ)

c345a.jpg

こちらは行く予定だった「北斎展」のしおりです。(店頭配布/あべのハルカス美術館/10月9日入手)






プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: