FC2ブログ
しおり道楽 - My bookmark collection -
私の収集した栞を紹介します。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

オランダ(the Netherlands)Ⅳ②
c633a.jpg

児童書のしおりです。

真ん中はアンネ・フランクについて書かれたお話。

c633b.jpg

引き続き児童書のしおりです。




スポンサーサイト
オランダ(the Netherlands)Ⅳ①
c632a.jpg

オランダのコレクターさんとのトレード。今回は各国の栞を頂いたので、6回に分けて紹介。

まずは、オランダの栞。2005年のアンデルセン展のものです。

左:アンデルセン(デンマークの童話作家、1805-1875)。
中:「マッチ売りの少女」
右:「エンドウ豆の上に寝たお姫さま」

c632b.jpg

左:キルト協会の展覧会。パッチワークやキルトの作品展です。

中:演劇。カフカの「審判」。

右:サッカーチームと図書館による読書キャンペーン。
  オランダのAZアルクマールに所属するスタイン・ブイテンス選手(ベルギー代表)です。(多分)



オランダ(the Netherlands)Ⅲ⑥
c559a.jpg

オランダの博物館、ナチュラリス生物多様性センターのしおり2枚。

c559b.jpg
左端はゴッホ美術館のしおり。
もっとも、ジョン・エヴァレット・ミレー展のもので、作品はミレー(イギリスの画家、1829-1896)の「花嫁の付添」。

2枚目はオランダ国立戦時資料研究所のしおり。「アンネの日記」の原本を保管しているところですね。

3枚目はアラード・ピアソン博物館のしおり。




オランダ(the Netherlands)Ⅲ⑤
c558a.jpg

左2枚はbruna書店のしおり。

オランダといえばディック・ブルーナさんのミッフィーですね。
バレンタインの栞は、裏面に贈り物にお薦めの本の宣伝。

右端は出版社の栞。
「世界文学ガイド」という本の宣伝ですが、一番上の本は、「ノルウェイの森」(村上春樹・著)。

c558b.jpg

「日本人の恋びと」  イザベル・アジェンデ
「その男ゾルバ」  ニコラ・カザンザキス
「ベルリン・アレクサンダー広場」  アルフレート・デーブリーン
「裸で狼の群れのなかに」  ブルーノ・アービッツ
「花言葉を探して」  ヴァネッサ・ディフェンバー



オランダ(the Netherlands)Ⅲ④
c557a.jpg

selexyz書店とabc書店のしおり。

c557b.jpg

その他書店しおり。
右2枚は古書店のようです。





プロフィール

kodamada

Author:kodamada
栞収集歴:2003年?
性別:男性
年齢:アラフォー
居住地:兵庫県

I am a bookmark collector from Japan.
If you are interested in exchange, please contact me...
My double collection:
http://japanesebookmark.blog129.fc2.com/

Contact me

Name:
E-mail:
Subject:
Comments:

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: